まぜこぜシチュー (ロアルド・ダールコレクション 17)

  • 評論社
3.51
  • (12)
  • (8)
  • (28)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 211
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784566014268

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 児童書だと思って読んだ初めての「ロアルド・ダール」なのですが、これは誰が読むことを想定して書いたの?
    対象は小学生5・6年~となっているみたいだけど、本当に小学生に読ませたいの?

    有名な物語のパロディが数編ありましたが、これがダールの味なのでしょうか。

    ・ウサギとカメ。
    ネズミの策略にまんまとはまったウサギとカメがひどい目に遭う。
    ずる賢い商売人には気を付けろ!という、とんでもない話になっている。

    ・裸の王様
    下着姿でパレードするのではなく、スッポンポンで…。

    ・ヘンゼルとグレーテル
    元のグリムのお話は、もっと怖いと言って残酷な部分を省略している。
    ユーモアなしにこんな話を書いちゃいけないと本気でグリム批判している。

    ・アリババと四十人の盗賊
    「開けゴマ」の呪文からプライベートの扉を全部開けて覗き見する話になって、盗賊たちは完全に無視されてる。

    ・アラ・ジンと魔法のランプ
    「キケンでいやな仕事があったら、自分でやるな、人にやらせろ!」が家訓のじいさんのターゲットになったアラ・ジンが、金とかわいい女の子たちに釣られて洞窟の中の魔法のランプを取りに行く。
    どんなにひどい結末になるかと思いきや、こんな展開もあるんだという予想外のいい話になって終わった。

    読み終わっての感想は、支離滅裂、ふざけすぎ、と言ったところだが、隠しておきたい痛いところを突かれた感じもします。
    語り口に癖がありそうですが、ロアルド・ダールにハマりそうな予感ありです。

    • nejidonさん
      Kazuさん、こんばんは(^^♪
      ぜひぜひハマってくださいませ~
      ダールが大好きです!
      これで子ども向けなの?って思うくらい辛口で、で...
      Kazuさん、こんばんは(^^♪
      ぜひぜひハマってくださいませ~
      ダールが大好きです!
      これで子ども向けなの?って思うくらい辛口で、でも笑ってしまうんですよね。
      作品の中に、お好みのものが見つかりますように!
      2021/02/20
    • Kazuさん
      nejidonさん、こんにちは。
      すっかり、ダールをもっと読みたい!という気持ちになっています。
      子供向けでは「マチルダ」と「チョコ」が...
      nejidonさん、こんにちは。
      すっかり、ダールをもっと読みたい!という気持ちになっています。
      子供向けでは「マチルダ」と「チョコ」が最優先候補かな。
      子供向けでない「あなたに似た人」も面白そうですね♪
      きっと近いうちに毒を浴びることになると思います。
      2021/02/21
  • とても軽やかなのに、エグい。そのギャップがとても面白かった。
    童話をベースにして、ロアルド・ダールの皮肉っぽい、楽しくて、怖くて、ちょっとエッチなお話が展開。

    娘が読んでいるのを借りて読んでみた。この本を楽しく感じられるようになった成長を嬉しく思った。

  • うさぎとかめのやつ、

    ネズミ、腹黒すぎる・・・・・・・・・・・・



    なんか、うさぎとかめがかわいそうやわ・・・・・

  • いろいろブラックだった。
    ヘンデルとグレーテルが印象的。

  • ウサギとカメの教訓が印象強い。
    ああ、この作者はすごく奥深く考えていそうだなと思った。
    ユーモア多く楽しい。

  • アラビアンナイトとかグリム童話とかが、作者ロアルドダールの手によってすっかり違うものになってしまう。
    なんだか皮肉のような、ユーモアのような、知ってるお話が変な展開になってしまったりと、面白く読める。
    また、韻を踏んでいるのも特徴で、読んでいてリズムが生まれる。

  • コレクション17〜『うさぎとかめ』『ヘンデルとグレーテル』『アラ・ジンと魔法のランプ』がダールの手に掛かると・・・〜裸の王様は凍死した・・・となる

  • おもしろい言葉でつづられた「ウサギとカメ」どっちが勝った? ロアルド・ダールの手にかかればとんでもないお話に…。
    (分室担当/ハナミズキ)

  • 原作ありの話の改変も面白いし、オリジナルも面白い、これらをタイトル通りまぜこぜに出来る才能がやっぱ天才よね。

  • 『へそまがり昔ばなし』『こわいい動物』の仲間みたいに見えますが、これは他の小さな子ども向け作品ではなく、YAだそうです。
    ちょっとセクシーなシーンもあるよ!みたいな…。
    そうは言ってもいつものダール、ブラックだしエグいし汚い話もてんこ盛り。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ロアルド・ダール(Roald Dahl)
1916年9月13日 - 1990年11月23日
イギリス・ウェールズのカーディフにて、ノルウェー移民の両親のもとに生まれた。第二次大戦中にイギリス空軍エースパイロットとして活躍するが、事故で重傷を負う。その時代の逸話をもとに、作家デビュー。ブラックユーモアあふれる短編小説、児童文学の書き手となった。
代表作に、『チョコレート工場の秘密』。ティム・バートン監督にジョニー・デップ主演で『チャーリーとチョコレート工場』として映画化された。他にも『父さんギツネバンザイ』などがあり、『ファンタスティック Mr.FOX』として映画化された。

ロアルド・ダールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
アレックス シア...
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

まぜこぜシチュー (ロアルド・ダールコレクション 17)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×