新版 指輪物語〈3〉/二つの塔〈上〉

  • 評論社
3.81
  • (31)
  • (18)
  • (47)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 214
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784566023567

作品紹介・あらすじ

恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、小さいホビット族や魔法使い、妖精族たちの果てしない冒険と遍歴が始まる。数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死。全てを呑み込み、空前の指輪大戦争へ-。世界中のヤングを熱狂させた、不滅の傑作ファンタジー。旧版の訳にさらに推敲を加え、新たに『追補編』を収録した「新版」です。トールキン生誕100年記念出版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】933||T||3
    【資料ID】10202965

  • エント娘のところで意識が飛びかけた。

  • もう、こりは・・やっとエピソード2の上を読み終えました~~。おっそいマラソンランナーさながらの読みっぷりですが。

    すごい巡礼の物語。背景描写が素晴らしい。読んでいてもぜんぜんイメージできない自分が情けない。
    して、上にはフロドが全く出てこない!
    背景、周辺事情でこんなページを費やせるなんてすごすぎな作家です。
    子どもが読めるのが不思議なほど長く難しいじょ!

  • 実は KiKi がこの物語全体の中でもっとも好きなのはこの部分かもしれません。  ある意味で主役であるはずのフロドはほとんど出て来ない巻なのですが、その2人に置いてけぼりを食らった格好になってしまった「旅の仲間」それぞれが、それぞれの果たすべき役割をきっちりと果たしていて、それが結局はフロドのために、そして中つ国とそこに住まう「善陣営」に属する全ての種族全体のためになっているというプロットが何とも魅力的だと思うんですよね。

    特に KiKi が好きなのは「旅の仲間」の中でどちらかというとお荷物的な存在だったメリ・ピピ・コンビの活躍ぶりです。  彼らを救出するために後を追うアラ・レゴ・ギム・トリオは何と言っても武術の達人達だし、各種族代表という位置づけだし、王様までいるからどんな形であれ、大活躍するのはまあ想定内だと思うんだけど、サム & フロドに取り残されたホビットの2人が敵陣営の捕虜という絶望的な状況でスタートを切りながらも、偶然にも助けられつつエント達と出会い、彼らを動かす原動力になるのがやっぱり小気味よいと思うんですよ。  誰の味方でもないと公言していた「木の髭」に気に入られたというのも彼ら2人がホビットという種族だったからこそだと思うんですよね。

    秩序だった暮しと仕事を営み、非好戦的でありながらも芯の強さを持つ種族。  平和と静けさとよく耕された大地を愛する種族。  他の種族に敢えて干渉しようとはしない種族。  そんな種族だからこそ彼らはエントやフォーンと行動を共にすることができたし、又、そうすることで彼ら自身の安全も担保されたんだと思います。

    PJの映画ができちゃってからは、本を読むよりはあっちの映画ばかり観ていた KiKi にとって今回の読書で再認識した一番の出来事はあのヘルム峡谷での闘いの相違点でした。  映画では美しいハルディアがエルロンドの命を受けてエルフ軍勢と共に加勢にかけつけそこで絶命しちゃうけれど、原本の方ではエルフはこの闘いに全く関与していないし、ハルディアもここで死んじゃうことはなかったんでしたねぇ・・・・・。  映画の方、あれはあれで感動的なシーンだったけれど、個人的にはこっちの方が趣味かも・・・・・・(笑)

    と同時に今回も「指輪物語 フロドの旅 ~ 「旅の仲間」のたどった道」の地図とにらめっこしながらの読書だったんだけど、映画の変なところを発見してしまいました。  シーンとしてはアラ・レゴ・ギム・トリオがメリ・ピピ救出のために追跡行を敢行している真っ最中。  アラゴルンがレゴラスにエルフの目で何が見えるかを問うシーンがありました。  すると千里眼のレゴラスは遠くに目を凝らして叫びます。

    "the Urukes turn northeast. They are taking the Hobbits to Isengard!"

    これ、直訳すればこんな感じでしょうか?

    「ウルク=ハイどもは北東に進路を変えたぞ。  アイゼンガルドにホビットを連れてく気だ!」

    ちなみに日本語字幕はただ単に「奴らは方向を変えた。  先はアイゼンガルドだ。」となっていました。  まあ、その訳だったらそんなに問題はないんですけどね(苦笑)  でもKiKi は最近ではこの映画は英語のお勉強のため(?)に日本語字幕版ではなく英語字幕版で観ることが多かったのでこの英語に気が付いちゃったんだけど、コレ、地図と見比べると大いに変!なんです。  

    何故って、旅の仲間たちがフロド・サム・コンビに置いてけぼりをくらったパルス・ガレンからアイゼンガルドに向かう経路はどこをどう頑張っても北西方向にしか向いていなくて北東を向いて進んじゃったら大河アンドゥインを渡らなくちゃいけないうえに、そのずっとずっとず~っと先にあるのはレゴラスの故郷の「闇の森」とかビルボが旅した「はなれ山」になっちゃうんですよね~。

    KiKi は原作本があって映画化された物語で原作と大きな違いがあっても基本的にはどちらも「別の作品」と思って楽しむことを基本スタンスとしているのでまあ、どうでもいいって言えばどうでもいいんだけど、やっぱりこの物語の場合は世界観があまりにもしっかりと作られているうえに、今回は地図を参照しながらの読書だったので気になる、気になる・・・・・・ ^^;

    ま、それはさておき、何とかヘルム峡谷の闘いに勝利し、サルマンをオルサンクに閉じ込めたところで第3巻は終了です。  (映画のSEEではここでサルマン死亡)  お話はメリ・ピピが大活躍している間にフロド・サムが何をしていたか??に移っていきます。  このあたりの同時進行時のそれぞれの行動は映画の描写の方がわかりやすかったかも・・・・・(笑)

  • 指輪一向の離散。そしてある人物との再会。
    そしてサルマンのいるアイゼンガルドの陥落な巻。

    ボロミアのの裏切りとその結末が悲しかった。

    確かに力あるものが目の前にあり、力を欲している時ならそれを求めないことは難しいが・・・。

  • ブログにレビューを書きました。
    http://yo-shi.cocolog-nifty.com/honyomi/2003/04/3-836f.html

  • 上巻で、もうアイゼンガルドが落ちちゃうのか〜とビックリしましたが、思い出してみると、上巻が別れた仲間たちのストーリーで、下巻がフロドたちのストーリーになっているので、それでいいんですね。

    映画では、サルマンがいったい何考えいるのかというのが、イマイチ見えにくかったのだなぁ。

  • 舞台はローハンへ。

  • ロードオブザリングの原作。第二部の上巻。指輪所持者の話ではないが無論重要な話が多い。

  • 我々読者の旅はここより楽なものとなります。漸く文体にも慣れ、物語も敵味方入り乱れ、いよいよ引き返すことあたわず。
    ぐいぐいと引き込まれていきます。

全13件中 1 - 10件を表示

J.R.R.トールキンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・R・R・トー...
アーシュラ・K....
アーシュラ・K・...
J・R・R・トー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする