増補新装 カラー版 東洋美術史

  • 美術出版社
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784568400830

作品紹介・あらすじ

本書は西アジアから南アジア、東南アジア、東アジアへとわたる広大な地域の芸術表現のあり様を、先史から近代に至るまでいっきに展望できるようにした。ここでは東西のアジアが育み、交流し、波及させた文化のダイナミズムを跡づけるように構成された本文と、403点に及ぶカラー図版とが相呼応する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読書録「カラー版東洋美術史」4

    監修 前田耕作
    出版 美術出版社

    P4より引用
    “美術の歴史は、すでに評価の定まったあれこれの作品をただ時
    系列にそって羅列することではない。新しい発見や新しいまなざ
    しに照らし出された歴史の産物の絶え間のない異議に応え、定ま
    った序列を書き改めることにあるとさえいえる。”

     東洋美術の歴史を、オールカラーの図板を用いて紹介する一冊。
     先史時代から近代まで、数多くの図板を惜しみなく使って解説
    されています。

     上記の引用は、まえがきでの一文。
    定まって落ち着いているように思えるものでも、何かのきっかけ
    で簡単に状況は変化してしまうのかもしれません。
     先だって紹介した西洋のものと同様に、もう一サイズ大きい方
    が、家で読む分にはいいように思います。

    ーーーーー

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1933年生まれ。名古屋大学文学部卒。アフガニスタン文化研究所所長。東京藝術大学・帝京大学客員教授。2003年以来、爆破されたアフガニスタンのバーミヤン遺跡の保存・修復の事業にたずさわっている。著書に『巨像の風景』(中公新書)、『ディアナの森』(せりか書房)、『宗祖ゾロアスター』(ちくま学芸文庫)、『アジアの原像』(NHKブックス)、『玄奘三蔵、シルクロードを行く』(岩波新書)など、訳書にバシュラール『火の精神分析』、エリアーデ『イメージとシンボル』(以上せりか書房)、『子どもたちに語るヨーロッパ史』(監訳、ちくま学芸文庫)などがある。

「2019年 『バクトリア王国の興亡』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前田耕作の作品

ツイートする