日本の寿命―貿易国家と権力国家の行方

著者 :
  • PHP研究所
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569528137

作品紹介・あらすじ

世界の枠組みが大きく変動する政治・外交の時代にあって、経済至上主義国家・日本の命運は…。衰亡、繁栄のそれぞれのシナリオを描きながら、日本の歩むべき道を提示した著者会心の書。

著者プロフィール

1930年、兵庫県生まれ。三谷産業株式会社監査役。日本ラッド株式会社監査役。東京大学経済学部卒。日本長期信用銀行取締役、(社)ソフト化経済センター理事長を経て東京財団会長を務める。ソフト化・サービス化の時代をいち早く予見し、日本経済の名ナビゲーターとして活躍。未来予測の正確なことには定評がある。『いよいよ、日本の時代がやってきた!』 『日本人への遺言』(渡部昇一氏共著)『日本人への遺言partⅡ 「和の国のかたち」』(渡部昇一氏共著)『反核愚問』他多数有り。

「2018年 『「発想」の極意 人生80年の総括』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日下公人の作品

日本の寿命―貿易国家と権力国家の行方を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする