危機管理のノウハウ part 1 信頼されるリーダーの条件 (PHP文庫 サ 1-1)

著者 :
  • PHP研究所
4.12
  • (10)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 84
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569563305

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「危機管理」(crisis management)という言葉が広く受け入れられるようになるきっかけを作った本です。

    「危機管理」とは、(1) 危機の予測および予知、(2) 危機の防止または回避、(3) 危機対処と拡大防止、(4) 危機の再発防止の4段階について、それぞれの段階で何をなすべきかを方法論的に検討するものです。こうした研究は、アメリカで、全面核戦争防止という軍事的な観点から生まれたものですが、石油危機、通貨危機、災害、治安問題などの各分野で、こうした発想の必要性が認められるようになり、さらに民間レヴェルでも広がりを見せるようになったと、著者はまとめています。

    第1巻の本書では、危機管理に必要な基本的な発想と、交渉力、統率力、組織管理のための具体的な方法が論じられています。

    簡潔にして生動感にあふれる文章で、著者自身が領事として海外で見聞したさまざまな事例や、古今東西の具体例をあげながら、危機管理の実際に迫っており、非常におもしろく読めました。

  •  人間順調な時だけでなく、逆風やピンチの時が必ずあります。そんな時にどう対処すればいいのか。基本的な心構えを著者の実例と共に紹介する一冊。危機の時に誰が何をしたのか、その結果も簡略に書かれているので、お勧めです。

  • 昭和54年当時に警察・防衛官僚としてトップを極めた著者が書いた危機管理としてトップリーダーシップ論はこれから合併の混乱を想定し、読んでおくべきと考えました。戦争、プロ野球、犯罪、中国の文革などの例から教訓は「準備は悲観的に、実行は楽観的に」「タフ・ネゴシエーター」「5W1Hの中でもまずWhatを情報として」「Count on meの精神」ということ。またトップが現場を視察するときのべからず集も納得です。東郷元帥、乃木将軍などの人徳、またミッドウェーの南雲大将の命令の変更が招いた敗北が印象に残りました。

  • 短い単語で考え方、やり方を示している。

    information hungry
    need to know
    5W-1H
    communication gap
    prepare for the worst
    Banzai charge
    Precemeal attack
    follow through
    not, but
    better than nothing
    capacity and conpetence
    wai ju nei tao
    follow me
    c3 system
    count on me
    order, counterorder,disorder
    Gesselshaft gemeinshaft
    double eagle
    rest and recreation
    one grenade
    sense of humour

    著者は警察出身とのこと。
    それにしては粋だ。

  • 何度か佐々氏の公演を拝聴したことがある。大変話がお上手で面白く、同意できる点が多いのだが、人によってはちょっと自慢話に聞こえて鼻につくところもあるのではないか。この本もちょっとそんな感じ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1930年東京生まれ。東京大学法学部卒業後、国家地方警察本部(現警察庁)に入庁。「東大安田講堂事件」「連合赤軍あさま山荘事件」等に警備幕僚長として危機管理に携わる。86年より初代内閣安全保障室長をつとめ、89年昭和天皇大喪の礼警備を最後に退官。2000年、第四八回菊池寛賞を受賞。2001年、勲二等旭日重光章受章。著書に『東大落城』(文藝春秋読者賞受賞)等がある

「2016年 『重要事件で振り返る戦後日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々淳行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印

危機管理のノウハウ part 1 信頼されるリーダーの条件 (PHP文庫 サ 1-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×