前世療法 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

  • PHP研究所
3.99
  • (79)
  • (58)
  • (73)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 563
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569569321

作品紹介・あらすじ

「私は18歳です…長いドレスを着ています…時代は紀元前1863年です…」催眠治療中の女性患者が、前世の記憶を鮮やかに語りはじめた。彼女を通して伝えられた精霊達のメッセージによって、精神科医は現代科学では説明できない輪廻転生の世界を徐々に理解していく。-神秘的とも言える治癒の記録を綴ったこの手記は、人間観・人生観の革命であり、生きる真の意味を教えてくれる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ノンフィクション。

    精神科医の体験から、実際にあった輪廻転生に関わるような事例が読みやすく描かれてて面白かったです

  • 怪しげなタイトルじゃな〜と思いつつ手にとってしまいました。読み終えた今、内容の全てを信じるわけではないのですが、夢のある話だなとは思います。この本を読むと日頃の行い良くしなきゃ!ってなりますね。

  • 何の証拠も、そのような体験もないが、人の魂は生まれ変わり、肉体をもった娑婆での修業を繰り返すことで、最終的には神の領域に行くのでは、と思っていたので、この本に書かれていることにはすごく共感した。あながち自分の考えも間違ってなかった模様。自分も自分の過去生を知りたい。

  • 前世を信じる信じない、これが本当の話か作り話か、
    それはこの本を読むうえでは全く不必要なこと。

    死んだあと「自分の人生から学ぶことは何か」と問われたら、
    自分は何と答えるだろう。
    では今死んだら、何を学んだと答えるのだろう。

    自分の行いを振り返り、反省から学ぶよいきっかけになる一冊になるのではないかと思います。

  • 受けてみたいものだ。

  •  前世、というものに興味がある。
    一言で言い表せないほどの何かがあると思っている。
    輪廻転生はあると信じているので、
    自分も見てみたいものだ。
    見れないけど。

  • 人は死んでも魂は死なない。
    そうゆう考え方もあるのか!
    と、価値観が広がる本。

  • 自分はどこから来てどこに行くのか・・・

    信じる・信じないは別として

    自分の人生の指標のひとつとなった本。

  • ≪医療としての催眠療法中に、
    前世の記憶らしき話を 患者さんが突然、話し出されて、驚き・・
    その後、研究、考察していきました。≫

    という体験を、
    アメリカの精神医学博士さんが、レポートされた本です。

    この本に出てくる患者さん…検査技師のキャサリンさんは、
    ブライアン・ワイス医師の催眠療法を受けて、
    結果、70~80回の過去の人生を思い出されました。

    (月に数回ペースの催眠療法を、一年以上続けた結果。
     一回の退行催眠で、一つか二つの過去世を思い出された・・という感じでしょうか。)

    キャサリンさん以降、多くの方が 前世退行催眠を受けられたそうで、
    人にもよりますが、何十回もの前世を思い出されるケースが、いくつも報告されているようです。

    私は、 今までに10数回の前世を思い出していますが、

    (内、ヒプノセラピーを受けて思い出したのは5回くらいです。 後は、瞑想中などに、そこに波長を合わせて思い出します。)

    『後・・60回くらいは、 まだ思い出してない過去世があるんだなぁ…
     奥深いなぁ…』
    と、しみじみ思います。

    よく、運命の人…ソウルメイト がいるらしい と言われますが、
    7~80回も前世があったら、ソウルメイトもたくさんいるでしょうね。

  • アメリカの精神科医がとある患者への催眠療法の経過の記録を公表したもの。

全73件中 1 - 10件を表示

ブライアン・L.ワイスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ・レッ...
ロンダ・バーン
エンリケ バリオ...
シャーリー マク...
ジェームズ アレ...
ジェームズ レッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

前世療法 米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×