新選組 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.64
  • (29)
  • (22)
  • (60)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 204
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (580ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569573526

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 歴史劇画シリーズ。
    かなり血生臭い時代描写をぎりぎりのブラックジョークとダジャレで乗り切っている。

  • 初・黒鉄ヒロシ。
    歴史漫画といえば黒鉄さんだとか。
    ところどころにギャグを挟んできてオモロイとの噂。

    さて、感想。
    わかりやすかった。
    新選組の謎や主たる事件にフォーカスし、その軌跡をたどる。

    幕末ってよくわからないけど、
    結局、
    ・佐幕派→新選組・会津
    ・勤王派→長州・土佐・薩摩
    って感じかな。

    人物をおぼえるのが大変だった。
    とりあえず、それぞれの人物のヒストリーは、またいろいろ読んでみたいと思う。原田左之助の大陸渡って実は生きていた説とか、小説にあったらおもしろそう!

    ■始祖組(壬生浪士組)
    └近藤派(試衛館派)
     ・近藤勇(大久保大和):板橋で斬首、京都三条河原に梟首
     ・土方歳三:函館五稜郭で戦死
     ・沖田総司:結核で病死
     ・山南敬助:途中で脱走(脱退)して、斬首
     ・永倉新八:途中で離別し、原田と共に靖兵隊を結成
     ・原田左之助:途中で離別し、永倉新八と共に靖兵隊を結成。大陸に渡って馬賊になった説も。
     ・斉藤一(山口次郎):新選組内での粛正役。御陵衛士でスパイ役も。
    └水戸派
     ・芹沢鴨:途中で暗殺
     ・平間重助:途中で暗殺
     ・新見錦:途中で暗殺
     ・平山五郎
     ・野口健司

    ■伊東派
     ・伊東甲子太郎:勤王攘夷派で、当初より近藤らとは考えが違った。油小路事件にて暗殺。
     ・篠原泰之進
     ・加納鷲雄
     ・鈴木三樹三郎
     ・服部武雄
     ・内海二郎

  • 作品、絵柄のアクの強さについていければ楽しめる。
    映画みたいな演出がカッコいい。

  • 動乱の幕末も喜劇にしか見えなくなってしまうね。

    シュールすぎて涙が出そう。面白すぎる。

    ある程度幕末の動きと人物を知ったうえで読むほうが吉。

  • 漫画かよ!!と思った。絵は汚くよくわからないところもあったけど、何ともいえないユーモアがあってよかった。結構残酷に新選組を書いてるなと思った。今まで小説しか読んだことがないから漫画はわかりやすかった。結構詳しい内容だった。

  • 絵は確かに好き嫌い分かれると思うけど、何回でも読めます。読むほどに味わいが出てきます。

  • 絵ははっきり言って好みではない。
    だけど表現の芸術性が高いと思いました。
    血生臭さが伝わり、そこにブラックユーモアが交じる事でリアルな新選組が浮かんでくるようでした。

    ここまで史実に沿った漫画本は始めて。
    初心者には新選組入門的な教科書として、史実を知る人も復習本として是非読んでみて欲しい一冊だと思います。

  • 黒鉄ヒロシの新撰組。新撰組や幕末期の志士たちをあのお得意のブラックユーモアで血みどろギャグに描いております。
    逸話や背景もよく調べてあって各人の顔も本人の肖像写真や家族の写真から連想にて描いてる。そして、最後のお話に作者の愛着や思い入れを感じます。
    新撰組法度ひとつとっても、愚か、と断じられてしまうでしょう。でも彼らのどうしようもない武士への憧れや精一杯さにどうしても心をひきつけられる。
    彼らの愚かさ、残虐さを風刺し笑いながらも、読み終わったときには必死で生きた新撰組の鎮魂を願ってしまいます。
    新撰組入門にもいいですよ!

  • 新選組の実績の流れがまんがでわかるブ厚い本。人物は肖像画や写真に似せて描かれているので、イメージとも一致しやすいかと思います。

  • まるで資料集。新選組ものは鳥羽伏見以降が切なくてつらい。銀河鉄道の夜のような最終話がすごく良かった。

全31件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家

「2019年 『武蔵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒鉄ヒロシの作品

ツイートする
×