坂本竜馬 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.60
  • (7)
  • (16)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 123
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (569ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569574974

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 黒鉄先生の新撰組とかを読んでいたから、
    「その時歴史が動いた」とかに出演していたりしてびっくりした記憶が。
    土佐の出身らしい。

    黒鉄先生の書く龍馬さんは、ノー天気で豪快でなんか強い。
    大河の福山龍馬というより、JINの内野龍馬に近いイメージ。

  • 「文化庁メディア芸術祭」大賞受賞作だけあって、黒鉄アニメで龍馬の人生を上手く描き出している。
    「龍薬」という言葉、時代においても、我々現代人にとっても彼は”薬”なのである。

  • 同じ作者の「新選組」よりも愛を感じる。

    冒頭のおばあちゃんのエピソードが、地元が高知の人ならではって感じで好きだ。

  • 司馬さんがお創りになった竜馬さんは、当然のように実像ではない。敗戦後の日本人が喪ったものは物品よりも精神性であろう。喪った「ナニカ」を司馬さんが竜馬さんを主人公として、紡いで見せて下さった。P.46

    解說:「飛耳長目」:耳を飛ばし、同志からの情報を得て、竜馬流の情報処理をする。長目は先見力をもって時代を読み諸策を練る。

  • 読み応えがありながら、絵で語っている部分も多い漫画です。坂本龍馬の人生がおおまかにわかります。

  • 幕末の知識が少ないのでちょっと難しかったですが、ユーモアたっぷりで楽しめました。歴史の勉強になったし、龍馬のことが大好きになりました。

  • 古本屋で数年前に見つけた作品。いい買い物したと思いました。

    龍馬の生涯を分かりやすく紹介。
    様々なエピソードがコミカルに描かれています。さすが黒鉄さん。黒鉄ワールド全開です。

    黒鉄さん自身、龍馬がお好きだということで熱く描かれています。
    龍馬ブームも来ているのでぜひ読んでもらいたい作品。

  • 「漫画」と呼ぶにはあまりにイメージが違う、かなり骨太な作品。
    龍馬を完全なるヒーローとしては取り上げていないところが気に入っています。絵は大人向け。黒鉄ヒロシさんの絵を知らなかったので、初めは抵抗がありましたが、なんとも言えない泥臭さが幕末の混沌に似合います。
    そして、未だ最大の謎。誰が龍馬を殺したのか。(実行犯という意味ではなく首謀者という意味で)結論は出ていませんが、“薩摩”はかなり怪しいと思う。 
    印象的だったのは、龍馬が頭部を切られて絶命する場面です。
    「文化庁メディア芸術祭・漫画部門」大賞受賞作。
    これと合わせて、同じく黒鉄さんの『新撰組』『幕末暗殺』も読むと、かなり幕末通となるかも。

  • この本は、新撰組と一緒に読んでもらいたいと思います。
    昔の事に興味ある僕としては、とても楽しい一作品でした。
    この本は、坂本竜馬という人間をとても詳しく書いている本です。
    坂本竜馬を知りたい方は、読んでみてください。

  • (2010.01.23読了)
    「新選組」で賞をもらってかなり売れたということは知っていましたが、「坂本龍馬」を書いていたのは知りませんでした。本屋で見つけたので買っておいたのですが、NHK大河ドラマで、「龍馬伝」を放映し始めたので、積読から探し出して読んでみました。

    写真や古文書で歴史的事実を示し、事実と事実の間をギャグでつなぐ、という感じで話が進みます。「劇画」や「漫画」ではなく「歴画」というのだそうです。
    最初に、龍馬暗殺の犯人についての諸説が紹介されています。
    見廻り組の佐々木只三郎、今井信郎、桂早之助、という人たちの名があげてあります。
    次に、土佐の上士と下士について述べてあります。
    関ヶ原の合戦で、西軍側についた長宗我部盛親は、家康に領地没収され、土佐は、山内一豊に与えられた。山内家譜代の家臣は、上士となり、元からの土佐の侍は下士となった。
    その後、龍馬誕生へと続きます。1835年11月15日に生まれました。
    幼年時代の龍馬は、よばれたれ、洟垂れ、泣き虫、勉強はできない子であった。
    14歳で道場に通い始め、メキメキ腕を上げた。
    1853年3月17日剣術修業のため江戸へ行くことを許された。
    千葉定吉の道場を選んだのは、土佐藩邸に近くて便利なためという。(黒鉄説?)
    江戸に行くに際し、父の八平が龍馬に与えた修業中心得が出てます。大河ドラマと一緒です。江戸までは、溝淵広之丞が同行しています。
    江戸で黒船を見た後、佐久間象山に入門しています。砲術を習うために。
    土佐へ戻り、ジョン万次郎を取り調べた河田小龍を訪ねています。
    その後再び、江戸行きを認められ、引き続き千葉道場で、剣術修業を続け、北辰一刀流の目録をもらっているのですが、「長刀兵法目録」となっています。「なぎなた」です。
    同じ時期に武市半平太も江戸へ行き龍馬と同宿しています。

    読み進めれば、龍馬の一生がたどれます。570頁ほどありますので、結構読みごたえがあります。岩崎弥太郎は出てきませんので、弥太郎のことを知りたい方は、別の本にあたってください。

    著者 黒鉄 ヒロシ(くろがね ひろし)
    1945年8月3日、高知県佐川町生まれ
    1964年、私立土佐高校卒業。
    武蔵野美術大学商業デザイン科除籍。
    1968年、『山賊の唄が聞こえる』で漫画家としてデビュー
    1997年、『新選組』で文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞受賞、第43回文藝春秋漫画賞を受賞
    1998年、『坂本龍馬』で第2回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で大賞
    2002年、『赤兵衛』で第47回小学館漫画賞審査委員特別賞受賞。
    2004年、紫綬褒章受章。
    (2010年1月26日・記)

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家

「2019年 『武蔵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒鉄ヒロシの作品

ツイートする
×