蜂須賀小六―秀吉の天下取りを支えた男 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.10
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569575292

作品紹介・あらすじ

尾張の小豪族である蜂須賀党は、守護代・織田一族の内紛や尾張と美濃の抗争のなかで、厳しい立場に置かれていた。父の死後、蜂須賀の当主となった小六は、織田信長の急速な台頭を横目に木下秀吉に従属。墨俣築城に功を挙げ、その後はかれの軍団の要となって活躍する。齢四十を越えてつかんだ人生の「転機」であった。秀吉の天下取りを支えた蜂須賀小六の生涯を描く力作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 秀吉にとって、腹心の友である蜂須賀小六を中心に描かれています。秀吉と出会ってから出世するまでかなり苦労な日々を送り続けていたのが理解できます。蜂須賀小六を分かりやすく表現されています。文章もすらすらと読みやすく、初心者向けには合っていると思います。

  • 浅~い。
    わかってはいましたが、それほど深い内容はありません。
    子六さんで一冊書くのは大変でしょうね。
    ちなみに昔アルバイトしてた頃、「小六さん」という苗字の人がいました。

  • 4569575293 285p 2001・8・15 1版1刷

  • 合戦などの働きはほぼ省略されてましたが小六さんの魅力が十分伝わるものであったと思います。半兵衛さん同様天下統一を見ておりませんが副題通り支えていたんだろうなと読みながら思いを馳せてました。秀吉との出会いから死まで描かれておりますので秀吉とどのように繋がりを持って行ったかというところは見所です。あとは前半の将右衛門、後半の官兵衛とのコンビもまた。

  • 尾張の小豪族である蜂須賀党は、守護代・織田一族の内紛や尾張と美濃の抗争のなかで、厳しい立場に置かれていた。父の死後、蜂須賀の当主となった小六は、織田信長の急速な台頭を横目に木下秀吉に従属。墨俣築城に功を挙げ、その後はかれの軍団の要となって活躍する。齢四十を越えてつかんだ人生の「転機」であった。秀吉の天下取りを支えた蜂須賀小六の生涯を描く力作。

    2008.3 読了

  • 秀吉の譜代の家臣といえるだろう蜂須賀小六の物語。
    彼が逝ったのは秀吉の九州征伐前。
    晩年の秀吉の狂気を見ずにすんだのは幸せだったのか?

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

●児童文学作家、評論家。1926年静岡県生まれ。早稲田大学文学部卒業。おもな創作に『とねと鬼丸』(小学館文学賞)、『やまんばおゆき』(サンケイ児童出版文化賞)、『ぼくたちの家出』『さよなら友だち』ほか、評論に『新美南吉の世界』(新美南吉文学賞)、『戦後児童文学作品論』などがある。2002年、日本児童文芸家協会賞特別賞受賞。2003年死去。

「2018年 『伊達政宗 (新装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蜂須賀小六―秀吉の天下取りを支えた男 (PHP文庫)のその他の作品

浜野卓也の作品

ツイートする