服装で楽しむ源氏物語 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.63
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569577357

作品紹介・あらすじ

光源氏と女人たちの"恋の絵巻"-本書は、その華麗で雅な世界を「服装」という視点で味わう。空蝉の「小袿」に隠された秘密とは。「裳」をつけた明石の上の辛い胸中。女三の宮の運命を変えた「桜の細長」。紫の上が六条院の衣配りで明石の上に嫉妬したのはなぜか?…衣装の謎ときをしながら、王朝人の美意識とエロティシズムに迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これも長年積んでた。
    題名の通り、源氏物語を服装という観点から紐解いた本。
    平安もので重ねや色目は避けて通れない話題だが、装束に興味のない私はあまり考えずにいつも流していた。だがそんな私でもこの本の内容はとっつきやすく、また易しく解説してくれてなかなか楽しい。当時は身分社会だから、衣装にも細かく身分の違いが出てくる。
    端近に立っている人物が女三宮だと柏木にすぐに分かったのも、彼女が桜の細長を身に着けていたから、というのはなるほどと思った。

  • 2002年6月19日購入。
    2002年7月7日読了。

  • 内容紹介:光源氏と女人たちの“恋の絵巻”―本書は、その華麗で雅な世界を「服装」という視点で味わう。空蝉の「小袿」に隠された秘密とは。「裳」をつけた明石の上の辛い胸中。女三の宮の運命を変えた「桜の細長」。紫の上が六条院の衣配りで明石の上に嫉妬したのはなぜか?…衣装の謎ときをしながら、王朝人の美意識とエロティシズムに迫る。(「BOOK」データベースより)

    資料番号:010763233
    請求記号:913.3/ ム
    資料区分:文庫・新書

  • 服装がわかると古典も、頭の中でイメージしやすくなります。
    これでカラーページがもっとあったら最高なのですが。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1922-2016年。作家。東京生まれ。きもの、日本文学、日本服飾史の研究に携わり、著者多数。著書に『一葉のきもの』『文士のきもの』『日本美術に見るきもの』など。

「2018年 『伝えておきたい古きよききもののたしなみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

服装で楽しむ源氏物語 (PHP文庫)のその他の作品

近藤富枝の作品

ツイートする