北条氏康―信玄・謙信と覇を競った関東の雄 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.82
  • (8)
  • (11)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569578583

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小説らしく楽しく読めました。登場人物も皆いきいきと描かれていていい。面白かったです。

  • あとがきの「○○とも××とも違う」という存在や生きかたって、とてもいいと思う…という部分に共感するとともに、文体に可愛さを感じました。

  • 武田信玄や上杉謙信とも互角に戦った陰の名将。

    戦陣においては数々の謀略を駆使、
    平素は家臣や領民たちを慈しみ、
    道理や信義を重んじた。

    関東八カ国の安寧を志し、
    無理な侵略を慎み、
    勝っても勝ちに奢らない。

    北条氏康の戦略、戦術、心を学べる一冊。
    歴史の勉強だけでなく、仕事にもきっと役立ちます。

  • 関東の雄、北条氏康を題材にした文庫本。
    幼少期から戦国武将への成長を綴っています。
    読みやすくて面白かったです。

  • 氏康の生涯を書いた本
    面白いです。

  • 出版社/著者からの内容紹介
    北条早雲にはじまる後北条氏五代。本書は、その最盛期を築いた第三代・氏康の生涯を描く長編小説である。
    物語は氏康の幼少期からはじまる。ある日、小田原城近くの沼地で大筒の試射が行なわれた。幼き氏康はその爆裂音に怯え震えが止まらない。祖父以来、武勇で名を馳せる北条家の後継ぎとして、屈辱とも言える弱虫の烙印を押されるのである。だが、氏康に仕える家臣たちは、この弱虫若君を見放さなかった。厳しくも温かい養育で、一国を治める武将へと導いていくのである。やがて16歳になった氏康は、時の関東管領・上杉朝興軍と武蔵小沢原で対峙。陽動作戦で上杉軍を翻弄し、見事初陣をかざるのであった。以後、祖父早雲の遺志・関東制覇を一心に念じ、今川義元、武田信玄等と互角に渡り合い、ながら、ついに「河越夜戦」で上杉軍を降し、事実上の関東の覇者となるのである。
    卓抜なる軍略と民政で関八州を制した名将の、堂々たる生きざまを描く力作。

    内容(「BOOK」データベースより)
    北条早雲に始まる後北条氏5代。本書は、卓抜なる軍略と民政でその最盛期を築いた第3代・氏康の生涯を描く長編小説である。幼き日、大筒の爆裂音にさえ身を縮めるほどの弱虫であった氏康は、しかし家臣たちの厳しくも温かい養育により、16歳の初陣では立派に勝利をおさめる。以後、東の今川、武田、上杉勢等と互角に渡り合い、ついに念願の関東八州を制覇するのであった。

    2008.2 読了

  • 臆病少年から関東の三勇の一角を担うまでに成長していく

  • 泥臭い戦描写はなく大将のあり方や戦とは何かを自ら采を振って
    学んでいく、新九郎の頃から隠居後の氏康を書かれた作品。

    軟弱と言われていた幼い時から、厳しい中にも優しさを持って仕える小太郎が好き。

  • とっても読みやすいです。臆病者の幼少時代から関東の覇者になる氏康さまはヒーロー的な存在です。それにしても軍神との対峙はガキの喧嘩みたいな感じで笑った。あと河越夜戦はちょっと泣けた。そして小太郎も格好良かったです。

全9件中 1 - 9件を表示

菊池道人の作品

ツイートする
×