ねむいねむいねずみ (PHPおはなしプレゼント)

著者 :
  • PHP研究所
3.76
  • (17)
  • (27)
  • (36)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 215
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569585970

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私がずっと持っていた絵本です。
    ボロボロで所々シミまでついていますが、娘も楽しそうに聞いてくれます。
    私の思い出を娘と共有できているようで、とても嬉しいです。
    娘が産まれてから、この絵本の続編が沢山出ていることを知りました。
    それも読んでみようと思います。

  • リサイクルで購入。
    ひたすらねむいねずみくんのおはなし。
    これ、人形劇とかにしたら面白そうだなって
    思った。
    1979年って…ロングセラーなんですね。

    3年生に読み聞かせ。

  • たびをする、いっぴきのねずみ。あるひのよる、いっけんのふるいいえをみつけたんだ。あれはてて、だぁれもすんでいないらしい。ベッドでねころがり、ねむりかけたとき──。
    ねむいねむいねずみシリーズ第1作。おばけ云々より眠気が勝っちゃうのね(笑)溺れず、耳に水が入ってもスヤスヤ眠るところが凄い。旅の目的は母親との再会かな?何もかも謎のまま、ねずみの旅は続く。

  • とにかく眠いねずみ。私か、と思ってしまった。邪魔しないであげて、寝させてあげて・・・と思っていたけど、そんなのどうでも良いくらい眠かったみたい。最後は朝ごはんまで♪良かった良かった・・・と思ったらまた寝るみたい。娘は「また寝るんかーい!」とつっこんでます。関西人。(2歳9ヶ月)

  • 4歳5か月

    〈親〉
    絵が好き ◯
    内容が好き ◯
    またよんであげたい

    〈子〉
    初回からくいつく ◯
    何度も読む

    ねむいねむいねずみは、どこを目指しているのかなあ。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

    この絵本は、点図が豊富に挿入されています。
    家族の人や先生と一緒にお楽しみください。

  • 先輩先生にすすめられて、読み始めた、佐々木マキ、村上春樹とゆかりがあるとは、しってか知らずかって感じだ。先輩先生は、昔話研究会のチームにいる、昔話研究会の研究室の講師は、いつも私のレポートを授業中読むのはいいけど、いつも授業を、一緒に受けている彼女の作品を悪い見本として、あげるのはやめてほしかった。

  • 懐かしい!これ佐々木マキだったのか!!と衝撃に打たれる図書館の本棚前。

  • ・図書館にて
    ・2歳5ヶ月時

  • 上京をした社会人や、単身赴任のあの人に贈りたい一冊。
    一人で、眠くて眠くて、ときにせつなくなるけど、進んでいかなくちゃいけない。
    今日も頑張ろう、と思える絵本。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1946年神戸市生まれ。マンガ家、絵本作家、イラストレーター。絵本に『やっぱりおおかみ』『まじょのかんづめ』『おばけがぞろぞろ』『へろへろおじさん』、『変なお茶会』『ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします』『ぼくがとぶ』「ぶたのたね」シリーズ、「ねむいねむいねずみ」シリーズ、『あかいけいと』『あおいともだち』など多数。童話に『なぞなぞライオン』、マンガ作品集に『うみべのまち』、エッセイ集に『ノー・シューズ』などがある。京都市在住。

「2019年 『いないいないばあさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ねむいねむいねずみ (PHPおはなしプレゼント)のその他の作品

佐々木マキの作品

ねむいねむいねずみ (PHPおはなしプレゼント)を本棚に登録しているひと

ツイートする