ぎろろんやまと10ぴきのかえる (PHPのえほん 5)

著者 :
  • PHP研究所
3.68
  • (6)
  • (11)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 149
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569586038

作品紹介・あらすじ

困難に負けない勇気と希望、仲間と協力することの大切さを教えてくれる、読み聞かせにぴったりの「10ぴきのかえる」シリーズ。

 

 ひょうたんぬまには、仲良しの10ぴきのかえるが住んでいます。

 「ぼく、もうだめかもしれないよ……」

 ある日、1ぴきのかえるが、重い病気にかかってしまいました。かんがえるが、図書館から『かえるの びょうきを なおすには』という本を借りてくると、「しゃっきりだけ」というきのこをすりつぶして飲めば、けろりんと治るいうことがわかりました。「しゃっきりだけ」なんて聞いたことがないかえる達でしたが、沼一番のとしよりがえるが、ぎろろんやまという山のほら穴に生えていると教えてくれました。

 さっそく9ひきは、ぎろろんやまへ向かいました。山を3つ超え、流れの速い川をなんとか無事にわたり、いよいよ崖を登ればぎろろんやまです。そこで、やっと見つけた「しゃっきりだけ」。ところが、暗闇のなかから……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10ぴきのかえるシリーズ。仲間の病気を治すため、ぎろろんやまに、しゃっきりだけを取りに行きます。いつもながらに冒険になりますが、他のストーリーほどダイナミックな冒険でないような。ただコミカルで明るく楽しいストーリーです。

  • 5歳6ヶ月の娘
    2歳6ヶ月の息子へ読み聞かせ

    息子が大のお気に入りに
    なんだろう
    読み手も読みやすい
    テンポが良いからかな

    他の10ぴきのかえるシリーズもよんでみたい

  • 図書館本。お気に入りの10ぴきかえるシリーズ。病気の仲間のためにはるばる旅に出ます。

  • 2019.07 2-3

  • り。1116
    5y8m

    じ。478
    3y
    4-5歳向けのこのシリーズが好きな3歳0ヶ月。借りて借りてというので、借りた。

  • 図書館本。お気に入りの10ぴきかえるシリーズ。病気の仲間のためにはるばる旅に出ます。

  • 三歳児の発表会(劇)のおはなしのベースにしました。
    「10ぴきのかえる」シリーズのなかの一冊です。

    おたまじゃくしのころから一緒だった10ぴきのかえる。
    その中の一人が病気になります。

    病気の仲間のために食べればたちまち けろりん と治るという
    「しゃっきりだけ」を取りにいくことに。

    しゃっきりだけの生えている だれもいったことのない「ぎろろんやま」へ
    行く途中の困難も励ましあい 助け合いながら 進んでいきます。

    『ぼくらは10ぴき 仲間じゃないか!』

    優等生だけじゃない いろんな個性のかえるたちが登場して
    まるで保育園の子どもたちと一緒!と思える絵本のシリーズです。

  • まず、ぎろろんやまという音の響きと字面にホレた。

    内容も高評価。

    長男(5才)が登山に持って行っていたのが、ひどく微笑ましかった。

  • ぎろろんやまへ。

  • リズム感のある文章なので
    聞き手も読み手も楽しく読めちゃう本
    ♪わくわく けろけろ

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

主な作品に、詩集『山が近い日』(理論社)、『チャコのアルバム』(草炎社)、『ひつじのななちゃん』(フレーベル館)、「10ぴきのかえる」シリーズ(PHP研究所)、「ころわん」シリーズ(ひさかたチャイルド)などがある。

「2019年 『しろいしろいころわん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

間所ひさこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
にしまき かやこ
かがくい ひろし
エリック=カール
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×