恐竜ハイウェー―足跡が明かす謎の生態 (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569602721

作品紹介・あらすじ

北米大陸に化石として残された、700キロメートル以上の長距離におよぶ無数の恐竜足跡(恐竜ハイウェー)は、かつて地球の支配者として栄華を誇った彼らの「生きた姿」を雄弁に物語る。どの方向へ何の目的で移動したのか?群れで行動したのか?親子関係・社会行動はどのようなものであったのか?アジアにも恐竜ハイウェーは存在するのか?「足跡」というツールを駆使して、恐竜の自由闊達に動き回る「生活ぶり」に迫った、恐竜研究の最前線。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 先日、古本屋で見つけました。
    1998年の本です。
    足跡化石から恐竜の生態を探る研究について、詳しく書かれています。
    科学的なアプローチで図表ともに語られる内容は学会の研究発表を見ているようでもあり、素人が生半可な知識でアレコレと語るのは、酒場だけにしておこうと思ったりしました。

  • 恐竜好きは必見!世界での化石発見から日本での発見まで魅力的な内容に。

全2件中 1 - 2件を表示

松川正樹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×