この世で一番の奇跡

  • PHP研究所
3.50
  • (41)
  • (47)
  • (108)
  • (10)
  • (6)
本棚登録 : 577
感想 : 55
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569604862

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ■書名

    書名:この世で一番の奇跡
    著者:オグ マンディーノ

    ■概要

    出版社の社長として会社を大きく成長させ、作家としては著書がベ
    ストセラーになり、大成功をおさめたかのような主人公の男は、そ
    れでも幸せや満足感を得られない自分に苛立っていた。そしてある
    雪の日、不思議な老人に出会う。
    その老人は、廃品同様になった人間を探しているという。若い日の夢
    を踏みにじられ、安全な日々とのひきかえに自分の可能性を手放し、
    よりよい人生を求めようとしなくなった人びと――他人だけでなく
    自分にさえ捨てられてしまった人間を、生きる屍のような状態から
    甦らせるのが、その老人の仕事だったのだ。
    そして、人生に疲れた主人公に起こった奇跡とは……。
    (From amazon)

    ■感想

    1999年に流行った本です。
    この著者の方は"12番目の天使"で知っていて、素晴らしい物語を書
    く人という認識でいました。

    この本は、10年以上前の本ですが、自己啓発の本であり、内容は今
    の時代に言っていることと、全く相違ありません。
    つまり、今さらですが、10年そこらじゃ人間の本質は何も変わらな
    いということなんだと思います。

    物語は、既に"裕福"な人間が、"幸福"を求めていくという物語です。

    この物語の特徴としては、いろいろな文献からの引用文だと感じます。
    多種多様な引用文が使われています。
    つまり、この物語って実は新しいことは言っておらず、今まで言わ
    れていることを著者なりにまとめて物語形式にしているものです。

    物語自体にそこまで感動しませんでした。
    (感動レベルで言えば、12番目の天使の方が圧倒的に上です。)

    しかしながら、自己啓発本としてみるのであれば、素晴らしい言葉
    がちりばめられた本だと思います。

    第9章に"神の覚え書き"として、この本で伝えたいことがすべて纏め
    られていますので、時間がない方はここだけでも読んでみるといいと
    思います。

    なお、この本では、この章を100日間は毎日読み潜在意識に記憶する
    ように記載してあります。
    確かに、こういう本って一回読んだだけだとあまり意味はないので、
    具体的にこういう方法を記載してあるのは親切だと思います。

    この100日間というの、やってみようと思います。

    何事も"チリもつもれば山となる"です。

    ■気になった点

    ・自分がみじめで満たされていなければ、そして満たされていない
     ことを知っていれば、そうした生活(自己犠牲の生活)を続けるのは、
     偽善であり、嘘なのです。

    ・どんなに豊かな土壌も耕さなければ実りをもたらさない。
     人の心も同じである。

    ・人を失敗に導く自尊心の欠如というのは常に不安、罪の意識、劣
     等感というものの複合体が原因となっています。

    ・以前の生活がどんなにわびしくても、慣れひたしんだ安全性の
     子宮に逃げ帰りたいという衝動と絶えず戦っていなければならない。

    ・Never,nerver,never,never give up

    ・自分にはいずれにせよ価値がないんだ。それがどうした?とつぶや 
     いていればいい。

    ・私たちの強さは弱さから生まれる

    ・ブルータスよ、失敗は星々の間ではなく、われわれ自身のなかにある

    ・自分のめぐみに感謝しなさい
     自分のかけがえのなさを主張しなさい
     自分の枠を超えなさい
     選ぶ力を賢く使いなさい

  • タイトルの意味するものが何であるか、多くの人が忘れてしまっている。特に現代人はすっかり忘れてしまっている。
    書かれている"神の覚え書き"を私は繰り返し読もうと思う。
    ジョン・マクドナルド著「運命の貴族となるために」と同様な、大切な本に出会った。(HPの日記より)
    ※原書TheGreatestMiracleInTheWorld
     2001.12.14購入@読書のすすめ
     2002.1.2読書開始
     2002.1.3読了
     2003.7.7読了(何回目か不明)
     2007.8.19売却済み、文庫本購入

  • いい本って前評判をかなり聞いていたから期待しちゃったのかな?
    もしかしたら、翻訳した本だからピンとこなかったのかもしれないです。

  • 「うぬぼれは天国にはじまり、地上で続き、地獄で終わる」
    「自分自身を閉じこめる監獄を作る。一定期間そこに住んでると、その壁に慣れてしまい、人生とはこんなもんだという偽りの前提を受け入れるようになる。」
    「どんなに豊かな土壌でも、耕さなければ、実りをもたらさない。人の心もたえず新しい考えで肥沃にしなければ、直ぐに荒れ果てて、何も生み出さなくなる荒地になる。」
    「ヨナコンプレックス=失敗の可能性から逃れたいという生得的な欲求」
    「老人が長く生きてきたことを証明するものを、年齢以外に何も持っていないほど不名誉なことはない。」
    「愛の秘密。愛を受け取るには愛されることは求めずに愛を与えなければならないという秘密。愛とはなんの見返りも求めない贈り物」
    「確かな成功の手段はどんな仕事をしていようと、自分に期待されている以上の奉仕をすること」
    「幸福と成功の4つの法則
    ・自分の恵みに感謝しなさい
    ・自分のかけがえのなさを主張しなさい
    ・自分の枠を超えなさい
    ・選ぶ力を賢く用いなさい
    ★自分、他者への愛をもってやり抜け

  • 私が1年間会話し続けた80歳のラグピッカーのサイモン・ポッター老人。彼の口から珠玉の言葉の数々が出てくる。そして最後は彼から言付けられた「神の覚書き」。信仰的な安らぎに満ちた言葉。極め付きは「今日、あなたは知らされました。自分こそ、この世で一番の奇跡であることを」。著者はビジネスの世界で成功の秘訣を語る大ベストセラーを生んだ人であり、やや人生訓臭い感じは否めないが。

  • 主人公と老人が出会い、魂を蘇えさせていくお話。人生どん底だったり、生き甲斐を感じない人に特にオススメ。自尊心を傷つけるのではなく、自身を愛する事から始めよう。

  • カーライル「すべての高貴な仕事は最初、不可能に見える」

    ゴミを入力すればゴミが出力される=GIGO

    ヨナコンプレックス=マズロー=最悪の結果を避ける余り、最良の結果も避けている。安住の地に甘んじている。

    喉を潤せる新鮮な水と食べ物さえあれば、なんの不平も言うべきではない

    ほかのことをすべてあきらめる覚悟ができていれば、できないことはない。=never,never,never,never give up.決して決して決して決してあきらめるな。

    安心のためにしがみつく毛布の誘惑はいくらでもある。

    最も困難な仕事は、一回きりの爆発的エネルギーの発散や努力ではなく、最善を尽くして日々努力しつづけることで達成される。

    100日間、毎日続けること。
    自分の恵みに感謝する、自分のかけがえのなさを主張する、自分の枠を超える=誰かが1マイル行かせようとしたら、その人とともに2マイル行きなさい。
    今日かく汗は、明日10倍になって返ってくる

  • タナクジの本です(*^^*)頂き物です(*^^*)

    なんというか、自己啓発本なのかな?一応。でも、世界一売れてる本らしく、マイケルジャクソンやら、アムウェイの社長に至るまで感銘を受けている本らしい。

    哲学者の哲学者たる哲学者のための本のような気もするし、宗教色が濃いような気もします。

    読みやすい聖書的な。

    いや、聖書読んだことないけど、こういうようなことがわかりづらく書いてあるんじゃないかなー?と言う予想。笑


    そんな一冊。

    タナクジは何を思ってこれを買ったのか、とてもとても気になった一冊でした。

  • 小学生の頃に買った本ですが、未だに持ってます。ふと、思い立った時に読みかえします。

全55件中 1 - 10件を表示

オグ・マンディーノの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
綿矢 りさ
スペンサー ジョ...
オグ マンディー...
森 絵都
オグ マンディー...
アレックス・ロビ...
オグ マンディー...
あさの あつこ
アレックス シア...
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

この世で一番の奇跡を本棚に登録しているひと

ツイートする
×