伝わる・揺さぶる! 文章を書く (PHP新書)

  • PHP研究所
3.83
  • (258)
  • (270)
  • (353)
  • (20)
  • (7)
本棚登録 : 2590
レビュー : 282
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569617367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の意見をしっかり考える➕説得するためのテクニック

    前者は自分が苦手な思考。
    途中で読むのを断念した。。。

    後者は納得の内容で明日から使える。
    ・メールでは受動態を使わず人を主語にすることで、責任のありかを明確にする。
    ・謝罪は相手の立場になって考える


    もうちょっと基本が出来たら前者の部分、読み直そう!

  • 全編にわたり、納得して読み進めることが出来ました。
    「素晴らしい」と言って思考が止まる、という話に自身を重ねざるをえませんでした。意識して改善したいと思う。

  • 文章を書くにあたり「論拠」すなわち「問い」が重要という考えが、文章の書き方の視点として素晴らしい。
    「問い」が深くないと、意見もまたそれなりにしかならないのです。

    後半は、文章を書く時だけでなく、いろいろな企画を考えるうえでも必要な心構えが提示されています。

    ・企画にのめり込むのではなく、引いてみる。
    ・その企画を観に来てもらうための動機を用意する。
    ・相手にプレゼントするとき、どのようなものをプレゼントすると相手は感動するだろうか。

    私が企画を立案するときに注意していることと共通していて、改めて考え直す機会となりました。

  • 何のために文章を書くか良くわかる本
    本質的なことが書かれていてためになった

  • 書くために何を準備すべきかわかったので、役に立った。相手のために書くこと、書くためには自分を理解し、そのために情報を集めることが大切。問題意識を持って新聞や本を読んでいきたいと思う。
    いつかは、本のレビューを書くのにも役立てて、他の人がその本を読んでみたくなるような文章が書けたらいいな。

    結果を出すこと、それがゴール。押さえるべき7つの要点。①意見(あなたが一番言いたいことは?)②望む結果(だれが、どうなることを目指すのか?)③論点(あなたの問題意識はどこに向かっているのか?あなた自身と読み手、双方の問題意識からずれていないこと。)④読み手(読み手はどんな人か?どんな興味、問題関心、背景を持っているか)⑤自分の立場(相手から見たとき、自分はどんな立場にいるのか?)⑥論拠(相手が納得する根拠があるか?)⑦根本思想(あなたの根本にある想いは何か?)

  • 小学校資格認定のレポート課題で自分の考えをうまくまとめることができず、その日に悔しくて買った本。文章を書くときの問いの立て方など、実践的なノウハウが得られるだけでなく、書くことで自分を表現したい気持ちが湧いてくる。試験の前に読んでおけば良かった。。。

  • 文章云々の範疇をこえて、言葉という不完全なツールでコミュニケーションすることの意味を再考させられる良書と思います。

  • ハウツー本によくある、方法だけを並べられて受け身になってしまう内容とは違って、前向きな気持ちになる本。(これって珍しいのでは?)
    それは、「伝え方」の本だけあって、ズーニーさんが一生懸命、誤解のないように優しく書いてくれてるからだと思う。
    文章に限らず、ミスコミュニケーションでつまづいてる人にお勧めの一冊です。
    あとは、自分が実践するのみ。

  • 20130927 書く事に悩んだら参照出来るように手元においておきたい本。気にしないと文章はうまくならない。

  • はじめはビジネス文章向けな感じが強かったが、自分でしっかり考えること、影響をあたえることのできる文章を書くことを目指すようにという方向へ。
    もちろん読んだからと言ってそんな文章が書けるようにはならない。
    立ち止まって考えてみるきっかけ。

全282件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

全国各地で、表現教室のワークショップ、大学講義、講演などを通じ、表現力・考える力・コミュニケーション力の育成に幅広く活躍中。『伝わる・揺さぶる!文章を書く』『おとなの小論文教室。』他著書多数。

「2018年 『理解という名の愛がほしい。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伝わる・揺さぶる! 文章を書く (PHP新書)のその他の作品

山田ズーニーの作品

ツイートする