すぐに未来予測ができるようになる62の法則

著者 :
  • PHPソフトウェアグループ
3.52
  • (4)
  • (8)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569621487

作品紹介・あらすじ

人生、経済、日本はこう変わる。決定版にして最高傑作、ここに発刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世の中を観察し、未来を予想するときに役立つ法則集。
    たとえば法則のNo.32は「金持ちと貧乏人はやることが似ている」。
    安い腕時計はシンプルに長針と短針としかついていないが、高級になるにつれ機能が加わってゴテゴテしてくる。ところが本当に高級なものとなるとすべてを職人が手作りした、とてもシンプルなものになるのである。あるいは、ほんとうの金持ちは時計なんていらない生活をしているかも。
    こうしてみると貧乏人と金持ちの消費スタイルは似てくる、といえる。興味深くないですか。

    著者は「経済学は理論化を焦りすぎている。理論化のための単純化が行きすぎている」「学者は世間知らずだ」というスタンスなので、「法則」とはいっても歴史の検討や観察の積み重ねによるものになっている。「経験則」のイメージかも。科学的な考え方をする人にはややひっかかる部分もあるかもしれない。薄い内容だなとか。

    この本を知ったのはユニバーサル・スタジオ・ジャパンの戦略を語った『確率思考の戦略論』(森岡毅・今西聖貴)で紹介されていたからでした。USJのマーケティング企画部ではこの本を社内教育に使用されていたそう。
    期待どおり、面白い本でした。

  • 盛岡さんの著書でこの本の存在を知って購入。
    なるほど、これはマーケティングの本かも。
    人に関する洞察は、時代を超えて通用するものがあると思わせてくれます。
    サロンって、貴族の知識欲を刺激する環境づくりから始まったそうだ。

  • ・5種類の人間:
     1)イノベーター 2.5%
     2)アーリー・イノベーター 13.5%
     3)フォロワー 68%
     4)ラガード 16%

    ・嗅覚を満足させる商品は、味覚を満足させる商品よりも「高級」だ。

    ・鼻に対する刺激、その人を動かす力が非常に強い。

    ・人間が知らないものを理解するには、2つの方法があり、
     一つは「アナロジー(例え話)」で、
     もう一つは「アナリシス(箇条書き)」

    ・寄り集まって会話を楽しみ、知的刺激を交換し、
     情報の共有を確認しあうことである。これ以上の快楽はない。
     これをなるべくお洒落にやったので、サロンである。

    ・文化に関しては「同時生産、同時消費」を喜ぶようになる。

    ・「二十一世紀、世界は日本化する」

  • 筆者の語り口も歯切れよく、テンポよく、内容的にも本質を捉えていて面白い。エッセイっぽい感じで非常に読みやすい

    P11(流行の順番)
    モード、ファッション、スタイル、礼服という言葉の違いは、流行の順番を表したものだ。新しい様式が最初に出てきたときが「モード」で、やや時を経て世間に広がった状態が「ファッション」と呼ばれる。さらに時を経て大多数が採用すると、これが「スタイル」。そしてスタイルとなったものの一部は、最後には日常生活とほとんど無縁の「礼服」となり、しだいに社会から消えていく

    P44(音の贅沢)
    これは第二次世界大戦直後、フォードの社長が完成したばかりの新車を見にいったときの話だが、新車はなかなかの出来栄えである。(中略)その車のドアを閉めた。と、その時である。ペシャンと、ドアの閉まる音がブリキのような安っぽい音だった。(中略)アメリカは、誰でもクルマを持っている。一家の主人が仕事から帰ったとき、そのクルマのドアの音は、隣近所にもよく聞こえる。クルマはその仮定の社会的地位や所得を示すシンボルになっているのだから、ドアの音の具合は、その家の主人の威厳にかかわる。「もっと重厚な音にせよ」と改良を命じたのである。

    P76(恋愛と贅沢と資本主義の「発展法則」)
    ゾンバルドは資本主義がスタートする前には貴族の間に贅沢競争があり、贅沢競争がさかんになった理由には「恋愛ごっこ」があったと説く。私はこれを読んで、贅沢競争とは文化の導入競争と想像競争だったと解釈した。ともかくゾンバルトはヨーロッパ中世の贅沢競争の同期は、女性をめぐる恋愛及び恋愛ごっこだったと考えた。それはルネッサンスに始まる

    P78
    工業化とは文化の普及段階であって、創造段階ではないということである。重要なことは、大衆が憧れるような本当の贅沢が事前に創造されていないと、大量生産や工業化は発生しようがないという点である。そして、産業革命前のヨーロッパで文化創造の役目を担ったのは貴族階級の華麗なる「恋愛ごっこ」であった。彼らをイノベーターとして文化の普及時代がはじまったのが近代である。(中略)このようにして出来上がったのがイタリア文化であり、フランス文化だが、そこで完成された文化や生活様式を大量生産しようとしたのがイギリスの産業革命であった。

    P83(文化産業、発展の四条件)
    文化産業の誕生、発展には四つの条件があると考えられる。第一は「文化的飢餓感が、全国民的規模で存在していること」。第二は「文化的向上心の全国的存在(いつかは自分も)」。第三は「賃金による労働刺激効果の発生(あの文化を買うためのお金が欲しい)」。第四は「消費の満足の追求(さらに改良と創造)」

    P124「金持ち消費と、貧乏消費」
    消費行動において、トップとボトムは共通した様式を持っている

    P208
    老後の生活に役立つ技能、資格、学術、名声なら、所有しても決してデフレによる損はない。

  • 一般的な法則から未来を予測するためのヒントが詰まった本。著者の知見が凝縮されているはんめん、個々の知見根拠は詳述されていない。分かるけど、何となく分かる程度になる。

  • 変化があれば、チャンスがある! 東京財団元会長が、未来予測のための「法則」を公開する。


    第1章 「普及率」の法則
    第2章 「五感」の法則
    第3章 「発展段階」の法則
    第4章 「先端国」の法則
    第5章 さらなる「成功」の法則
    第6章 「アイデア倍増」の法則
    第7章 「世界の中の日本」の法則

  • 普及率に着目する。
    大衆社会は世界に進む
    中流社会、少子高齢化、大都市化、平和社会

  • ――――――――――――――――――――――――――――――○
    先進国があるから後進国があるのではなく、「後進国が先進国をつくる」点が楽しい。(…)真似する人がいることが鍵である。そして、真似させようなんて考えているようでは、本物はできない。まず自家消費として、自分自身が陶酔しなければダメである。103
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    「日本人と商売をすると、必ず儲けさせてくれるがそれだけで終わる。しかしイギリス人と商売をすると、いろんな遊びを教えてくれる。それは一生の思い出になって残る。ただし、イギリス人は全然儲けさせてくれない」(…)イギリスの貴族は自分では勉強しないらしい。勉強している人を親友にして、そのエッセンスだけを聞く。そのための手段が別荘や遊びで、家族づれの楽しい一週間が経ったころフラッと顔を出して、遊びや夕食を共にしながら何気なく質問する。超高度な情報はそのようにしてこそ得られるものだと知っているのである。115
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    私の知り合いに、戸別訪問セールスナンバーワンの成績を誇るベテラン営業マンがいる。あるとき、「あなたぐらいベテランになれば、玄関を見ただけで、この家は買ってくれそうかどうか、すぐにわかるでしょう」と聞いてみた。すると、「絶対にわからない」と断言された。だから、数撃たなくてはいけないというのである。(…)彼いわく、「訪問件数を何とか三〇軒に減らして同じくらいの成績を上げようなどと考えている人は駄目だ」――。142
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    現在のような大衆社会では、むしろ誰もが知っている情報こそ価値が高いこともある。講演会でも「誰も知らないことを教えてあげます」と言っても人は集まらないが、「東京ではみんなが知っていることを話しましょう」と言えばワーッと集まる。127
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    多くの人が誤解している。本来度胸と賢さは表裏一体のものである。早く言えば思考をつくした上の度胸である。159
    ――――――――――――――――――――――――――――――○

  • ポジティブに行こうぜ!!

  • 底の浅いトンデモ本か、常人には計り知れない大良書。ということにしとけばいいか。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1930年、兵庫県生まれ。三谷産業株式会社監査役。日本ラッド株式会社監査役。東京大学経済学部卒。日本長期信用銀行取締役、(社)ソフト化経済センター理事長を経て東京財団会長を務める。ソフト化・サービス化の時代をいち早く予見し、日本経済の名ナビゲーターとして活躍。未来予測の正確なことには定評がある。『いよいよ、日本の時代がやってきた!』 『日本人への遺言』(渡部昇一氏共著)『日本人への遺言partⅡ 「和の国のかたち」』(渡部昇一氏共著)『反核愚問』他多数有り。

「2018年 『「発想」の極意 人生80年の総括』 で使われていた紹介文から引用しています。」

すぐに未来予測ができるようになる62の法則のその他の作品

すぐに未来予測ができるようになる62の法則 オンデマンド (ペーパーバック) すぐに未来予測ができるようになる62の法則 日下公人

日下公人の作品

ツイートする