新選組証言録 『史談会速記録』が語る真実 (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.58
  • (5)
  • (13)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569637181

作品紹介・あらすじ

「近藤は実にえらい人物でありましたが…はなはだ恐怖の姿でありました」「沖田総司、これがまあ勇の一弟子で、(剣を)をなかなかよく遣いました」-新選組を語る上で欠かせないこれらの談話は、維新まで生き残った勤王浪士や元隊士らの証言集『史談会速記録』に拠るものである。そこには、新選組に決闘を挑んだ者、近藤勇の命を奪い損ねた者、戊辰戦争に従軍した者たちの鮮烈な記憶が刻み込まれている。彼らが見た隊士の実像とは?新選組研究の第一人者が、同時代人の目線から幕末動乱の真相を読み解く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ※2005年購入
     2005.8.17読了
     売却済み

  • 有名な史談会速記録のうち新選組に関わる部分を抜粋、読みやすく改めたもの。各談話の末尾におかれた山村竜也氏の解説もわかりやすい。上洛立志篇、分裂決闘篇、北征奮闘篇の三部より成る。このうち第一部がもっとも充実している。

    上洛立志篇:石坂周造、中村維隆、俣野時中、柴太一郎、旭形亀太郎、田尻佐、内藤素行。

    分裂決闘篇:秦林親(篠原泰之進)、阿部隆明(十郎)、加納通広(鷲雄)。

    北征奮闘篇:坂本柳佐、田島応親(金太郎)、人見寧、安部井磐根、田村銀之助、内藤素行。

  • 幕末に新選組に実際に接触したことのある人たちの談話をまとめた『史談会速記録』の中からいくつかが読める。実に興味深い。

  • 史談会速記録からの抜粋。
    確かに当事者の証言の記録なので、なかなか興味深い。
    その反面、解説はあるもののそれだけでは不十分と感じる部分もあった。
    また、既に色々な資料へ引用されている文章も当然多く、
    新たな発見と感じる部分は少なかったように思う。
    が、それはもちろん私個人の話なので、当然この本は役立つと思うし、
    史談会速記録を読めばよりよく全体が掴めるだろうなと思う。

  • こんな形式の本、初めてかも。おもしろかったです。
    特に原田左之助の昔をよく知ってる内藤素行の話や、元新選組隊士の田村銀之助、篠原泰之進、阿部十郎、加納鷲雄らの証言はリアルで興味深かった。
    証言自体はちょっとわかりづらいところもあったけど、ちいさく解説もついていたのでわかりやすかったです。

  • 図書館などで閲覧できる古史料『史談会速記録』から、新選組に関係する部分だけをピックアップしたもの。解説もわかりやすく、お手頃サイズなのでオススメです。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

幕末や戦国時代を中心に歴史本を出版する歴史作家。大河ドラマ、時代劇や映画の時代考証も多数手がける。著書には『世界一よくわかる幕末維新』『世界一よくわかる新選組』(ともに祥伝社)などがある。

「2021年 『最新科学で探る日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山村竜也の作品

ツイートする
×