現代語訳 風姿花伝

著者 :
  • PHP研究所
3.95
  • (33)
  • (29)
  • (34)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 362
感想 : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569641171

作品紹介・あらすじ

「花」とは「幽玄」とはあらゆる表現ジャンルの根本、生きることの美を語る。秘すれば花なり-「日本の美」を深く探求した至高の芸術論。読みやすい新訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世阿弥が約20年かけて書いたという本を現代語にしたもので、大変読みやすいです。
    日本人にとっての美とはどういったものなのかわかりやすく書かれており、
    能に関わらずお芝居など芸術になんらかの形で関わる人には胸に響くものがあるのでは、と思います。
    現代ではあまり使われることが少なくなった「幽玄」や、「花」の言葉の意味を考えるきっかけになります。
    感情に訴えたり闇雲な考えを押し付けたりという内容ではなく、冷静な見方で理論的に語られているので理解しやすいです。
    花の時期を過ぎた後どうするか、などについてもきっぱり語られています。

    「秘すれば花」。珍しいから素晴らしいと感動する。
    相手の期待を良い意味で裏切ることこそが感動を呼び起こす というのは、シンプルながら核心をついた言葉だと思いました。

    子供がなにげなくやりだしたなら、こと細かに、良い、悪いと教えないこと。あまりに厳しく注意すると、子供はやる気を失い、億劫となって、能そのものが止まってしまう。
    これも、能以外にも言えることだと思います。

    若い役者がその若い声と姿で「すごい役者が出てきた」と評価され
    ときに名人にも勝ることがあり
    そこで本人が慢心してしまうとそえは若さゆえの一時の花であり、真実の花にはならない
    『たとえ人にほめられ、名人に競い勝ったとしても、これは今を限りの珍しい花であることを悟り、いよいよ物真似を正しく習い、達人にこまかく指導を受 け、一層稽古にはげむべきである。』
    というのも、深く頷くところです。


    老人を本当にうまく演じるにはやはり相当の名人でなければならず、
    老人を本当にリアルに演じるだけでは花がなく面白くない、というのも確かにそのとおりだと思いましたし
    そういったことまで書いてしまうのだな、という点にも感動しました。
    面白いということが大切で、鬼もリアルに演じれば怖くなりすぎて面白さがなくなってしまいます。

    「花はありな から年寄りに見える公案、くわしくは口伝する。」というのも素敵です。

    申楽を始めるときに観客席を見て、今日はうまくいくな、とわかるというのは
    お芝居をやっている人も非常に共感するのではないでしょうか。

    『上手の芸が目利かずの心を満足させることは難しい。下手は目利きの眼に合うことはない。』
    というのも、あらゆる世界で言えることな気がします。

    『狂う演技に花をおいて、心を込めて狂えば、感動も面白い見所も必ず生まれるものだ。』
    『能の命は花にあり』

    芸事だけでなく、仕事など誰かに対する場合にも
    心に置いておくべき真理だと感じました。

  • 能を通しビジネスとして自分に引き寄せて読んだ。世阿弥のように謙虚さと品格を備えていたい。
    以下、印象的な一文。
    『上手は下手の手本、下手は上手の手本とわきまえ工夫すべし。下手の良いところを、上手が自分の得意芸の中に取り入れることはこれ以上ない理想的な方法である。人の悪いところに気付くだけでも自分の勉強になるというのに、ましてや良いところについては、言うまでもない。「稽古は強くあれ、しかし慢心はもつな」とは、まさにこのことである。』

  • 花とは、そのときどきの人により、所によりさまざまなもの。

    「まことの花」は、実は存在しない。

    客席と舞台の間に自ずから生まれ出るもの。

  •  この本は世阿弥の書いた能の稽古、演じる際の心構えやポイントをまとめたもので、現在におけるビジネス書に近いと思う。内容で形而上学的なものはあまりなく、具体的に書かれ想像しやすくなっている。
     私は、①本質をつかみ、本質から外れたことをしないこと②観客本位に考え、観客の嗜好に合わせること③珍しさがあること④慢心せずに稽古に励むこと⑤タイミングをつかむこと
    という点を世阿弥が大切にしたと感じた。以上挙げた点では漏れがあるとは思うが、そこはご容赦いただきたい。印象に残った言葉として、「秘すれば花、秘せねば花なるべからず」がある。切り札は秘密にしてこそ切り札なのである。
     600年ほど前に書かれた能楽に関する本であるが、能楽以外、ビジネスを行う上でも現代でも通用すると思われる考えが多く記述されており、ビジネス書としても参考になるであろう。

  • 花とは面白いこと、珍しいことであるということ。ビジネスへの含蓄にも富む

  • 幽玄。言葉では表せない、奥深く微妙にして情緒に富むありさま。

    花。能に宿る命であり面白さ・珍しさとひとつである。

  • 世阿弥 「 風姿花伝 」

    観阿弥が到達した境地「老い木に咲く花」「しおれた境地」は 省略を美としたり、間を表現手法とする能楽の芸術性と一致している気がする。これが 幽玄 なのでは?

    五十有余
    *観阿弥は〜演目は若手に譲り、自分はやさしいところを少な少なと色を添えて演じる
    *これこそ、まことの花〜能に枝葉なく老い木になるまで花は散りもせず残って咲いていた

    しおれた境地
    *しおれたという段階は 花よりさらに上の境地
    *花を究めた者には しおれた境地が開く〜花もつけぬ草木がしおれても面白くないが、花のしおれた風情は面白い

  • 風姿花伝の現代語訳

    目次
    <blockquote>第1 年来稽古条々
    第2 物学条々
    第3 問答条々
    第4 神儀に云わく
    第5 奥儀に讃歎して云わく
    第6 花修に云わく
    第7 別紙口伝
    </blockquote>
    一段は人生を通じた芸に対する姿勢について。
    若いうちの思い上がりを戒める。

    二段は演技の役割についての示唆。
    ややとっつきづらいかも。

    三段は質疑応答。
    かなり広範囲かつ、奥深い答えになっているので重要かな。
    その日の波、陰陽の差を読む事や、序破急の筋立ての仕方、
    手立て(試合)での表現の仕方、才能と努力、高齢での表現、
    舞う際の体の優先順位等々……。

    四段は能の歴史。
    ここだけはあまり必要そうではない。知りたい人向け?

    五段は流派の違いについて。
    大和と近江の違い。異文化を知る大事さを述べている。

    六段以降は外伝的な立場にあるそうだ。
    六段は1〜3段の内容を更に説明している。どの様な姿勢で演じるべきか。
    どの様に表現を創りあげるべきか。非常に濃い理論を展開している。

    七段は「秘すれば花」に代表される理論の展開。
    「花」という著者ならではの概念の説明になっている。
    「花」は「幽玄」や「面白さ」といった表現に対する概念理論としてある。

    総じて言えば、前半の内容を更に深めて後半二段があり、
    そこに「花」という著者ならではの表現概念がある。
    著者自身、有名な人物であり、「能」の立役者であるがゆえに、
    厳格な理を見せつけられる。そんな芸能に対する姿勢を見ていると、
    今の芸能は果たしてどうなのだろうと疑問を感じてしまう。

    特に流行りのアイドルの人気は、彼に言わせれば「時分の花」であり、「まことの花」ではないと言うだろう。つまり、タイミングが良かっただけで、その内消えるのだ。
    年を取ってなお、成熟した花を、それも飽きられること無く求められるように、
    すべてを律する姿勢は、今にも通じる。


    ▽関連書籍
    ・<a href="http://mediamarker.net/u/kotaro/?asin=4003300114" target="_blank">風姿花伝 (岩波文庫)</a>

  • 室町時代初期、能楽の天才世阿弥の一子相伝秘術書。初心忘るべからず。若いときの初心を忘れない、人生その時々の初心も忘れない、老境に入っても初心を忘れない、すなわち人は年を重ねる度に今まで経験したことのない出来事に挑戦していかなければなりませんと。勉強になります。

  • 能の技術に関する説明部は一般には役立たないが、非常に含蓄深い名作でした。現代語訳によってそれが通じるようになっています

全39件中 1 - 10件を表示

世阿弥の作品

現代語訳 風姿花伝を本棚に登録しているひと

ツイートする
×