和みの百色―日本の四季を彩る

著者 :
  • PHP研究所
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569641973

作品紹介・あらすじ

季にあいたる古の染め色図鑑。野山の彩りを「衣にあわせ」「糸にあわせ」自らの衣裳にまとう。自らの心をあらわすのに、つねに「草あわせ」「花あわせ」をしながら楽しんできた…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■蔵書

  • 日本らしい美しく繊細な色がカラーでたくさん紹介されており、美しい日本の自然色と合わせて紹介されています。
    見ているだけで心が落ち着きます。
    時節行事もあわせて紹介されており、日本古来の暦の送り方を一緒に学ぶことができます。

    日本人が色を表現した数は千以上になるとのこと。四季の鮮やかな国ならではの多さです。
    毎色、染め方や染料の原料などが専門的に紹介されていると思ったら、著者は染司でした。

    色は、季節ごとにまとめられていました。
    見たこともない色、読めない色がたくさん出てきます。
    海松(みる)色、一位色、憲法黒色、今様色、香色、甕覗(かめのぞき)色、かりろく色、こうろぜん色、承和(そが)色、はじ色、はりずり色、路考茶色(ろこうちゃ)、木賊(とくさ)色、弁柄色、紅絹(もみ)色、団十郎茶色など。

    あるいは、色の名前としてあるのは知っていても、実際にはどんな色なのか分からずにいた蘇芳色なども。

    やはり、植物由来の名前が一番多いですね。
    「四十八茶百鼠」の色彩など、日本ならではの表現の美しさ。うっとりします。
    特に、紫色のバリエーションの細かさには驚きました。
    京紫、江戸紫、薄紫などのほか、帝王紫とか藤、二藍、桔梗、藤袴などなど微妙な違いで別の色と見做されます。

    若竹色ならぬ青紅葉色という色もあり、すてきです。
    また、白の下に紅色を重ねた雪ノ下色もロマンチック。

    巻末には、登場した天然染料も紹介されていました。

    日本ならではの表現の繊細さを愛でられ、幸せを実感できる一冊です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1946年生まれ。染織史家。「染司よしおか」五代目当主。「植物染」を専門に、日本の伝統色の再現に取り組む。東大寺、薬師寺など寺社行事に用いられる道具や装束などを制作。平成21年京都府文化賞功労賞。平成22年日本古来の染色法による古代色の復元、寺社等の伝統行事、国文学、国宝修復など幅広い分野への貢献が認められ、第58回菊池寛賞。「日本の色辞典」「源氏物語の色辞典」「王朝のかさね色辞典」(いずれも紫紅社)「日本人の愛した色」(新潮選書)「日本の色を染める」(岩波新書)など著書多数。

「2016年 『日本の色を知る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉岡幸雄の作品

ツイートする