日本軍の教訓

著者 :
  • PHP研究所
3.44
  • (1)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569644240

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エリート参謀の功罪 山本五十六の評価 「将校商売 下士官道楽 兵隊ばかりが国のため」

  • ――――――――――――――――――――――――――――――○
    現在のアメリカを動かす行動原則で他国に表明できるのは「自由」ぐらいしか見当たらないし、その一方、「わが日本はどうか」と考えても、これまたパッとした行動原則がない。かつてのような「経済発展」は見込めないから、せいぜい「改革」と「対米協調」と「外交の自主性回復」ぐらいである。(…)日本人は変わるときは一瞬にして変わるのである。ただし、そのときの理念は何なのか。たんに外圧に対応するだけだとしたら、昔からの失敗を繰り返すことになる。165
    ――――――――――――――――――――――――――――――○
    日中関係は今後「対峙」の方向へと進むだろう。対峙とは、戦争を指すものではない。これはとくにアメリカでは顕著な考え方だが、「いつまでもにらみ合っているのが平和である。戦争でなければそれでいい」というのは現実的な真理である。195
    ――――――――――――――――――――――――――――――○

  • 旧日本軍の成功事例と失敗事例をもとに(ほとんどが失敗事例だけど。。。)これからの組織もっと大きくいえば日本のあり方をかんがえようというのが本書の趣旨かな。確かに主体性をもって動く組織を目指すなら、軍隊から学ぶべるところは多いかも。末期の旧日本軍のような組織にならないよう気をつけなければ。。。

    心に引っかかった言葉
    ・「建制を崩すな」というのが軍隊の鉄則。だが、周辺の条件が変化したときは臨機応変でなければならない。
    ・日本軍がひどかったというのは、その大半は官僚主義の将校や参謀が多かったという問題である。
    ・日本軍のエリート作戦参謀たちの最大の過ちは、現場を知らず、机上で戦争を指導していたことである。
    ・日本軍はトップが責任を取らないという、組織として最悪の状態に陥っていた。
    ・一般論からしても、戦場に美談があるのは、作戦や命令に無理があったからであると考えられる。
    ・複雑でで大規模な組織を運営するために合理的に分業化された管理運用システムを官僚制と呼んだ。この官僚制と官僚主義をきちんと区別することが重要である。

  • 本書で初めて建制という概念を知りました。また世界で日本が生き残るために何が必要かを、よく考えさせられました。

  • 日本軍の失敗を活かしたい方へ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1930年、兵庫県生まれ。三谷産業株式会社監査役。日本ラッド株式会社監査役。東京大学経済学部卒。日本長期信用銀行取締役、(社)ソフト化経済センター理事長を経て東京財団会長を務める。ソフト化・サービス化の時代をいち早く予見し、日本経済の名ナビゲーターとして活躍。未来予測の正確なことには定評がある。『いよいよ、日本の時代がやってきた!』 『日本人への遺言』(渡部昇一氏共著)『日本人への遺言partⅡ 「和の国のかたち」』(渡部昇一氏共著)『反核愚問』他多数有り。

「2018年 『「発想」の極意 人生80年の総括』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本軍の教訓のその他の作品

日下公人の作品

ツイートする