チャット恋愛学 ネットは人格を変える? (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.25
  • (1)
  • (4)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569644929

作品紹介・あらすじ

「チャット」とは、手紙のように文字を使いつつ、電話のような同時双方向性の会話を可能にした、新しいコミュニケーション・ツールのこと。画面上で不特定多数の人と交わされる、匿名の言葉のやりとりは、実際の会話以上の"快楽"をもたらしてくれる。だが、誤解や齟齬から、人の心を修復できないほど傷つけてしまう事件に発展することも少なくない。はたしてチャットは人間を変えてしまうのか-。「電車男」や「首輪男」の例もあげつつ、「恋愛」を題材に、チャットがもたらす快楽とその危険性を説く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [ 内容 ]
    「チャット」とは、手紙のように文字を使いつつ、電話のような同時双方向性の会話を可能にした、新しいコミュニケーション・ツールのこと。
    画面上で不特定多数の人と交わされる、匿名の言葉のやりとりは、実際の会話以上の“快楽”をもたらしてくれる。
    だが、誤解や齟齬から、人の心を修復できないほど傷つけてしまう事件に発展することも少なくない。
    はたしてチャットは人間を変えてしまうのか―。
    「電車男」や「首輪男」の例もあげつつ、「恋愛」を題材に、チャットがもたらす快楽とその危険性を説く。

    [ 目次 ]
    第1章 ネットにおけるコミュニケーション
    第2章 チャットとは何か?(パソコン通信時代のチャット チャットの現在)
    第3章 チャットが届けるもの(ハンドルネームとしての私 見知らぬあなたへ チャット空間とパーソナル空間 ほか)
    第4章 チャット恋愛の心理学(加速する恋愛 チャット恋愛は純愛か? チャット恋愛と「本当のわたし」 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 別にチャットで恋愛したいと思って買ったのではなく単純に内容が面白かったから。やはり、チャットや携帯などが流行ったのは、時代背景があるわけで、その時代背景(コミュニケーションの希薄)説明している。その後はチャットを含めたコミュニケーションツールの説明していておもしろい。そして、新コミュニケーションツールの負の面にも触れてある。ま〜その辺は個人の価値観でって事になるんだろけどね。
    ちなみに、私も何回かチャットをやって結構白熱したが、なぜかそんなにやっていない。多分、自分の中で負の面も感じているからブレーキかけているんだろう。ま〜そのくらいにして、おれは現実的な方を頑張らんといけんわけだ・・・

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1966年、東京都生まれ。東京芸術大学大学院修了、武蔵野音楽大学講師。共著『鳴り響く〈性〉』、『200クラシック用語事典』(立風書房)、『ショパンを読む──ショパンをめぐる50のアプローチ』(ヤマハミュージックメディア)ほか。

「2003年 『ヴィジュアル系の時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

室田尚子の作品

ツイートする
×