皇位継承のあり方: “女性・母系天皇”は可能か (PHP新書 382)

著者 :
  • PHP研究所
3.13
  • (0)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 33
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569648057

作品紹介・あらすじ

「皇室典範」を改正して"女性・女系天皇"も容認すべきか否か。一部では、"男系男子"こそ万世一系の原理だという。しかし著者は、「有識者会議」の答申を大筋で評価し、皇統の安定的な永続には、一層の工夫や方策が必要だと説く。すなわち、女帝もその子孫=母系による継承も認めたうえで、順位は兄弟姉妹があれば男子優先が望ましい。また女性宮家の創立、皇族養子の復活、さらに天皇・皇太子の過密な御公務の見直しなどである。確実な史料と先学の研究を活用しながら、真摯に問う新しい皇室論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • そうですか・・・

  • 概ね 著者の意見には賛成。側室復活とか難しいだろうし(てか 側室はどんな人でも良くないでしょう…で、高貴な方を探してきてあてがうとか、そ、そんなわけ?)、女性天皇もありだけど、今のままではずっ〜と女性になりそうだし、子育てと仕事の両立が半端ないくらい大変そうだし…。
    ご本人達のお考えはどうなんでしょうね…

  • 連綿と続いてきた皇位継承の基本は、直系男子を基本とするが、天皇の多妻を認め、皇族を確保してきたことが重要。昭和天皇が一夫多妻を拒否された現在は、皇室典範で否定されている養子と女性天皇を認めるべきとの主張。女性宮家の容認も主張。
    筆者は皇統維持を重視する一方、皇族にも厳しい意見を向ける。皇位の継承は一般的な権利でも義務でも無く、まさに皇室固有の特別な地位・役割を引き継ぐことに他ならない。天職だとする。また女性天皇否認論などを表した三笠宮寛仁親王にも厳しい批判を示す。
    皇室を愛するまじめな学者さんというイメージで好感。

  •  皇室典範改正問題について論じる書。結論としては、男系男子継承を優先しつつ、女性宮家を創設し、女性天皇・女系継承の道も開くべきというもの。この結論は、私の意見とほぼ同じであり、至当なものであると思う。
     皇位継承をめぐる歴史的な背景の記述が厚く、皇室典範改正問題を考える上で示唆に富む。特に、宇多天皇即位をめぐる事情や、『大宝令』・『養老令』に「女帝」という語が明記されていたことなどは興味深かった。
     ただ、既出の論文を集めたという本書の性格上、内容に重複があったり、各章の関連性がわかりにくいという点と悠仁親王誕生を反映していない点が悔やまれる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

昭和16年12月、岐阜県生まれ。名古屋大学修士課程修了。昭和41年度から皇學館大学助手・専任講師・助教授。昭和50年度から文部省初等中等教育局教科書調査官。昭和56年度から京都産業大学教授。昭和61年9月、法学博士。平成24年度から京都産業大学名誉教授、モラロジー研究所教授、麗澤大学客員教授、皇學館大学特別招聘教授など。
【研究書】『宮廷儀式書成立史の再検討』(国書刊行会)、『三善清行』(吉川弘文館人物叢書)、『年号の歴史』(雄山閣)など。【一般書】『日本歴史再考』(講談社学術文庫)、『日本の年号』(雄山閣)、『歴代天皇の実像』(モラロジー研究所)、『「国民の祝日」の由来がわかる小事典』『皇位継承のあり方』(以上、PHP新書)、『皇室典範と女性宮家』(勉誠出版)、『天皇の人生儀礼』(小学館文庫)、『天皇の「まつりごと」』(NHK出版生活人新書)など。【共著】『皇位継承』『元号』(以上、文春新書)、『元号読本』(創元社)。【編著】『皇室事典(令和版)』(角川書店)、『日本年号史大事典』(雄山閣)、『近代大礼関係の基本史料集成』(国書刊行会)など。

「2020年 『光格天皇関係絵図集成』 で使われていた紹介文から引用しています。」

所功の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×