日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.37
  • (35)
  • (75)
  • (110)
  • (18)
  • (16)
本棚登録 : 705
レビュー : 87
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569648446

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間は生まれたときから、今までどんな経験をしてきたか、すなわち歩いてきた道が現在の人格を形成する上で大切な要素です。
    国も同じようにどんな歴史を積み重ねてきたのかということが、国体を形成しているのです。
    しかし、私たちはこの国の歴史において、知らない事が多すぎます。特に戦後については、事を隠そうとしている教育を受けてきたと言っても過言ではないでしょう。
    人間と同じように、歴史には嘘や偽り、ねじ曲げてしまっては、現在の本質を語る事など出来ないでしょう。
    日本人としてこの本に必ず触れてみて下さい。

  • 作者の考え方が合わないので、評価を低く付けてしまいました。
    なんかすごく街宣車で騒音出している方々に、読んでてイメージが被ってしまいました。
    本当は良い事が書いてあるかもしれませんが、節々で池袋でよく大きな音で
    演説している方々がフラッシュバックして、気持ちが下がってしまいました。

  • 日本人はなぜ戦前を否定するのか?
    本当の日本人のアイデンティティとは?
    天皇とは?
    日本の文明って本当はどんなもの?
    といった日本人なのに実は知らない!!という内容が盛りだくさんです。

    戦時中の西欧諸国の陰謀、策略によって歪められた日本人の魂を思うとちょっとショックだったりします。

    ただ、歴史的な資料等の裏付けを元に書いてあるとはいえその資料を私は見ることができないのでそれって本当なの??と疑いたくなるような内容も実際あります。

    今後本書に書いてあることが真実であれば、それが皆が知っている既成事実になるかもしれません。

    最近ナショナリズムを謳った書が増えていますが本書は、その潮流に乗ったものの中でも必読だと思います。

  • 途中までしか読んでないんですが、

    なんというか、すごくのめりこんで読んでます。

    この人の作品ほかのも読んでみたい

  • さまざまな文献を読めば読むほど、日本は「負けた」ということがよくわかる。「負けた」日本は、さて、どうしようね?今さら明治や昭和初期には戻れない。このまま大正ロマンで、いつかどうしようもない大風が日本国民全員を吹き散らすまで柳のように揺れながらいくのだろうか?(2008.1.15)

  • [ポイントメモ]

    そもそも日本とはどんな国なのか?

    なぜ我々はあいまいな日本という印象を持たざるをえなくなるのか → 「戦後」

    「歴史認識」=太平洋戦争をどう見るかに一点集中させられてしまっている

    GHQによる日本弱体化戦略 日本人を精神的に弱体化させる 神道指令(昭和20年)→ 神道、皇室、歴史教育の全面否定 歴史を社会科として教えているのはおかしい 社会科とは民主主義・個人主義を注入しよき市民を作り出す教科。

    歴史教育は他国では非常に重要視されている教育。

    戦後の嘘
    終戦→敗戦 進駐軍→占領軍 自衛隊→日本軍 自主憲法 憲法九条が平和を守った 戦後の民主化が高度成長を促した→西側陣営に属して有利な輸出市場を持った、農村人口が30%を割り急激な消費文化になった

    戦後日本は社会主義の実験場だった

  • タイトル買いした一冊だが、戦争責任や天皇制そして日本文明(≠文化)などから日本のアイデンティティが説かれている。これらのテーマから察せられるとおり、ベタベタの右寄りの本。とはいえ、著者の極端な解釈に至るまでの記述は、史実の要点がまとまっていおり、自分なりの立ち位置で読む限り、日本人として知っていて損のない内容。---2009.02.05

  • 0612

  • 江藤淳 忘れたこと、忘れさせれたこと S20年代の前半 歴史洗脳 真実はかうだ 侵略戦争非難宣伝計画

  • 戦後からどのようにして今の日本になったかが垣間見える本.

    アメリカと日本

    宗教と日本

    天皇と日本

    様々な角度から見ている.

    意見を持つことの大切さをしみじみと感じた.


全87件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

中西 輝政(なかにし・てるまさ)昭和22(1947)年、大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。ケンブリッジ大学大学院修了。京都大学助手、三重大学助教授、スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学教授を経て、京都大学大学院教授。平成24(2012)年に退官し、京都大学名誉教授。専門は国際政治学、国際関係史、文明史。平成2(1990)年、石橋湛山賞受賞。平成9(1997)年、『大英帝国衰亡史』(PHP研究所)で第51回毎日出版文化賞・第6回山本七平賞を受賞。平成14(2002)年、正論大賞受賞。近著に『アメリカ帝国衰亡論・序説』(幻冬舎)、『国民の文明史』『日本人として知っておきたい「世界激変」の行方』『日本人として知っておきたい外交の授業』『新装版 大英帝国衰亡史』(以上、PHP研究所)、『チャーチル名言録』(扶桑社)などがある。

「2018年 『日本人として知っておきたい世界史の教訓』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)のその他の作品

中西輝政の作品

ツイートする