日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.37
  • (35)
  • (75)
  • (110)
  • (18)
  • (16)
本棚登録 : 705
レビュー : 87
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569648446

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦後、私たちが喪ったものはあまりにも大きい。公教育でばら撒かれる歴史の捏造。歪められた皇室観。反日を是とする風潮。護憲派の偽善。私たちの「常識」は、すべてGHQの洗脳の産物である。ここから抜け出さないと日本民族は滅んでしまうのではないかと肩を落とす本。しかし、近年、ヴェノナ文書に代表される機密文書の公開が進み、真実がそのヴェールを脱ごうとしている。かつてケネディはこう国民に訴えた。「国家が国民に何かを為すことを期待するのではなく、国民が国家に貢献できることを考え行動して欲しい」と。真実が白日のもとにさらされつつある今日、日本人が自律して行動する時にさしかかっている。彼が問いかけたように。ただ、一連の情報公開で彼が容共主義者と暴かれないことを祈るのみである。余計なお世話だが。

  • 日本は一国一文明。世界中の文明論者が日本文明を文明のひとつに数えている。
    騙すより騙されろと子供に教える国。
    日本ではきれいとかきたないとかいう美的感覚に基づいて自らの行動を律している。

    何度でも読みたい本です。
    日本人である幸せを感じます。

  • 天皇制、戦後の米軍の日本人教育について、学校の歴史では教わらなかったことが、詳しく書かれている。

    我々日本人はもっと日本の歴史の勉強をしないといけないといけない。

    若い世代の人たちにも、ぜひこの本を読んでもらいたい。

  • すごい本でした。

  • 日本人でありながら日本に対して否定的な意識を持っている人にこそ一読して欲しい内容。多少極端とも見える表現もあるかもしれませんが共感できる指摘だと思います。

  • 超超×100分かりやすかったです。
    なぜ、戦前とか第二次世界大戦などなど、日本人が否定的なのか分かりました。

    嘘ばかりを教える教科書は、即刻変えるべき。

  • 戦後からどのようにして今の日本になったかが垣間見える本.

    アメリカと日本

    宗教と日本

    天皇と日本

    様々な角度から見ている.

    意見を持つことの大切さをしみじみと感じた.


  • 戦後の自虐史観にどっぷり染まった方々は
    この本を見なさい。
    この本の揚げ足をとる人は「もうその時点で」戦後の自虐史観そのままの反応をしていると思ってよろしいです。
    あなたはどう反応するでしょうか?

  • 考えさせられる内容でした。
    日本人とは本来こうであったということを、教えられた感じです。
    もちろん、この本が全てとは言わないけど、大東亜戦争での日本人の姿に対しての考え方が変わりそうです。良い方向に。

    しかし…やはりこういう本を読むとつくづく思いますが、ロシアは怖いです……

著者プロフィール

中西 輝政(なかにし・てるまさ)昭和22(1947)年、大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。ケンブリッジ大学大学院修了。京都大学助手、三重大学助教授、スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学教授を経て、京都大学大学院教授。平成24(2012)年に退官し、京都大学名誉教授。専門は国際政治学、国際関係史、文明史。平成2(1990)年、石橋湛山賞受賞。平成9(1997)年、『大英帝国衰亡史』(PHP研究所)で第51回毎日出版文化賞・第6回山本七平賞を受賞。平成14(2002)年、正論大賞受賞。近著に『アメリカ帝国衰亡論・序説』(幻冬舎)、『国民の文明史』『日本人として知っておきたい「世界激変」の行方』『日本人として知っておきたい外交の授業』『新装版 大英帝国衰亡史』(以上、PHP研究所)、『チャーチル名言録』(扶桑社)などがある。

「2018年 『日本人として知っておきたい世界史の教訓』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)のその他の作品

中西輝政の作品

ツイートする