日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.37
  • (35)
  • (75)
  • (110)
  • (18)
  • (16)
本棚登録 : 706
レビュー : 87
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569648446

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ●戦後の占領政策、その根幹をなす皇室弱体化や歴史教育が我々日本人に与えた影響がいかに甚大であったかを学べた。

  • 第1章では、敗戦後の占領政策によって日本人の歴史観が歪められてしまったことが説明されています。著者は、GHQに共産主義者が多く入り込んでいたことを指摘して、とくに冷戦がはじまる1948年頃までは、彼らによる社会主義的政策が推し進められていったと述べています。こうした状況の中で、国民の間にナイーヴな「青い山脈」的理想主義が広まっていくことになりました。やがて左翼的理想主義は崩壊しますが、多くの国民はそれに代わる国家観を持っていなかったため、日本人の精神に「真面目さの崩壊」が起こったと著者は主張します。

    第2章は、日本が日中戦争・太平洋戦争へと突き進んでいった経緯を説明しています。幣原喜重郎の「日支友好」の立場は、諸外国の政治的リアリズムを見落としており、このことが日本を危機に追いやったというのが著者の主張です。

    第3章は天皇についての解説が、第4章は日本文明論が、それぞれ展開されています。

    新書ということもあり、リソースがきちんと示されているわけではないのですが、本書の議論は、戦後60年以上経ってようやく公開され始めた各国政府の史料に基づいて展開されているとのことで、いろいろ興味深いところがありました。ただ個人的には、文明の60年周期説というのは、なかなかその真偽を判じがたい仮説にとどまるのではないかと感じます。

  • 過ぎたるは猶及ばざるがごとし

  •  保守派である著者が、戦後体制、戦時中、天皇制について簡単に解説した本。

     第一章で解説している戦後体制(主に教育面)に批判的なのはある程度予想が付いたが、面白いのは戦時中について述べた第二章である。

     アメリカやイギリスが日本軍を恐れたのは「國體護持」を掲げて自己犠牲を厭わない点にあった。そして、戦後体制はそんな日本の力を削ぎ、日本を社会主義の実験場にしようという目的があったと述べている。この件を読んで、戦後の日本は憲法9条に見られるような平和主義の実験場にもなったのではないか。
     
     他には、日本が「大東亜共栄圏」とか「五族協和」、「八紘一宇」というスローガンを掲げてアメリカやイギリスを相手にしたことが誤りである、という記述が気になった。これは中国のように中華思想を持つ国が大人しく日本の掲げる「アジア連帯」に従うことはない、という著者の考えに基づくものである。

     著者の信条に賛同するかどうかは別として、保守派・右派の基本的な考え方を知るのには適した本である。人によってはすでに知っていることが多いかもしれないが。

  • 右寄りの本でした。想像してたのと違う。ただ知識として知らないことが多く、読んでよかった。何事も知らないで否定してはいけないものだなぁ、と感じた、が「終戦の詔書」を原文で載せられて理解できるわけがない。それで都合のよい部分だけ解説して、「~だからこうだ」と言われても納得できる訳がない。

  • そんなことを言われたら、読んでみようか、と思ったんだけど、
    内容は右寄りの1つの思想だと思いました。

    自分は戦争を本当に全然知らない。
    いつも言ってる気がするけど、歴史でも近代をやる頃には、
    学年末になっており、怒涛の勢いで授業するから覚えてない。。。

    なので、書いてある内容で、知らないことがたくさんありました。
    日本の外交や、中国との関係など、かなりうなずけるところもあります。
    また、戦後の戦前~戦中否定の後ろ向き責任論視点によって、
    日本人というのがあいまいになって、事なかれ主義なのも確かにあります。

    しかし、知らない歴史に関して、日本贔屓のことが多く、
    日本がしたことは?っていう部分が抜けてる感じでした。

    しかも言い方が断定的で、そこはまだ明らかになってないんじゃ?
    って思ったりしたんですが・・・研究者じゃないから知らないけど。
    また、左批判が多いのもちょっと。
    世代的にそういう知識や経験がないので、左右の対立を元に書かれても、
    しっくりこない。もう少し客観的事実だけで書いてほしい。
    そんな自分は英米的な事実主義の中道派というのになるのかしら。
    新聞は嫌いで読まないけど、思想や記事がというより、
    拡張員と関わりを持ちたくないからだし。

    天皇に関しても、すっかり日本の象徴としてインプットしているので、
    神道というのもいまいちしっくりきません。日本人が無宗教だと思はないけど、
    1つの宗教を信仰したり共有したりしているという感覚は薄い。

    そんな平和ボケ育ち、無知の自分。

  • はじめの戦争についての章は、予備知識がないと読みづらい。
    けれども、日本人にとっての天皇という章で、天皇が日本国民にとってありがたく尊い存在なのだということを感じた。
    それだけで、天皇をよく知らない人には読む価値があると思う。

  • 著者の中西氏の想いが強過ぎていて、やや説得力に欠ける感があります。

  • 筆者はなかなか特殊な信念をお持ちのようで。
    これも一つの味方であることは間違いがない。

  • 日本人はなぜ戦前を否定するのか?
    本当の日本人のアイデンティティとは?
    天皇とは?
    日本の文明って本当はどんなもの?
    といった日本人なのに実は知らない!!という内容が盛りだくさんです。

    戦時中の西欧諸国の陰謀、策略によって歪められた日本人の魂を思うとちょっとショックだったりします。

    ただ、歴史的な資料等の裏付けを元に書いてあるとはいえその資料を私は見ることができないのでそれって本当なの??と疑いたくなるような内容も実際あります。

    今後本書に書いてあることが真実であれば、それが皆が知っている既成事実になるかもしれません。

    最近ナショナリズムを謳った書が増えていますが本書は、その潮流に乗ったものの中でも必読だと思います。

  • さまざまな文献を読めば読むほど、日本は「負けた」ということがよくわかる。「負けた」日本は、さて、どうしようね?今さら明治や昭和初期には戻れない。このまま大正ロマンで、いつかどうしようもない大風が日本国民全員を吹き散らすまで柳のように揺れながらいくのだろうか?(2008.1.15)

  • 0612

  • 江藤淳 忘れたこと、忘れさせれたこと S20年代の前半 歴史洗脳 真実はかうだ 侵略戦争非難宣伝計画

  • 日本の近代史の勉強 その?

  • 高校を卒業する時に、校長閣下がお薦めになったご本。安倍首相のブレーンの書いたこの本の中身は、僕にとって危険極まりないものとしか思えなかった。それに文明の分け方とかはハンティントンぽくて拙劣ではないか?

  • 知らないことが多くて新鮮なのだが、確信となる証拠(史料・資料)が掲載されていないのが残念でならない。

    読んで損は無い一冊ではある。

  • 戦後GHQの戦略により、いかに日本が骨抜きにされたかが分かった。天皇制についてはあまりしらなかったのでとても参考になった。他の読者から右寄りと指摘されているが、左とか右とかはあくまで相対的に決まるものであり確かに日本基準で言えばそのとおりである。

  • 戦後教育による歴史観の歪み、戦争観の歪みを知るきっかけになる。
    右寄り。
    学校教育と違う考えが得られる良書。
    ただ、天皇云々の話は現代っ子には分かりづらい。

  • 話が飛躍するけど、言いたいことは分かる感じ。国家の品格読んだこと無いけん、何ともいえんけど、同じジャンルの感じがする。

著者プロフィール

中西 輝政(なかにし・てるまさ)昭和22(1947)年、大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。ケンブリッジ大学大学院修了。京都大学助手、三重大学助教授、スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学教授を経て、京都大学大学院教授。平成24(2012)年に退官し、京都大学名誉教授。専門は国際政治学、国際関係史、文明史。平成2(1990)年、石橋湛山賞受賞。平成9(1997)年、『大英帝国衰亡史』(PHP研究所)で第51回毎日出版文化賞・第6回山本七平賞を受賞。平成14(2002)年、正論大賞受賞。近著に『アメリカ帝国衰亡論・序説』(幻冬舎)、『国民の文明史』『日本人として知っておきたい「世界激変」の行方』『日本人として知っておきたい外交の授業』『新装版 大英帝国衰亡史』(以上、PHP研究所)、『チャーチル名言録』(扶桑社)などがある。

「2018年 『日本人として知っておきたい世界史の教訓』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)のその他の作品

中西輝政の作品

ツイートする