13歳からの論理ノート

著者 :
  • PHP研究所
3.49
  • (20)
  • (31)
  • (70)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 377
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (122ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569655604

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 13歳からと書いてあるが、13歳には難しいのでは?とも思える。コンパクトにまとまっているので、短時間で読むことができる。論理的に考えることが学べる。

  • 日経新聞データバンクで培った論理的なものの考え方、議論の仕方について小野田氏が、「論理性」についてまとめた本
    「この本をオススメする人」
    最近になって、論理的にモノを考える力を付けようと思っている人
    【この本を一言で言うと】
    教科書
    読めば読むだけ理解できる。繰り返し読むことで、論理的に考えることが理解できる
    【この本で得られること3つ】
    ・論理的な文章とは、どんな文章なのか
    ・議論することにおいて、論点を確実に捉えて話をする方法
    ・物事を整理して捉え、さらに紐付けも行うようにするための方法。

    感じたこと。
    まず論理性とは
    相手が「納得する」説明または主張をすることである

    この上記3行について
    論理的って言葉ではよく使うけど、
    「これって論理的」って思う
    判断基準はどこに存在するのか。
    自分?それとも他者?
    もし自分のなかに判断基準があるならば、
    自分の価値観で物事を判断するようになる。一つの見方でしか物事を考えられなくなり、偏りが生まれる。自己満足で終わってしまう。

    相手の中に判断基準が存在するとしたならば、相手に対して効果的な「納得させる」理由、「最もらしいな」と言われるものが「論理的な文章」なのだ。

    「最もらしい」って相手に思わせれば良い。それが論理性。

  • 内容は帯に「論理的に生きるためのレッスン」とあるとおりです。

    身の回りの身近なものごとや会話を例にして、
    それらの例を論理的に正しいのか正しくないのかを解説してあります。

    例題を解いていき、解説を読んでいくだけで、
    論理的な生き方の基礎知識を身につけられたので買ってよかったです。

  • 論理とはなんぞや、というのがよく分かる本だった。論文を書くときに参考になりそう。

  • 20110825

  • 読み終わってみると、確かに日本人はレトリックが好きだなーと思う。13歳からとあるものの、「論理的」とはどういうことか教わったことも無ければ、正面から勉強したこともなかったので、この本は基礎の基礎から書いてあって勉強になった。

  • タイトルに「13歳からの」とあるが、内容は大人が読んでも「論理とは何か」を改めて考えることが出来る。

  • 要点がうまくまとめられていて分かり易い。
    13歳のときにこの本に出会えていれば良かった。

  • 可愛いイラストに惹かれて買いました(笑)<br>ロジカルシンキング(論理的な思考)とは違い、もっと狭義な意味での論理的思考をテーマにした本でわかりやすいですが、13歳向けにしてはちょっと難しいような。。中高生で読んでおくといいかもね。<br>
    大人でも論理的に話せない人は案外多いので、「自分は論理的に話せてないかも…」、って思う人は読んだ方がいいかもですよ。

  • 表紙のイラストのカワイさに惹かれて読んでみました。13歳ではちと難しいのでは?
    なんにでも難癖をつけたがる人にぜひ読んでいただきたい。自分の屁理屈がわかると思う。

著者プロフィール

国際通信チェス連盟インターナショナルマスター

「2019年 『13歳からの英語で自分の意見を伝える本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小野田博一の作品

ツイートする