しつけの知恵―手遅れにならないための100の必須講座 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.50
  • (4)
  • (2)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569660660

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 多湖輝さんと言えば、私が子供のころから「頭の体操」というベストセラーがありましたが、心理学者で千葉大付属小学校の校長もされていたという経歴から、このような「躾け」に関する著書もあるのですね。掲載されている知恵は全部で100。心理学的に裏付けされており、自分の幼少時の経験から思い直しても、なるほどと唸る事ばかり。

  • 最近、電車の中で、周囲の迷惑を気にもせず、脚を広げて腰掛けている男性をよく見かけます。恐らく幼児期に電車に乗るマナーを教えてもらわなかったのでしょう。幼い頃に子どもをどうしつけるか。その答えは大人になってから出てくるのです。人に優しく、強くたくましく、創造力に富んだ子に育てるかどうかは、親のしつけ方次第です。子育てに悩むお父さん、お母さんに贈る「しつけのバイブル」。



    とても分りやすくて親的にも納得できる。
    そんな内容の本ですね♪

  • 適度にまとまってる。ボリュームも良好。
    しつけ開始が早い・徹底されているほど後々が楽。
    とはいえ対象になってる年齢は、お話ができる子〜
    ぐらいかな?と思った。もちろん乳幼児の親御さんが読んで
    早すぎることはまったくない。小学校5年生ぐらいまでの子なら
    即、適用できるかな。

  • どうやって社会や家庭のルールを伝え、やる気やエネルギーを阻害しないのか、そういうのってちょっとしたコツ・技術があるんだなって思いました。
    パパがいない分、ちゃんとしなきゃって、気合い入れました〜。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

心理学者。東京大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業、同大学院修了。東京未来大学学長を経て東京未来大学名誉学長。千葉大学名誉教授。東京都「心の東京革命」推進協議会会長。大ベストセラー「頭の体操」シリーズの著者。フジテレビ「IQエンジン」や日本テレビ「マジカル頭脳パワー」、ニンテンドーDSソフト「レイトン教授と不思議な町」等で出題監修にも携わった。2006年、瑞宝中綬章受勲

「2020年 『お金の心理術 上手にお金とつきあう81のテクニック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

多湖輝の作品

しつけの知恵―手遅れにならないための100の必須講座 (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×