明智光秀 なぜ「本能寺」に向かったか (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.43
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569663456

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 水色桔梗の幟が早暁の京の町を埋め尽くす。光秀の凛とした声が、ひそとした本能寺の中へ吸い込まれた。「信長殿の御首、頂戴仕る!」―明智城の陥落から二十数年、信長のもとで異例の出世を果たし、一介の牢人から三十四万石の城主にまで上り詰めた明智光秀。その光秀を「本能寺」へと駆り立てたものは何だったのか。天下万民の幸福を心から願い続けた孤高の智将の生涯を描く。

    2010.8.8読了

  • 2009年夏〜2009年9月12日 実質2週間ぐらい
    読み易さ≫読み易い。

    物語として普通に面白かったです。文章も判り易いし、愛妻家な辺りは大変好感が持てました。カッコよく良い人に描かれてるので、物語の主人公としてすとんと入ってくる感じ。ラストも感じ良かったです。
    思ってたよりお年を召されてたのね〜。
    あと、この時代にその考えが本当にあったのだとしたら、早く生まれ過ぎたんだよねと思いました。<国の治め方とか。
    余り信長の事を知らないのですが、これを読んでますと残酷さに気分悪くなります。リアルに残虐さが描かれている訳では無いんですけどね。

    こんなに好人物がゲームでは何であんな変態にされてるんだろう…。とかちょっと思いました。私の知ってるゲームなんてBASARAと無双だけなんですけどね。

  • 明智光秀が好きになります

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家

「2021年 『北条義時 「武士の世」を創った男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嶋津義忠の作品

ツイートする
×