楊家将〈上〉 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
4.26
  • (245)
  • (158)
  • (113)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1263
レビュー : 140
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569666587

作品紹介・あらすじ

中国で、「三国志」を超える壮大な歴史ロマンとして人気の「楊家将」。日本では翻訳すら出ていなかったこの物語だが、舞台は10世紀末の中国である。宋に帰順した軍閥・楊家は、領土を北から脅かす遼と対峙するため、北辺の守りについていた。建国の苦悩のなか、伝説の英雄・楊業と息子たちの熱き闘いが始まる。衝撃の登場を果たし、第38回吉川英治文学賞に輝いた北方『楊家将』、待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白い!!!
    上巻では、軍人楊業と7人の息子が宋に帰順し愚直に立ち向かう様を描いている。負け戦から殿を選び敵に包囲されていくところで終わる。
    んん~・・・下巻が待ち遠しくもあり今後の展開にハラハラ。
    氏の本は初めてですが、男の強さ弱さを書かせたら秀逸ですね。

  • 時は中国で北漢、宋、遼が争っていた頃。

    主人公の楊業は最後まで武人としてあり続けた。

  • 「北方水滸伝」シリーズの原点。
    中国の大平原を疾走する騎馬軍団の戦闘の描写は、他の追随を許さない。
    文章のみの表現なのに、映画やテレビをはるかに上回る迫力とスピード感で痛快極まりない。
    これを読んで水滸伝、楊令伝、岳飛伝と延々読み続けるハメになってしまった。
    読み始めたら、貴方も北方マジックの虜(とりこ)に!

  • 上下合わせて読む。楊家将演義をベースにした北方氏オリジナル作品らしい。楊業以下7人の息子達の楊家軍(宋)がと敵対する遼との対決する話。戦いを通して死に様を描く。北方氏が思う軍人の生き様が熱く書かれてた

  • 後代十国時代末期、北漢に仕える楊家の物語。

    楊家の長、楊業とその7人の息子たちが活躍する。

    登場する人物たちの人物像がしっかりしており、物語もとても読みやすいです。戦いの様子もわかりやすいし、登場人物の変化なども丁寧に表現されています。敵・味方だけでなく、様々な登場人物の視点から物語が進められるのも、面白いと思いました。

    楊業とその息子たちの間に信頼感があるのが、とても読んでて気持ちが良かったです。
    主人とその家臣の関係も見ていて小気味よい。

    四朗と太后の娘との関係がどうなるかが気になります。
    個人的には六郎が一番好きかも。

  • 長いこと積読していたので、いよいよ読んでみた。

    中国の歴史に詳しくないので、物語に入り込むのが大変だった。
    読めない漢字も多くて、辞書や巻頭の地図と登場人物を何度も確認しながら読み進めた。

    あまりこういった小説に慣れていないので、戦いの場面も
    あまりよく想像は出来なかったけれど、雰囲気は伝わってきたので、最後まで読むことが出来た。

    北漢の帝や文官の愚かさに腹が立つけど、
    あくまで武人であろうとする楊業がものすごく魅力的。

  • 北方謙三の中国時代小説の中でも最高傑作だと思う.

  • 時は十世紀末。職人的戦闘集団の楊家軍は三万弱の精鋭部隊を擁し、その長の楊業(楊令公)は用兵術に長け、七人の息子、長男延平、二郎延定、三郎延輝、四郎延朗、五郎延徳、六郎延昭、七郎延嗣もそれぞれ鍛え上げられた強者揃い。

    初め北漢に属し、随一の兵力で中原の宋や北の遼の圧力によく耐えていたが、北漢の帝に疎まれ、やむなく宋に帰順。遼に対する宋の北の守りの要として重きを為すに至った。

    上巻は全編、調練や軍略、戦闘のシーンばかり。その中で、遼の名将、「白き狼」耶律休哥との手に汗握る戦闘シーンには引き込まれた。

  • 著者:北方謙三(1947-、唐津市、小説家)

  • 中国が舞台の歴史小説は初めてだったけど、ものすごくおもしろい。

    展開が早くて中弛みしないし、人物も様々で、それぞれに特徴がはっきりあって一人一人にドラマがあって、一切飽きない。

    あと半分で終わってしまうのが惜しい。。

全140件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北方謙三

一九四七年、佐賀県唐津市に生まれる。七三年、中央大学法学部を卒業。八一年、ハードボイルド小説『弔鐘はるかなり』で注目を集め、八三年『眠りなき夜』で吉川英治文学新人賞、八五年『渇きの街』で日本推理作家協会賞を受賞。八九年『武王の門』で歴史小説にも進出、九一年に『破軍の星』で柴田錬三郎賞、二〇〇四年に『楊家将』で吉川英治文学賞など数々の受賞を誇る。一三年に紫綬褒章受章、一六年に「大水滸伝」シリーズ(全51巻)で菊池寛賞を受賞した。

「2019年 『魂の沃野(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北方謙三の作品

楊家将〈上〉 (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする