ちょっとした勉強のコツ (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.48
  • (16)
  • (23)
  • (46)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 383
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569671253

作品紹介・あらすじ

社会人になって数年経ち、こどもの頃はイヤで仕方がなかった勉強の面白さに目覚めたり、人生の半ばを過ぎて学び直しておきたいことが出てきたり…。本書は、そんなあなたに、勉強時間の作り方や効率よく勉強するコツをわかりやすく説いたヒント集です。集中して取り組む、自分をおだてる、反復する、時間を区切る…、毎日の生活の中に、勉強する仕組みをつくるための外山ノウハウを紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 脳は脳だけで機能完結しているわけではない。脳の働きには、身体が強く影響しているので、両方を考えてあげないと効果が出ないよ、という内容。

    まずは、姿勢を正しますか…

  • エッセイのように書かれており、非常に読みやすい。パラパラと一気に読み進めることができた。”ちょっとした”ことの中に、見落としてしまいがちな、それでいて大切な”コツ”に気づかされる。
    ただ、連載コラムをまとめて書籍化されたようで、何回か重複した内容や似たような論説も出てくる。「あれ?これ、前に書いてあったような…」と。しかし、逆にそれが”反復”になって理解を深めることができたと思う。学習にはなによりも反復練習が大切なのだから。

  •  最近、外山さんの本がお気に入りで、片っ端から読んでいます。

     名著『思考の整理学』に比べると、この本はもともと雑誌の連載だったということで、とても気軽に読み進められますが、その分、ちょっと他で読んだことがあるような話が、だぶって出てきている部分も散見されます。

     まあ、どうせ一度読んだくらいでは忘れてしまうので、それを思い出させてくれていると、前向きに解釈することにいたしましょう。

     自分が勉強するときのコツばかりではなくて、自分の子どもに勉強させるコツもあります。もうあまり勉強はしないなあという世代の方も、読んでみる価値はあると思います。

  • ちょっとした、コツ。思考の整理術と同様に繰り返される事柄(セレンディピティや三上)も多く、2冊目にして著者の考え方の輪郭がわかってきたように思う。自分の日常にどう習慣として取り入れられるか。

  • 勉強を始める前に読むと良い本。薄いのでささっと読める。定期的に読み直したい。

  • 若干、言い過ぎなところがありますが、勉強のコツをユーモアを交えつつわかりやすく説くもの。面白い。

  • 思考の整理学で有名な著者だが、どうにも年寄りの与太話としか思えない。暇つぶしには良い本だが、、、

  • 実はこのセンセイの本意外と読んでいる自分に気がつきました。
    多分好きなんです(笑)。

    文字も少し大きめで小さい文字の文庫本好きとしては、現代風の本の構成がもの悲しくもありましたけど。

    同作者での他の本でも紹介されている、朝食は抜けたほうがよい、という発言は以前実行しようとしましたが自分には合わないことが判明しました。
    でも、空腹時には重要事項を行うようになったし、気分転換も増やすようになって結構影響を受けている作者さんだったりします。

  • 自己啓発

  • 学問の魯山人。ちょっとしたコツだが重みがある。

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

お茶の水女子大学名誉教授

「2019年 『やわらかく、考える。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ちょっとした勉強のコツ (PHP文庫)のその他の作品

ちょっとした勉強のコツ Kindle版 ちょっとした勉強のコツ 外山滋比古
ちょっとした勉強のコツ 単行本 ちょっとした勉強のコツ 外山滋比古

外山滋比古の作品

ちょっとした勉強のコツ (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする