企画脳 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.47
  • (32)
  • (100)
  • (106)
  • (29)
  • (4)
本棚登録 : 771
レビュー : 106
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569671994

作品紹介・あらすじ

『おニャン子クラブ』『とんねるず』『あずきちゃん』『川の流れのように』『Oh!マイ・コンブ』『愛が生まれた日』『湯川専務』『着信アリ』『イ・ビョンホン』『象の背中』『ジェロ』『AKB48』…。秋元康が関わる仕事は、なぜ、こんなにヒットするのか?20年以上、トップを走り続ける天才クリエイターの思考回路はどこが違うのか?秋元康の頭の中を見てみよう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 考え方、発想力をつけるヒントがわんさか。
    面白かったです。秋元さんって臨機応変、すごく柔軟な頭をお持ちなんだなぁと。
    「幕の内弁当になるな」とか「みんなが行く野原に野イチゴはない」とか「カルピスの原液をつくれ」とか、『なるほどぉ~』とホントに納得!
    ビジネスマン向けの本だけど恋愛術やツキ・占いの件りも興味深く読めました。


    ↓この言葉が私の仕事には一番必要かも…(P.232)

    『才能とは、形のない、ある種の「可能性のパワー」のようなものだ。それに形を与えるのは、「汗」である。
     たとえ才能があっても、「汗」をかく努力をおこたる人間は、「運」を生かすことができない。』

  • 意外と目のつけどころや表現の仕方がおもしろい。
    マルチな才能と見ていたが実はそうではなく、意外と一本信じるものがあり、共感できる部分がある。
    特に「幕の内弁当になるな!」(広く浅くすべてがそれなりに良いではだめ)という表現はとても好き。
    ま、実際の幕の内弁当も嫌いなんだが.....。

  • 『成功はすべてコンセプトから始まる』木谷哲夫 著 ダイヤモンド社 参考文献

  • 図書館
    企画
    アイデア
    発想

  • 数ある企画本の中でも、共通してみんなが断言することがある。

    ・一言で言える企画が面白い企画
    ・何でもいいから一つのジャンルを深堀して、得意分野を持つこと
    ・根拠のない自信を持つこと

    自分を俯瞰できるというのが秋元康の最大の強みだと思った。また、PRの代名詞・嶋浩一郎さんと同じく秋元康は「情報は整理せず、散らかすべきだ」という。

    チャンスが来るときというのは、日常に小さな変化があるとき。すべてのバッターボックスで、同じフォームで同じスイングをしても意味がない。今、何ができるか、何をすべきなのか。そのときの状況、自分のコンディションを見極め、一番いい結果を出せるように挑もうと思った。

  • 嫌われたくないと思っている間は、好かれることはない。
    好きでも嫌いでもない人が周りに100人いるより、99人に嫌われても1人に超絶好かれる。

    どっちつかずが1番おもしろくない。

  • この本が出る何年前でも何年後でも、インタビュアーが誰であっても全部同じサイズで同じことを言ってることに気付いた。
    あと10年後ぐらいに『ま、今まで言ってきたことは全部ウソですけどね』って言いそうで面白い。
    だとしてもすごく為になる一冊。
    時代の詐欺師ですしね。

  • 実績のあるスマートさ。本人が話すので説得力もあるし書いてあることは腑に落ちる。自分の考えに自信が持てたという意味でもいい本だったと思う。一冊くらいこういう本読むといいと思う。

  • ちょう普通

  • ・「昨日」とは違う「今日」をつくること。
    →どれだけ周りの景色を視界に入れられるか。レストランなどで頼んだことないメニューに挑戦できるか。
    ・つい他人に話したくなる話題を集める
    ・無駄な時間こそ大切にする。
    ・小さな変化は運が向いてきた証拠

全106件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

5月2日、おうし座生まれのO型。作詞家、放送作家、プロデューサー、漫画原作者など多方面で活躍。

「2015年 『あずきちゃん なかよし60周年記念版(5)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

企画脳 (PHP文庫)のその他の作品

企画脳 (PHP文庫) Kindle版 企画脳 (PHP文庫) 秋元康

秋元康の作品

企画脳 (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする