企画力 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.92
  • (33)
  • (47)
  • (29)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 323
レビュー : 42
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569673219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 電子書籍版を購入。

  • 原点。
    この本(当時は文庫化されていなかった)を読んで、
    仕事の考え方の枠組みが大きく変わったように思う。

    [more]
    人間と組織を動かす力それが、企画力
    企画とは、実行されて初めて企画と呼ぶ
    企画力とは「物語のアート」である
    「最高の企画書」とは「最高の推理小説」である
    「知識」を学んで「知恵」を掴んだと錯覚するな
    企画書では「企み」を語れ
    「何を行うか」よりも「なぜ行うか」を語れ
    タイトルで「企み」を語るそれが、最高の「掴み」
    これから何が起こるのかその「ビジョン」を語れ
    「企み」を「戦略」に翻訳せよ
    読みやすい企画書は「自問自答」のスタイル
    読み手の「思考の流れ」を導け
    「三の原則」を用いて企画書を削れ
    企画書は「一人歩き」すると思え
    顧客企業の担当者は「同志」である
    「攻め」だけでなく「守り」に強い企画書をめざせ
    「表の企画書」だけでなく「裏の企画書」をつくれ
    企画書とは「営業の品質管理」である
    営業担当者を企画会議に参加させよ
    没にした企画の数が企画の凄み
    顧客の心を読み、言葉を選び、迷いを捨てよ
    企画書は読み終えた一瞬が、勝負

  • 顧客目線と気づき、営業担当との暗黙知の共有、社内根回し。

  • 企画力には、実行力も含まれる。
    実行されなければ、企画とは言えない。
    しかし、いまは企画を立てることと、実行することが切り離されている。
    この知行分離が現代の病だ。

  • ・この問題を解決してはどうでしょうか?と隠れているニーズに対して提案をする。
    ・企画とは良い方に向かうように企てる事。
    ・計画は”何をするか”時間ややる事・工程を並べる事。それに対して企画は”なぜそれをするのか”
    ・企画は立案から相手の行動を動かすまでが企画。立案で終わっている事が多い。
    ・企画書は先を読ませない。先を読みたくなる企画書(物語)を創る。
    自分の考え方が甘いなと感じた。

  • 済み

  • 実行力の原動力になるものが企画。それには、物語性を持たせる。夢を見させるのだ。それは芸術のように美しいものであるといいい。でも、夢だけでなく、現実ともバランスのとれた中庸の道を保つべし。
    また、自問自答も大切な手段である。
    なぜを追求し、顧客に興味を持ってもらわないといけない。それには、問題提起をする必要がある。

    企画には、自立性が必要であって、説明資料となってはいけない。単独で一人歩きできるものにしないといけない。

    個人的にもっとも大切なのは、個人技に頼らないこと。

  • 職場の上司たちが口を揃えておすすめしていた本だったので、読んでみました。とても勉強になります。

    企画は、実際に実行出来ないと意味をなさない。
    なので、企画力とは、実行力のこと。
    また、実行出来るよう、組織を動かす力であること。

    人を動かし、組織を動かし、その企画をなすために、企画書が必要であること。
    そしてその企画力はそれ自体に魅力をもたせ、完結性をもたせること。

    すぐに使える考え方ばかりでした。営業はもちろん、営業企画や商品企画、営業アシスタントや組織をマネジメントする人にとっても、勉強になる1冊だと思います。非常に読みやすい本なので、おすすめです。

  • ・「最高の企画書」とは「最高の推理小説」である
    ・「何を行うか」よりも「なぜ行うか」を語れ
    ・タイトルで「企み」を語る。それが、最高の「掴み」
    ・社会や市場や企業に「これから何が起こるのか」、その「ビジョン」を語れ。
    ・「企み」を構造化された目標に翻訳せよ
    ・読みやすい企画書は「自問自答」のスタイル
    ・「三の原則」を用いて企画書を削れ
    ・関係者からの想定質問に耐えうるように「ディフェンシブ」な姿勢で見直す
    ・以下の順で書く
     表紙のタイトルで「企み」を短く、力強い言葉で。
     第一ページで「企み」の背景にある「ビジョン」を。
     第二ページで「企み」を「目標」に翻訳
     第三ページからは「目標」⇒「戦略」⇒「戦術」⇒「行動計画」

  • 非常に読みやすく要点がまとめられている。
    参考になることも多かった。良書である。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

多摩大学大学院教授

「2018年 『深く考える力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

企画力 (PHP文庫)のその他の作品

企画力: 人間と組織を動かす力 オンデマンド (ペーパーバック) 企画力: 人間と組織を動かす力 田坂広志

田坂広志の作品

企画力 (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする