斎藤一人の道は開ける (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
4.37
  • (55)
  • (23)
  • (12)
  • (0)
  • (3)
本棚登録 : 322
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569675824

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まるで直接自分にうれしい説教食らってるみたいでした。
    ありがとう。7回読んで、実行です。

  • 前に見た時と違う角度から見ることが出来た。
    と言うか違う解釈で読めたと言えばいいかな。

    精神論ばかりを語ってると思ってたが、長い間眠らせて再度読みその深さに気付いた。

    ・魅力とは「自信」があってもいばらない「優しさ」を持った人

    ・成功しても態度を変えない

    ・勝てる人間になるには、見栄を捨てて優秀な人間に素直に学び、それをさっさとやる人

    ・人間の真価は勝った時より負けた時に出る
    勝った時に驕らないってのは意外と簡単だけど、
    負けた時に腐らないことが中々難しい

    ・悔しさはバネにならない
    嫉妬心や復讐心とかそれはイヤなもので煮えたぎってる、それじゃ愛の言葉も出てこない

  • はっとさせられることがたくさんあって面白かった。
    一人さんの話はなるほどなぁ って沁み込んでいく感じがする。

    ・マイナス感情はバネにならない。
    ・嫌な人を心で思ったまま人は絶対に幸せにはなれない。
    ・持ち上げているときに実力をつける。そうしなければ、そのうちに落とされて怪我をすることになる
    が特に考えさせられた。

    他にもためになることがたくさんあった。
    何度も読み直したい。

  • 人は考え方一つで幸せになれるんだよって言葉が凄く心に残っている。
    目の前の人を喜ばせることや幸せにすることを意識すること、すべてのことに感謝して生きようと思った。

  • 宗教臭い面も多々あって、気持ち悪いと感じることもあったけど、この思考方法が引き出しの一つとしてあれば、気持ちが楽になると思います。

  • 面白かった!
    今までにない自己啓発本というか、ビジネス本というか…人生の考え方の本だった。今まで読んだことのある自己啓発本は、どちらかというと『目標をもて』という大前提があった。それに向かってどう生きていくか、というものが多かったように思う。斎藤一人さんは違う。

    「夢が分からない?おまえ、よかったじゃないか。(中略)夢がなければこれから何でもできるぞ」

    「『今会社の役に立つこと』が何より大切」
    「今いるところで必要とされる人になる」

    今目の前にある道を真摯に進んでいくことが重要だと教えてくれる。人としての魅力が大事なのだと気付かせてくれる。一人さんの優しいことばで語られる。

    一人さんの魅力を十分に感じ、自分もそうなりたい、と思わせてくれる、一冊。手元においておきたい本ですね。

  • 人の幸せを考えて、一生懸命やると他力がつく。

  • ★5
    No Library

  • 知らずに購入2回目。マイナス言葉禁止。一言一言意識しよ!

  • 日本一の納税者「斎藤一人」
    斎藤一人流の道の開くにはついて書かれている本です。
    人として魅力を身につけたい。そんな方にオススメです。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大分県中津市生まれ。たこ焼き屋の行商から商売をはじめ、日商平均 25 万円を売るたこ焼き屋として、メデ ィアで大反響になる。
現在経営する中津市のダイニング「陽なた家」、「夢天までとどけ」、福岡市中央区の居酒屋「大名陽なた家」、 「陽なた家茂虎」「博多屋台 幸龍」はいずれも口コミだけで全国から大勢の人が集まる大繁盛店になっている。

「一流の人材を集めるのではなく、今いる人間を一流にする」というコンセプトのユニークな人財育成には定 評があり、数多くの講演、セミナーを実施。 「人の在り方」を伝えるニューリーダーとして多くの若者から圧倒的な支持を得ており、累積動員数は述べ 30万人にのぼる。また、鹿児島県南九州市にある「知覧ホタル館」の特任館長も務め「知覧フォーユー研修さくら祭り」など、自身が提唱する「フォーユー精神」を培う研修を行っている。経営、講演だけではなく執筆、人財育成、出版スタジオ、イベント主催、映像編集、コンサルティングなど数々の事業展開をこなす実業家で ある。

「2020年 『好きな人と「だけ」生きていく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永松茂久の作品

斎藤一人の道は開ける (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする