「死」の博学事典 (PHP文庫)

  • PHP研究所
3.50
  • (2)
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569677972

作品紹介・あらすじ

人は死んだらどうなるのか。死ぬ瞬間に何が見えるか。死への恐れは克服できるか。不老長寿は可能か-。洋の東西を問わず様々な学問を通して研究されてきた、人生の最期。本書は、「5段階の死の受容プロセス」「延命治療の可能性」など、社会学・医学・心理学・宗教・哲学・生物学の視点から叡智を結集し、人類永遠の謎に迫る。あなたの死生観を見つめなおすための小さなバイブル。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • "コンパクトにまとまった死にまつわる事柄を集めたもの。
    宗教観、哲学、科学的視点、心理的な視点、など様々な視点から死を見つめる。
    末尾にある本紹介があるのもうれしい。"

  • 医学的観点から見た死、宗教・哲学的観点から見た死、細胞単位で見た死が簡潔にまとめられている。これで興味を持ったものについて別の詳しい本を読むのが正しい使い方なのかな。再生医療の記述はちょっと理解がまちがってると思う。

  • 死についての雑学本。死というとらえきれないものを、医学、心理学、哲学、宗教、生物学など色々な分野=視点 から眺められて面白かった。

  • 配置場所:摂枚文庫本
    請求記号:114.2||S
    資料ID:95120435

  • 医学、心理学、哲学、生物学といろんな学術的な側面からの「死」の捉え方に関する雑学本。それぞれの学術分野での専門本に比べれば(というほど読んだことはないけど)広く浅く、文字通りの雑学といった感じで、興味をもつ部分があるとそこは少し物足りないかな。ただ、死にまつわる知識を気軽に読めるという点ではお勧めできます。

  • 生(性)と死を考える事は人類が人類たる由縁である。

    あらゆる分野が死をどのように捉えているか。
    とても参考になります。

    戸籍制度上の死とは、精神医学の世界は、哲学はどうかなど。

    多方面、多ジャンルに渡っての事典はおそらく初めて読みました。

    日本でも色んな事があって死を考える機会は増えたと思う。生きている、残された者が死者を思う気持ちは大切で、また死を考える事は生きる事を考える事だから、そういう時に事典は便利。

    なぜなら事典だから。

  • 「自分だけは死ぬことがないだろう」と思うのが人間。死を受け入れる5つのステップは、頭に入れておいたほうがよい。

  • 何からが死かとか、医療とか細胞がどうのとかって話まで、死にまつわるいろんな知識が網羅されてる。

  • 荒俣さんの名前で買ったけれど、あくまで監修で、それなりには面白かったけれど、なんとなく思っていたのとは違う感じでした。専門的で難しい部分もあったしね。

  •  博物学者で濫読家でもある著者が、その広大な知識を以って社会学・医学・心理学・精神医学・宗教学・哲学・生物学の各視点から【死】を説明する、より良く生きるため・より良く死ぬためのヒントが満載!
     当事者や遺族に得になる話もあり、死ぬ前に一度は読んでおきたい好著。

全10件中 1 - 10件を表示

「死」の博学事典 (PHP文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×