「どうして私ばっかり」と思ったとき読む本 (PHP文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.39
  • (5)
  • (8)
  • (12)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 178
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569678481

作品紹介・あらすじ

いつも「私ばっかり」面倒な仕事を押しつけられている。くやしい……。▼いつも「私ばっかり」気を遣っていて、相手は好き勝手生きている。ズルい……。▼なんで「私ばっかり」悪いことや不幸が続くんだろう。ツイてない……。▼そんなふうに思ったことはありませんか?▼本書では、カウンセリングを25年近く続け、多くの悩める老若男女と接してきた著者が、「どうして私ばっかり……」となってしまう深層心理を解明するとともに、そこから抜け出すための考え方と具体的行動法を紹介。▼「自分も周りも幸せになれる生き方」を模索している人は必読!▼文庫書き下ろし。▼『「どうして私ばっかりが……」というような気持ちになってしまうのは、あなた自身が、「自分を大事にしていない」ということなのです。あなたの中に燻っているそんな「損する」気持ちを解消しながら、同時に、自分自身を大事にする方法を、この本でレッスンしていただければ幸いです』──本書「まえがき」より

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 知識としては何となく知ってはいたことが腹落ちし、たくさんの気付きが得られた本

    自分の親も苦しんでいたんだと思えたことが一番大きい

    我が家は色んなことがあるべき論で成り立っていて、自然と損な考え方をしていたのではないかと思う

    個々人には「選択の責任」があり、断る自由がある

    他者中心になっている人は、心の眼を他人に奪われていて相手の言動には敏感だが自分の感情や感覚に気づくことができない

    「自分のために」ができない人は自分の中に「しなければならない」が初期設定されている
    「したい、したくない」という感情を基準に入れる

    マイナスの感覚を感じとる能力は高くてもプラスの感覚を感じとる能力が低い人が多い

  • 最近仕事で苛々することが多かったような気がしますが、この本を読んでだいぶ落ち着きました。あとは、それを実践すること。
    ストレスフリーとまではいかないにしても、自らストレスを呼び込むような仕事のしかたはしたくないものです。

  • 「どうして私ばかり…」という考えで頭がいっぱいになったことがあり、その状態になった時の解決策・打開策を知りたいと思い読むことにした。

    なぜ、そのような状況になってしまうのか、どうすべきか、が書かれていて客観的に見ることができ参考になった。ただ、書かれていること全てが「なるほど」と納得できたわけではないので、★4つ。

  • 2018/11/25読了

  • 図書館で借りた。ちょっと自己を振り返り

  • はんぶんはどうしてそんしているかがどこまでも買いてある感じ。
    後半からどうしたらいいか書いてある感じでした。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

医療ジャーナリスト、心理カウンセラー。「自分中心心理学」を提唱しメンタルケア分野の本を著している。「自分中心心理学 オールイズワン」代表。國學院大學経済学部卒業。日本カウンセリング学会会員。著書多数。

「2020年 『「また断れなかった…」がなくなる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石原加受子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小池 龍之介
榎本 まみ
有川 浩
やました ひでこ
池井戸 潤
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×