はるだ はるだよ! 10ぴきのかえる (春のおはなし【4歳 5歳からの絵本】) (PHPにこにこえほん)

著者 :
  • PHP研究所
3.53
  • (5)
  • (11)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 224
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569680323

作品紹介・あらすじ

困難に負けない勇気と希望、仲間と協力することの大切さを教えてくれる、読み聞かせにぴったりの「10ぴきのかえる」シリーズ。

 

 冬の間、地面の下のふゆごもりハウスで眠っていた10ぴきのかえるが、目を覚ましました。

 「はるだ、はるだ! ふゆごもりは おしまいだ!」

 10ぴきのかえるは、ちょうちょうさんやかたつむりさん、どじょうじいさんに元気よく挨拶をします。野原へ行くと、たんぽぽやつくしんぼを見つけ、ふゆごもりから目を覚ました他のかえる達も出てきました。

 みんなで、まだ寝ているかえるを起こそうと崖の下までいくと、穴の中から、おおいびきが聞こえてきました。ねぼすけがえるがいると思った10ぴきのかえるは、「はるだよ、はるだよ、おきなさい!」と声をかけますが、いくら呼んでも返事がありません……。すると、ぬうっとこちらを向いてきたのは……!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10ぴきのかえるシリーズ。いつもながらに明るい雰囲気で楽しい内容、これまで登場しないヒロインのようなかえるさんが出てくるのも面白い。読みやすい絵本だと思う。

  • 娘:5歳1か月
    図書館に行く度にこのシリーズの絵本を借りたいと言う本の一つ。
    借りたのが1月だったので、時期外れですが、一人で楽しんで読んでいました。

  • はじめてかえるシリーズ読みました

    春のイキイキ感を感じます

  • 図書館本。長女選定本。春になり出てきたカエルたち。軽快なストーリーが好みのようです。

  • 図書館本。長女選定本。春になり出てきたカエルたち。同じく春に目覚めたヘビから逃げてお花見

  • ふゆごもりハウスから出て春を満喫
    みんなに挨拶きたり、蛇に追いかけられたり、かわいい女の子のかえるに出会ったり
    みんなでお花見

  • 全部貸し出し中 人気
    り。1151
    5y10m

    じ。508
    3y1m

  • 3歳6ヶ月の長男。
    最初のかたつむりのゆっくりしたトークで、ゲラゲラ。つかみはOK。
    特に、お弁当を作ったり、敷物を準備したりしている様子が、遠足のように見えたようで、色々と興味を持って見てました。
    最後にお花見の場面を見て、「お花見したいね?」と言ってました。
    ちゃんと春を感じてくれたようです。
    https://www.ehonlog.com/books/125

  • この本のシリーズにハマったようで、自ら本を読む機会も増えました!

  • ふゆごもりから目覚めた10ぴきのかえるたち。まだ寝ているかえるを起こそうと、よびにいった穴にいたのは?


    UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本の貸出をしています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    貸出方法については、ユニリーフのHP http://unileaf.org/ をご覧下さい。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

主な作品に、詩集『山が近い日』(理論社)、『チャコのアルバム』(草炎社)、『ひつじのななちゃん』(フレーベル館)、「10ぴきのかえる」シリーズ(PHP研究所)、「ころわん」シリーズ(ひさかたチャイルド)などがある。

「2019年 『しろいしろいころわん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

間所ひさこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×