10ぴきのかえるのピクニック (春のおはなし【4歳 5歳からの絵本】) (PHPにこにこえほん)

著者 :
  • PHP研究所
3.46
  • (7)
  • (14)
  • (22)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 267
感想 : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569685922

作品紹介・あらすじ

子供たちに大人気のシリーズ「10ぴきのかえる」の14巻目。▼春になって日差しがあたたかくなりました。10ぴきのかえるは、うきうき野原へけろけろピクニックにでかけました。昆虫や草花も明るい日差しをあびて元気いっぱいです。▼10ぴきのかえるがうきうき野原に着くと、野ばらの茂みの中から小さなきいきい声が聞こえてきました。茂みの中では、しっぽに怪我をしたねずみの子が泣いていました。かえるたちは、傷口を手当てしてあげ、もってきたお弁当やおやつを一緒に食べました。迷子になったねずみの子の家を、かえるたちが探してあげることにしました。途中でもぐらおばさんに出会い、がさがさやぶに住んでいる、かやねずみのこどもだとわかり、早速向かいます。しかし、道の真ん中で天敵のへびが昼寝をしていました。へびを起こさないようにそろりそろりと通りぬけようとしたその時、へびが目覚めてしまいねずみの子が捕まってしまいました!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10ぴきのかえるシリーズ。題名にピクニックが入っているが、ピクニックのシーンが少ないのはご愛敬か。話の流れはこのシリーズの定番ともいう流れで、漫画のような絵も親しみやすいものです。

  • 3歳11ヶ月の息子に読み聞かせ

    久しぶりの10ぴきのかえるシリーズ

    やっぱりテンポよくて
    読みやすい
    読み聞かせ側も楽しめる

  • 娘:4歳11か月
    このシリーズの本にはまったようで、図書館に行く度にこのシリーズの絵本を借りたいと言っています。
    10匹のかえるがドジったり頑張ったりして最後には何かしら達成して終わるストーリー。自分自身でも読みやすいようでよく読んでいました。

  • 10ぴきのかえるシリーズ。春のお話。ピクニックへでかけたかえるたち。迷いネズミに出会いおうちへとどける。ハプニングもあり。

  • シリーズ物

  • まよいネズミをかえるたちが助ける。
    ねずみのキズついたしっぽをよもぎを薬にするところに反応

    長いものに気をつけての
    へびも大正解でした

  • 図書館本。リクエストの10ぴきかえるシリーズ。迷子になっていたネズミの子を10ぴきかえるが送り届けます。

  • 2020.06.23

  • 春、ウキウキ野原へピクニック
    迷子の怪我したかやねずみの子を見つける
    みんなで家まで送り届けてあげる
    途中へびに襲われるけれどお弁当の残りを投げつけて逃げる

  • 図書館

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

主な作品に、詩集『山が近い日』(理論社)、『チャコのアルバム』(草炎社)、『ひつじのななちゃん』(フレーベル館)、「10ぴきのかえる」シリーズ(PHP研究所)、「ころわん」シリーズ(ひさかたチャイルド)などがある。

「2019年 『しろいしろいころわん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

間所ひさこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×