パンダくんのおにぎり (PHPわたしのえほん)

制作 : いしかわ こうじ 
  • PHP研究所
3.56
  • (3)
  • (6)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569689975

作品紹介・あらすじ

おかあさんとやまのぼりにでかけたパンダくん。おべんとうのおにぎりをたべようとしたら…!?ころころころーん「まってー!」パンダくんといっしょにおにぎりをさがしてね。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大事なおにぎりをパンダくんと一緒に探す、しかけ絵本です。

  • 探す系の絵本にハマってる2歳の娘。
    うーん…と悩みながらも楽しそう。

  • ・図書館にて
    ・1歳11ヶ月時
    ・探し絵本
    ・イントロもツナギも2歳前後に最適!でも、小さなオニギリをゴチャゴチャの絵の中から探し出すにはまだあと少し先みたい。娘、この本どハマり!

  • 図書館で借りたのですが、娘(1歳)、とてもはまってました。借りた当日は、当然なかなかおにぎりが見つからず、指さしポーズのまま人差し指をぐるぐるとページの上で回していた(大人が何かを探すときとまったく同じポーズ……)のですが、2回目3回目となると、そこは幼児の記憶力、あっさりと全てのおにぎりの場所を覚えてしまい、「どこ?」と聞くより先に「あったー!」と見つけ出す始末。こうなってしまうと親としてはこの絵本の醍醐味は味わい尽くしたろうに、何が楽しいんだろうと思えてくるのですが、その後も延々と親に読ませたり一人でパラ見したり……。予定調和的に「必ず見つかる」のはそれはそてで楽しいのかも?

  • おにぎり探せ!でも借りた当時、まだそこまで高レベルなことはできず、結局私が全部探したなぁ。それでも見つけた時は嬉しそうだったけど。今なら一緒に探せるかも☆

  • パンダくんはおかあさんと山登りにでかけました。
    山の頂上でお弁当をひろげたパンダくん。
    大好きなおにぎりを食べようとしら・・・大事なおにぎりがころころころ転がっていっちゃった!
    坂の下では「うさぎさんピアノリサイタル」中。
    沢山の動物たちがいるけれど、ぼくのおにぎりはどこ?

    大事なおにぎりをパンダくんと一緒に探す、しかけ絵本です。
    ペンギンやしまうま、牛など、白黒のおにぎりが隠れるのにうってつけの動物たちが多数登場します。場面が変わるごとに、難易度もアップ!
    どのシーンも楽しいイベント中で、絵本としても楽しめますし、最後にはすてきなオチもあります。

  • パンダくんのおにぎりがコロコロ…おいかけておにぎりを探していく絵本です。
    パきっとポップなイラストが1歳8カ月のこどもにうけています。
    「ぱんぱん」といって毎日読んでます。ただおにぎり探すのはちょっと難しく、あにがすぐみつけちゃうけど、本人はぱんだくんを見つけているみたいです。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

絵本作家。1963年千葉県生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。講談社童画グランプリで大賞受賞。イタリア・ボローニャ国際絵本原画展で入選。
『たまごのえほん』が造本装幀コンクールで、日本書籍出版協会理事長賞を受賞。おもな絵本の作品に『どうぶつ いろいろ かくれんぼ』『のりもの いろいろ かくれんぼ』『ふねくんのたび』『つみきくん』『つみきくんと つみきちゃん』『あかちゃん にこにこ』『あかちゃん はーい』『たまごのえほん』『はなのさく えほん』『りくの のりもの えほん』『そらの のりもの えほん』『パンダくんのおにぎり』『世界を旅するペーパーわんこ』等があり、フランス・中国・韓国・台湾など海外でも翻訳版が 数多く出版されている。

「2019年 『「おめんです」だれがかぶっているのかな?(全2巻)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしかわこうじの作品

ツイートする