伝える力 (PHPビジネス新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.43
  • (439)
  • (1283)
  • (1760)
  • (360)
  • (63)
本棚登録 : 10818
レビュー : 1351
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569690810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中道中立を貫く、そのストイックさが大好きだ。ビジネス本でもその姿勢はぶれない。ただそれはつまらなさに通じるのがイタイ。膝を打つカタルシスを伴う示唆は与えてくれないのだ。話し方講座としても文章指南書としても内容は薄い。これくらいの最大数の最大理解が得られる薄さがベストセラーの条件なのだろうけども。

  • 伝える力。とても大切だと思う。以前、職場の後輩が自分の意見がなかなか上司に受け入れられないと嘆いていたことがある。言われたときは深く考えなかったが、本を読んでから考えると、これは伝える力の話ではないかと、そもそも後輩の思いが上司に伝わってないのではないかと感じた。状況を変えるには、まず自分が変わらなければならない。その状況を嘆いてるだけではなく、自分のほうにまだ改善の余地があるという立場で、伝え方を変えるなど、自分の影響の範囲で行動を続けるほうが賢明ではないだろうか。

  • 私の世代にとっては、NHK週刊こどもニュースのお父さん役として親しみをもっている、池上彰氏の著書。

    子どもキャンプをとおして、子どもに物ごとを「伝える」ことの本質、どのようにしたら分かりやすく「伝える」ことができるのか、その疑問を解決するため、駆け込み寺のごとくこの本に手を伸ばしました。
    この本では、口語として相手へ「伝える」ことよりも、文語として相手へ「伝える」ためには、どのような点に注意し、どのような意識をもって臨んだらいいのか、ということに重きをおいて詳しく書かれています。

    書かれていることの多くはビジネスの場面で活かせるポイント、とりわけ「そんなこと当たり前じゃない」と思える基礎中の基礎が中心なので、「伝える力を高めたい」と思う人には物足りない内容かもしれません。実際、私がそうでした…。
    文章力を高めたい、と思うビジネスマンや学生にとっての最初の一冊としては、おすすめしたい書です。

  • わかりやすかったが、取り分け驚きというものは感じなかった。
    まとめ方はキレイだと感じる。

  • 池上さんって、実は毒があって、けっこう意地悪な人。好きですけどw

  • 池上さんの本はとても読みやすい。そして、すーっと頭の中に入ってくる感じ。
    伝える意義の再認識というか、そういう視点もあったのかと気付かされることもたくさんありました。実生活の中で実践してみたい。

  • オーソドックスな内容でした。聞いて、伝えてでセット。テクニックはいくつかあるものの、結局は相手の反応を見ながら、考えて話しましょう。つかみは大事。

  • とてもわかりやすく、今からでも実行出来そうなことに、改めて出会うことが出来ました。

  • これも支店長に借りた本。
    わかり易くて簡単なのに、実践となると難しい事ばかり。忘れずに実行していこう。

  • 池上さんが書く文章はほんとにわかりやすくて、入ってきやすい。
    実践してみようと思うことたくさん。

全1351件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

伝える力 (PHPビジネス新書)のその他の作品

池上彰の作品

ツイートする