伝える力 (PHPビジネス新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.43
  • (440)
  • (1284)
  • (1763)
  • (361)
  • (62)
本棚登録 : 10848
レビュー : 1354
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569690810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者はお馴染みの池上 彰氏。テレビ同様分かりやすく書かれており、相手に合わせて伝え話すことが重要。
    特に良かったのは小説を勧めていた点。相手に何かを伝えるには、イメージを持ってもらうこと。その伝え方を学ぶには小説。例えば川端康成の『雪国』の冒頭部分など。
    その他のメリットとして考え方や倫理観、語彙力など。

    アウトプットするにはインプットが必要。小説の利点はイメージを膨らませられること。

    ・・・じゃあ最近読んだ中で目に浮かぶのは・・森見登美彦氏の『夜は短し歩けよ乙女』か!!・・

  • 内容紹介

    商談や会議、プレゼンテーションや企画書・報告書の作成、電話 での交渉、メールでの連絡----ビジネスの現場で行なわれている日常業務。仕事 の「できる」「できない」を左右するのは、意外とこうした基礎をしっかりやる かどうか。それには上司や部下、顧客とのコミュニケーションをいかに円滑にす るかが鍵を握る。

    本書は「話す」「書く」「聞く」の3つの能力の磨き方を紹介。これができる と自ずと成績・業績に結びつくもの。長年NHKの『週刊こどもニュース』のお父さん役を務めてきた著者(現在はフリージャーナリストとして独立)ならではの極意を伝授する。伝えることの難しさを身をもって経験しているだけに、ビジ ネスの現場でも十分応用が効く智恵が盛りだくさんである。 相手を惹きつける、ビジネス文書を書く、文章力をアップさせるなど、本書の秘 訣を習得すれば、仕事が楽しく、やりやすくなること間違いなしだ。

    内容(「BOOK」データベースより)

    仕事のさまざまな場面でコミュニケーション能力は求められる。基本であるにもかかわらず、意外と難しい。相づちを打ったり、返事をしたり、目をジッと見たり、あるいは反対に目をそらしたり…。「伝える」には、「話す」「書く」そして「聞く」能力が必須。それらによって、業績が左右されることも往々にしてある。現代のビジネスパーソンに不可欠な能力といえる「伝える力」をどうやって磨き、高めていったらよいのか。その極意を紹介する。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    池上彰 1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、73年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。94年より11年間NHK『週刊こどもニュース』でお父さん役を務める。05年3月にNHKを退社し、現在はフリージャーナリストとして多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    目次
    第1章 「伝える力」を培う
    第2章 相手を惹きつける
    第3章 円滑にコミュニケーションする
    第4章 ビジネス文書を書く
    第5章 文章力をアップさせる
    第6章 わかりやすく伝える
    第7章 この言葉・表現は使わない
    第8章 上質のインプットをする

    本の感想です。オフィス樋口Booksより転載しています。http://books-officehiguchi.com/archives/4691166.html

    この本の原点は池上氏の「週刊こどもニュース」にあるかもしれない。最初にこの本のp16にある問いを読んでいると相手によって説明の仕方を変えなければならないと改めて感じた。

    p16より「「日銀」とは何か、説明できますか?」という問いに対して、

    「日本銀行とは日本の中央銀行で、銀行券の発行ができ、市中銀行及び政府に対する貸し出しや国庫金の収支業務を行う銀行です。また、金利の操作や公債の受け渡し・回収を通して通貨の増減を図っています。いわば発券銀行であり、銀行の銀行であり、政府の銀行でもあります。」

    このような解答例を挙げていました。この解答は経済学のテキストに載っていることで模範解答になるだろう。しかし、小学生に説明すると、模範解答は理解できないようで、

    「ハッケンギンコウって何ですか?」「シチュウって何?」「キョウキュウするってどういうこと?」と質問が出るようだ。

    私の場合、中学入試の社会を指導するとき、小学生にこのような質問が出ると、回答するのに時間がかかる可能性が高い。 この本から学ぶ姿勢・伝え方について繰り返し考え直したいと思う。中学入試から大学入試まで分かりやすく伝える際、心構えになると思う。

  • 人と関わるうえで、最も大事なのがコミュニケーション。そのなかで、自分の考え・思いを伝えるというところに焦点を当ててあった。伝えるという何気ないことを、より良い伝え方にするためのノウハウが書かれていた。コミュニケーションという中の伝え方の基礎を学ぶには、最適な本だと思う。

  • とても参考になりました!
    栄養指導でも、どう相手にしっかり伝わるか悩んでたのでいい勉強になりました。会話は奥が深い。

  • 自分の伝えたいことを相手の心に響かせ、ビジネスや人間関係を築くうえでいかに自分の武器にするかを教えてくれる本。

    この人自身伝える力があるからこそ、この本はわかりやすくて面白いです。
    読みやすいだけじゃなく新たなことがたくさん知れて、おすすめです。

    自分の理解なくしては人に伝えることはできないから、自分が何かを調べるときに、ただ知るだけじゃなく、全く知識のない人にどう説明するかまで意識するといいというのには、なるほどなぁと関心しました。

    常に謙虚にたくさんのものを吸収して、伝える力を養っていきたいですね。

  • 全ての人に読んでもらいたい本。
    読みやすく、さすが池上さん!と
    伝えるためには、自分が十分に理解しているかにつきる。普段から活字を読み、本であれば本の内容以外に、相手に伝わりやすい構成やポイントを考えてる習慣をつけることで、伝えるのとのトレーニングになることがわかった。
    直ぐにでも実践できる。

  • 「意味がわからないまま説明しても相手も頭に入らない」
    「深く理解していないと分かりやすく説明できない」
    なるほどと思います。
    「知ろうという姿勢だけでなく知らない人に説明しようという姿勢が理解を格段に深める」
    まさにそうだと思います。
    子供にも友達に教えれるようになって初めて一人前やて言うてます。

    あと良質のインプットがアウトプットに繋がると言うのもよくわかります。
    年間300冊〜500冊とかはムリですが少しずつ読むのを早くしていきたいです。

    著者の本は本当に役に立ちます。

  • 全ての人に読んでもらいたい本。読みやすく、さすが池上さんと思う本。
    伝えるためには、自分が十分に理解しているかにつきる。普段から活字を読み、本であれば本の内容以外に、相手に伝わりやすい構成やポイントを考えてる習慣をつけることで、伝えるのとのトレーニングになることがわかった。

  • 【最終レビュー】

    図書館貸出。

    〈1.6放映:NHK地上波―『あさイチ・プレミアムトーク生出演』での紹介著書〉

    知らない人は恐らくはいないであろう

    池上さんの著書。

    ―目次=全:70項目―

    第1章:『伝える力』を『培う』

    〈一部項目抜粋〉

    *まずは「自分が知らないことを知る」

    *謙虚にならなければ、物事の本質は見えない

    →わかったつもりは怖い…知ったつもりになっても、実は知らない…

    *プライドの高い人は成長しない

    *自分のことばかり話さない・等…

    第2章:相手を惹きつける

    第3章:円滑にコミュニケーションする

    第4章:ビジネス文書を書く

    第5章:文章力をアップさせる

    第6章:わかりやすく伝える

    第7章:この言葉・表現は使わない

    〈一部項目抜粋〉

    *そして・それから

    *メールの絵文字・等…

    第8章:上質のインプットをする

    〈一部項目抜粋〉

    *アウトプットするには、インプットが必要

    *小説を読む

    *人間と語彙の幅を広げる

    *落語に学ぶ

    *思い立ったら、すぐにメモ・等…

    こうして、ブクログを続けている意味。

    自分はこれでいいんだという確かなものを、この池上さんの著書を通して、再度、実感を噛み締めていました。

    実際、実践している項目がいくつかあったので、それは、今後も常に心がけようと思いましたし

    その他の項目に関しても

    [日常茶飯事のあらゆる範囲内で]

    『実際の身近な事件・事例』を通して、どう、適応すればばいいか。明瞭にまとめています。

    自然に、池上さん自身の『人柄そのもの』が、随所に伝わってきていたからこそ、あまり先入観なく、内容に溶け込むことができ、何故か、楽しく読み進めていました。

    〈シンプルな心構え・立ち振る舞い等、自分の懐の中でいかに大事にしつつ、どう生かすか〉

    改めて、自分の中で再認識をさせられたと言えます。

    [この続編:『伝える力2』=3.11以降の話が中心]

    著書を読み進めている最中、図書館貸出をしてきたので、また後日、読み始めた時に…

  • N課長はこの本のお話をされていたんじゃないかな?と思える内容でした。

    いつも口癖のように言われた、
    「伝えるチカラが足りないよ」
    「中学生でもわかる内容にね」
    「難しいことを難しくいうのは誰にでもできるよ」

    そういった編集が忘れちゃいけないこと、教えてもらったことが書かれていました。

  • 10秒でもまとめると伝わる。
    TVの10秒の間は長い。
    相手の事を考えて話す。
    推敲、校正は書いて何度も二者が良い。
    文章力は要約もしくは既出の文に書き足す。

  • 再読

    論理的思考力を高める必要がある
    相手に伝えるということは自分がより深く理解するということ

  • とてもわかりやすく、今からでも実行出来そうなことに、改めて出会うことが出来ました。

  • 久々にビジネス本読んだけど、ビジネス本な感じがしなかった。テレビで話してる著者のまんまの文体で面白く読めた。頭のいい人の脳みその中を覗けたような気分。

  • 池上彰さんの文章は本当にわかりやすい。一冊を一気に読んでも全く疲れなかった。一文の量、使う言葉すべてに、すごく気を使っているんだと思う。この人の「伝える力」は本物で、説得力がある。
    人とコミュニケーションをとる上で、必要な「伝える力」。話す、聞く、書く能力を上げるコツをわかりやすく伝授してくれた。
    要は、相手の立場を想像することが大切なのだということ。相手が理解できるように伝えること、どんな風に伝わるかを想像することが一番大切なことだと池上さんは言っていると思う。そのために、技術的なことも必要なのだと。「シンプルイズベスト」というけれど、池上さんの本を読むとなるほどな、と実感する。

  • この厚さ、文字の少なさでここまで語ることのできる池上氏の力量の凄さを感じた。
    分量は1時間程度で読み切れるもので、手元に置いて何度も読み返すこともできるのではないだろうか。

    文章力についての項で新聞のコラムを書き写すという方法が挙げられていたが、目からウロコだった。
    ぜひ実践していきたい。

  • 2019/10/8
    伝える力というタイトルから、人にどういう風にものごとを上手に伝えられるようになるかというノウハウを学べる本かなと思って読んでみたら、中身にはそれ以上のものが詰まっていました。
    伝えること、つまりはコミュニケーション全般に主眼を置いて色々な側面から池上さんの実践やアドバイスがあり、とても勉強になったと思います。
    文章の書き方はまさに、そうなんだ!と思わさせることがたくさんあって、改めて自分の文章を見直す時に、ただ読み直すんじゃなくて、この本に書いてあったことと照らし合わせてどうなっているかという検証をするための指針を得たので一層文章のチェックがやりやすくなりました。
    また、人にわかりやすく伝えるためには自分が一番興味を持って理解してないといけない、という部分も改めてそうだなと思い、理解を深めるための具体的な方法も載っていたのでこれから実践していこうと思っています。

  • 池上彰さんの文章はとてもわかりやすい。
    相手に伝えるためには、自分の言葉、自分の理解力が無いと伝わらない。
    分かったつもり!封印だ!

  • 池上さんの本ということで購入。
    結構前に購入し、この本をきっかけに新書も読んでみようかなと思った本だったので、とても印象深いことを覚えています。
    池上さんは、週刊こどもニュースの時代から「わかりやすさ」に魅力があり、なぜいつもわかりやすい言葉で解説できるのか伝えているのかを自分の経験をもとに本に載せています。
    本の印象は、内容もわかりやすかったです。というよりは、幅広い人向けに書かれているのではないかと思います。
    読んでいた当時は、伝えることが苦手で、どうしたらいいのか悩んでいた時にこの本に出会ったので、とても参考になることが多くありました。
    決してアッと驚くようなテクニックはないのですが、相手のことを思いやることや自分がしっかり理解しないと相手にも伝わらないなど改めて思うとそうだなと納得することが多くありました。日々の生活の中で、一つ一つ意識をしながら、仕事に向き合うことで、最後は自分自身の理解の深さにつながるなと思えさせてくれました。

  • まさに、これが伝える力か!と感服。「読みやすい、分かりやすい」は、こんな努力によって作られているのか、と非常に勉強になりました。

  • 一瞬で読み終えれました。

    その理由は、この本に書かれていた内容が納得できるものばかりだったのか、それとも池上彰の文章がとても読みやすかったのか……。
    そりゃ本の内容からして、このように思わせてくれないと、肩透かしを食らった気分になりますね。

    メタ認知の話や、カーネギーが言ってたこと、さらには日本語の使い方まで、読んでて「この話どっかで聞いたことあるぞ」と思う内容が盛りだくさんです。

  • テレビで著者を知ってからしばらく経ってから購入。
    確かに分かりやすい。
    子どもに分かるように説明するニュース番組がきっかけというところが面白かった。
    そのニュース番組は結局大人の視聴者のほうが多くて打ち切りになったとは・・・

  •  わかりやすく物事を伝えるノウハウ集を少し超えた、「物事を伝えるための心得」的な本。
     良書。

  • 自分がしっかり理解していないと相手に伝えることはできない。「簡単なことは簡単に」「難しいことも簡単に」これがなかなかできない。内容は当たり前の事柄で斬新なものではないが、わかりやすく書いてある。

  • 伝えたいことをよく理解することと、
    相手が興味を持つ工夫が必要である。

  • もっと早くこの本に出会いたかった……。全部は無理でも、できそうなことから試してみよう。「落胆している暇はありません」と池上お父さんも書いていることだしな

  • 打ちのめされました。レベルが違います。

  • 仕事で「自分の思いがなかなか伝わらない!どうしてだろう?何が足りないのだろう?」と悩んでいました。
    今更ながら今自分に「伝える力」が足りなかったというか今までそこに対してちゃんと向き合ってなかった事に気付かされた。
    人に説明する時は、自身が深く理解していないと相手に伝わる説明はできない事に改めて気付かされた。
    取り敢えず「へぇ~」を増やそう!

  • ビジネス文書作成について、とても勉強になった。言葉も文章も伝える力を高めるよう意識したい。

  • 2014.9.14了読
    チェック項目
    「わかったつもりは怖い」事実や物事に対して謙虚になることが大切」
    「もう一人の自分」を育てる。
    もう一人の自分とはツッコミを入れられる存在。自分の書いた文章について、「これ、本当におもしろいのか?」など。
    「簡単なことは簡単に」「難しいことも簡単に」これは、何かを伝えるときの基本。
    「そして」「それから」などの接続詞を文章を作る際にあまり使わない。
    順接の「が」は、できるだけ避けたほうがよい言葉。
    良例「〜ですが」「〜ではあるが」「〜だが」「が」の後にくる出来事が「〜」の部分の逆の意味がくる。
    悪例「彼は仕事ができるが、スポーツもできる。」など、出来事が対になっていないような、「が」
    「ところで」や「さて」などもあまり使わないほうがいい。
    「いずれにしても」は、絶対に使ってはいけない。
    改めて「使わないほうがよい言葉や文字」とは、「そして、それから」
    順接の「が」「ところで、さて」「いずれにしても」「絵文字の類」ビジネスの場面では。

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

伝える力 (PHPビジネス新書)のその他の作品

池上彰の作品

ツイートする