伝える力 (PHPビジネス新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.43
  • (436)
  • (1280)
  • (1756)
  • (360)
  • (63)
本棚登録 : 10758
レビュー : 1344
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569690810

作品紹介・あらすじ

仕事のさまざまな場面でコミュニケーション能力は求められる。基本であるにもかかわらず、意外と難しい。相づちを打ったり、返事をしたり、目をジッと見たり、あるいは反対に目をそらしたり…。「伝える」には、「話す」「書く」そして「聞く」能力が必須。それらによって、業績が左右されることも往々にしてある。現代のビジネスパーソンに不可欠な能力といえる「伝える力」をどうやって磨き、高めていったらよいのか。その極意を紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 池上彰さんの本は初めて読みました!
    「池上さんの説明はわかりやすいなー」と思いながら、彼の出演しているテレビをよく見ていた時期がありました。
    そんなわけでこの本は期待して読んだのですが、やっぱりわかりやすいし読みやすかったです。
    もう何年も前の本なのに今でも使える知識ばかりでした。

    とくに「書く」ことに関する「伝える力」を知りたいと思いながら読みました。
    上阪徹さんの著書でも書いていたようなことがたくさんでびっくり。
    ・難しい言葉を使わない
    ・推敲の仕方
    ・読むことで書く力を育てる
    ・とにかく書いてみる
    などなど…
    このように書評を書くことでもまた絶賛実行中なわけです!

    「話す力」についてもおもしろかった。
    なんでもない話をするとき、重要な話をするとき、元々興味を持ってくれている人に話をするとき、そうでないとき
    当たり前ですが、状況に合わせた「伝える力」がい必要なんだなと強く感じました。

    2も是非読んでみたいです!

  • 7年前に出版された本なのですが現在AMAZONのプレゼンテーションの第一位。他のビジネス系でも上位です。
    40代以下のビジネスパーソンを想定して書いたそうです。

    いろいろためになったけど、自分を励ます意味で、ここのところをうつしておきます。

    *・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:

    まず「自分は何も知らない」ことを知り、他者から謙虚に学ぶことです。この姿勢さえ持ち続けていれば、コミュニケーション能力は確実に向上していきます。

    特に若いときは、相手を怒らせたり、傷つけたり、誤解を与えたり……といった失敗を何度もするでしょう。でもそのときに、自分の殻に閉じこもることなく、へこたれることなく、心を開き続けて、コミュニケーションをとり続けてほしいのです。そうすることで、「伝える力」はきっとどんどん伸びていくことでしょう。

    また、若い人は特に、今のうちに「大いに恥をかく」ことです。

    二十代の若手ビジネスパーソンはもちろん、場合によっては、三十代、四十代の中堅であっても、恥をかくことを恐れずに、わからないことは教えを請う気持ちで仕事に取り組むべきです。

    「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言いますが、その通りですね。謙虚に教えを請うことで、新たな知識を吸収することができる上に、こうした人の好感度は間違いなくアップします。

    ただし、なんでもかんでも人から聞こうとする態度は禁物。これでは煙たがられるのがオチです。

    当然、自分でできる努力は最大限した上で、わからないことは素直に聞いて教えを請うという姿勢こそが大切です。

    *・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:*・゜゜・**・゜゜・*:.。..。.:
    さらに、「使わないほうがよいこの言葉や文字」もメモさせてください。


    ・そして/それから
    ・順接の「が」
    ・ところで/さて
    ・いずれにしても
    ・絵文字の類

    池上さん、ありがとうございました。

  • 「話す」も「聞く」も「書く」のも、謙虚な姿勢を持つことが本当に肝要。なぜなら「もう1人の自分」が見返していることと同義だから。

  • 著者はお馴染みの池上 彰氏。テレビ同様分かりやすく書かれており、相手に合わせて伝え話すことが重要。
    特に良かったのは小説を勧めていた点。相手に何かを伝えるには、イメージを持ってもらうこと。その伝え方を学ぶには小説。例えば川端康成の『雪国』の冒頭部分など。
    その他のメリットとして考え方や倫理観、語彙力など。

    アウトプットするにはインプットが必要。小説の利点はイメージを膨らませられること。

    ・・・じゃあ最近読んだ中で目に浮かぶのは・・森見登美彦氏の『夜は短し歩けよ乙女』か!!・・

  • さらっとすぐ読めます。1時間弱くらい。個人的にいろいろあったタイミングなので、何度か救われる思いがしたり。
    これ1冊でエッセンスが全部、とはいきませんね。伝える力の例示としては多く具体的に書かれていてよいのですが、鍛え方、日々の実践方法をもっと導いて貰わないと多分力は向上しない気がします。伝える力って、要るなぁー、ってなります。まぁ読む前からそう思ってたから読んだんだけど。
    まぁ、ダイジェスト版というか、導入編という感じでしょうか。

  • アウトプット(書く行為や話す行為)を上達させるには、インプットが必要。インプットとは読む行為。

    池上氏は、イメージを膨らます小説を薦めています。

  • 池上さんの書く文章がとても読みやすいのはアナウンサーだった経験があるからだろうか?一部朗読をしてみたらリズム感がよくまったく言葉に詰まらずに読めたのですごいと思った。

    この本は特に具体的な文章作成方法が書かれているわけではなく、どういう意識を持って“伝える”ことに取り組めば良いのかを、池上さんの経験などを交えてわかりやすく教えてくれている。
    伝える力とは聞く力であり、理解する力である。というコミュニケーションの基本を再確認させられた。

    「毒舌を吐いても好かれる人と嫌われる人の違いは何か?」というテーマが個人的に面白かった。
    実生活でも「この人は許せるのにこの人は許せないの何故なんだろう」と思っていたので、その疑問がビジネスの場にも活用できるとは思わなかった。

    「伝える力」について改めて考えたら、やはりTwitterでダラダラ思考停止したツイートしていてはダメだなと思った。文章力が年々落ちる一方なのはTwitterのひとり言のせいかもしれない。

  • 内容紹介

    商談や会議、プレゼンテーションや企画書・報告書の作成、電話 での交渉、メールでの連絡----ビジネスの現場で行なわれている日常業務。仕事 の「できる」「できない」を左右するのは、意外とこうした基礎をしっかりやる かどうか。それには上司や部下、顧客とのコミュニケーションをいかに円滑にす るかが鍵を握る。

    本書は「話す」「書く」「聞く」の3つの能力の磨き方を紹介。これができる と自ずと成績・業績に結びつくもの。長年NHKの『週刊こどもニュース』のお父さん役を務めてきた著者(現在はフリージャーナリストとして独立)ならではの極意を伝授する。伝えることの難しさを身をもって経験しているだけに、ビジ ネスの現場でも十分応用が効く智恵が盛りだくさんである。 相手を惹きつける、ビジネス文書を書く、文章力をアップさせるなど、本書の秘 訣を習得すれば、仕事が楽しく、やりやすくなること間違いなしだ。

    内容(「BOOK」データベースより)

    仕事のさまざまな場面でコミュニケーション能力は求められる。基本であるにもかかわらず、意外と難しい。相づちを打ったり、返事をしたり、目をジッと見たり、あるいは反対に目をそらしたり…。「伝える」には、「話す」「書く」そして「聞く」能力が必須。それらによって、業績が左右されることも往々にしてある。現代のビジネスパーソンに不可欠な能力といえる「伝える力」をどうやって磨き、高めていったらよいのか。その極意を紹介する。

    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

    池上彰 1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学卒業後、73年NHK入局。報道記者として、松江放送局、呉通信部を経て東京の報道局社会部へ。警視庁、気象庁、文部省、宮内庁などを担当。94年より11年間NHK『週刊こどもニュース』でお父さん役を務める。05年3月にNHKを退社し、現在はフリージャーナリストとして多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    目次
    第1章 「伝える力」を培う
    第2章 相手を惹きつける
    第3章 円滑にコミュニケーションする
    第4章 ビジネス文書を書く
    第5章 文章力をアップさせる
    第6章 わかりやすく伝える
    第7章 この言葉・表現は使わない
    第8章 上質のインプットをする

    本の感想です。オフィス樋口Booksより転載しています。http://books-officehiguchi.com/archives/4691166.html

    この本の原点は池上氏の「週刊こどもニュース」にあるかもしれない。最初にこの本のp16にある問いを読んでいると相手によって説明の仕方を変えなければならないと改めて感じた。

    p16より「「日銀」とは何か、説明できますか?」という問いに対して、

    「日本銀行とは日本の中央銀行で、銀行券の発行ができ、市中銀行及び政府に対する貸し出しや国庫金の収支業務を行う銀行です。また、金利の操作や公債の受け渡し・回収を通して通貨の増減を図っています。いわば発券銀行であり、銀行の銀行であり、政府の銀行でもあります。」

    このような解答例を挙げていました。この解答は経済学のテキストに載っていることで模範解答になるだろう。しかし、小学生に説明すると、模範解答は理解できないようで、

    「ハッケンギンコウって何ですか?」「シチュウって何?」「キョウキュウするってどういうこと?」と質問が出るようだ。

    私の場合、中学入試の社会を指導するとき、小学生にこのような質問が出ると、回答するのに時間がかかる可能性が高い。 この本から学ぶ姿勢・伝え方について繰り返し考え直したいと思う。中学入試から大学入試まで分かりやすく伝える際、心構えになると思う。

  • 就活のES書くのに参考にした。そして、それから、順接のがは使わない。書いた文章を一晩寝かせる。

  • アウトプットの力を付けたいと思って読んだ本。

    あまり目新しい意見はなかった。

    技術的な話でなるほど、そこら辺を気を付ければ良いのかと思うことが何点かあった程度。

    ただ、さすがは池上彰。

    文書は読みやすい。

    矢印の使い分け。
    図の文字は最小限に。
    以下は使わないほうが良い。
    ・そして/それから
    ・順接の「が」
    ・ところで/さて
    ・いずれにしても

全1344件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

伝える力 (PHPビジネス新書)のその他の作品

池上彰の作品

伝える力 (PHPビジネス新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする