オッペンハイマー 下 「原爆の父」と呼ばれた男の栄光と悲劇

制作 : 河邉 俊彦 
  • PHP研究所
4.13
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569692937

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オッペンハイマーの伝記。

    下巻は広島への原爆投下から
    戦後の原爆の管理体制についての議論、
    水爆の開発を経て赤狩りの渦のなか
    聴聞会にてその地位を剥奪されガンで倒れるまでを克明に描く。

    オッペンハイマーが水爆の開発に難を示した
    考え方や経緯がよく分かる。
    また赤狩り期のアメリカの風潮やFBIの果たした役割、
    そしてそんな中でもエバンズのように
    正しい判断を下せる人が少なからずいたことが印象的であった。

    非常に人目を引く要素を多く持つ生涯であったが、
    決して大衆が求めるような単純に悲劇的な人物ではなく、
    彼自身の性格要素が招いた対立も多分にあり、
    非常に複雑な人物であったと感じた。
    当時の空気や原爆に対する考え方はとても勉強になる。

  • 戯曲で表現された倫理観に悩む人物像を思い描いていたが原爆投下直後のことは、彼の人生の一部でしかない。天才ぶりと、家庭環境、なにより圧巻なのが彼の周りにいた学者の面々。
    ヴァネヴァーブッシュ、アインシュタイン、フォンノイマン、ジョンナッシュなどのメンバー。彼らもまた政治的に無関係ではいられなかった。アメリカが極端にコミュニズムを排した時代の嵐が彼の人生を翻弄した。

全2件中 1 - 2件を表示

カイ・バードの作品

ツイートする