「行動できない人」の心理学

著者 :
  • PHP研究所
3.27
  • (18)
  • (31)
  • (55)
  • (16)
  • (8)
本棚登録 : 436
レビュー : 50
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569697420

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 行動できない人はどういう人なのか。
    行動することは何故大切なのか。
    それを分かりやすく書かれた本。

    やるかやらないか迷うなら、まずはやってみよう。
    やっている内に楽しくなる。
    エネルギーがわいてくる。
    自信がついてくる。
    そういった事が書かれています。
    加藤諦三さんの本は他のテーマの本でも「まずは行動しよう」という結論にいきつく事が多いように思います。
    そしてその行動というのはいきなり難しい事をせよというのでなく、まずは挨拶をするとか、朝三分正座するとか、まずは玄関に行って靴をはいてみようとか、そんな所からまずは行動しようという事が書かれています。

    この本で私がなるほどと思ったのは次の文章です。
    『無気力になっている人は、エネルギーを使わないから衰弱してるのである。活動するから元気になるのであって、エネルギーがないから元気になれないのではない。エネルギーを使わないから気がめいってくるのである。
    エネルギーの使い方を気にして計算している人は、自分にはエネルギーが少ないから計算しているつもりになっているが、決してそうではない。計算などという消極的なことをするから、エネルギーがなくなるのである。
    いつも僕はいうのだが、人間のエネルギーは貯金ではない。使ったらなくなるものではなく、使えば増えるものである。』

    以前、毎日通勤に使っていた車が仕事を辞めて乗らなくなってから急に故障ばかりするようになった事がありました。
    その時、「物って使わないとサビついて却って傷みやすくなるんだな」と思いましたが、それと同様に人間のエネルギーも使った方がいいと改めて気づかされた気がします。
    私のイメージでは、エネルギーは備蓄するもので、休日などで英気を養ったエネルギーをどこかで少しずつ消耗していくというイメージだったのですが、エネルギーは使えば使うほど増えて潤滑に使える物なら出し惜しみせずに使った方がいいんだと思いました。

    他の加藤諦三さんの本で見た事があるような似たような事が多く書かれていますが、行動するきっかけや、少しやる気を出せるきっかけになる本かもしれません。

  • 札幌駅で 今一番読まれているというので 私も早速読んでみた・・・
    確かに

    自分も他人のことは言えないが、行動しない・できないタイプは「受身」の考え方を持っているようだ・・・

    そのような考えの人間は不要だ・・・我が社は思ったほど暇ではない!

    この本のみならず、人間の行動学の著書は多々あるだろうが、いくら読破しても・・・

    人間性まで指導できない・・・





    これからは 精神力・仲間意識を 鍛え上げて行く時期だ・・・

  • ちょっとづつゆっくり読むといいような気がする。問題の所在の在処を指摘してくれるのでそれが救いに繋がるんじゃないかな。最終的な責任は決断をする自分自身にあることを忘れないで耳を傾けるといいかもしれない。この人の著書は少し疲れている時に読むといいと思う。

  • かなり否定的な印象(笑)行動しよう!という気にはあまりならなかった。

  • 途中までは似た内容のことをクドクドと書いてるなぁと思って読んでましたが。。。最後の「新しい自己の創造」の章は、他人に影響されがちな自分にとっては結構感じるところのあるものでした。

    ----------
    (幸福になることが良いことだと教えられてきた人は)幸福になりたいという欲望よりも、幸福にならなければならないという規範意識が先に立つ
    ----------
    そう言われれば、確かに「なければならない」というものに囚われてきたように思う。

    また、
    ----------
    他人が自分の思い通りにならないように、自分も自分の思い通りにならない。自分を自分の思い通りにしようとする人はノイローゼになり、他人を自分の思い通りにしようとする人は欲求不満になる
    ----------
    とは、正にそのとおりだと思う。

  • 行動するコトでよくなるコトがある。食わず嫌いはやめる、やってみる

  • なんとなーくな軽い気持ちで図書館から借りてきたけど、すごい説得力でいつの間にか夢中になって読んでた。

    自信は行動することでついてくる。他人をけなす人はおびえている人である。自立していない人間は恩着せがましい。

    などなど、タイトル通り「行動できない人」の心理をけっこう深くついてて読んでてずしーっとくるけど、でも客観的にふむふむって読んでると行動する勇気はわいてくるかな(・x・U)って思った。
    とてもおもしろかった!
    また読み返したい。

  • 行動できない心理の解説本なんですが読んでいてちょっと行動できない人と共感してきて滅入ってきました。負の感情につぶされそうだったので、読むのを途中でやめました

  • 面白かった。軽い気持ちで読みはじめけど、いわゆる毒親のことまで話が及び、読みごたえあった。そういった親に誤った愛され方、育てられ方したせいで「行動出来ない人」になっている人も多いのだという。
    「少しでも興味を持ったことは、なんでもやってみること」の重要性をこの本は語っている。
    なぜやるのか深い意味考えてるヒマあったら、まず一歩踏みだしてとりあえずやってみる。行動するから、自信がついてくる。自信がないから……やる意味よくわかんないから……などといって座ってテレビ見てるだけじゃ、いつまでたってもなにも出来ないまま。自信も育たない。

  • コンビニでふと目にとまり気になって購入。

    「心理学」というよりかは、ある種の「心理哲学」に近いものはあったかもしれない。

    「他人をけなす人はおびえている人である」
    「親との緊張関係が、人生を楽しむことを阻害している」
    「とにかく四の五の言わず行動することが重要である」
    「心の冷たい人ほど大げさな愛情表現をする」

    すべての人に対して「この本で読んだからそうだ」と言えるわけではないが、人や自分を見るときにものすごく参考になるのではないかと思います。

全50件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1938年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程修了。現在、早稲田大学名誉教授、ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員、日本精神衛生学会顧問(元理事)。ニッポン放送系ラジオ番組「テレフォン人生相談」のレギュラーパーソナリティを約半世紀つとめている。

「2018年 『怒ることで優位に立ちたがる人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「行動できない人」の心理学のその他の作品

加藤諦三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィリップ・マグ...
東野 圭吾
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

「行動できない人」の心理学を本棚に登録しているひと

ツイートする