[現代訳]論語

著者 :
  • PHP研究所
3.92
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569703145

作品紹介・あらすじ

名作『次郎物語』で知られる昭和の大教育者が残した不朽の名著が現代社会で生きていくうえで必要なことすべてを教えてくれる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学生のときにも思ったが、漢文に学ぶ人というのは、どうやら思考回路も古代中国に近づいていくらしい。
    50年以上も前に書かれたとは思えない、活力ある書。

  • 孔子などの言葉をまとめたもの。ひとつひとつの章につながりはない。

    知っていることは知っている、知らない事として素直な態度にになる。それが知るということになるのだ。

    自分がされたくないこと、人に対して行なってはならない。

    君子は何事も自己の責任に帰し、小人は他人の責任に帰する。

    過って改めないのを、過ちというのだ。

  • とにかくわかりやすい。会話の所なんかは場面が浮かぶよう。同作者の論語物語や、他の訳の論語を読んでから読むと一層面白いですね。

  • ブックオフ新宿店が開店した当初、特集されており、勢いで買った本。あまり読まずに積ん読状態に。作者は「次郎物語」という本の著者だそうだ。

  • 他の論語本と組み合わせて読むと味わい深い。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

作家、教育者、教育哲学者。      
1884年、佐賀県に生まれる。17歳ころから「内田夕闇」の筆名で文芸誌に投稿し、年少詩人として全国的に知られようになる。1909年、東京帝国大学文学科を卒業し、1911年、母校の佐賀中学校で教鞭をとる。唐津中学校長などを歴任したのち、日本統治下の台湾へと渡った。台中第一中学校校長、台北高等学校校長となり、1931年に教職を辞任。1933年、大日本青年団講習所長に就任し、在任中に小説『次郎物語』の執筆を開始する。1937年に講習所所長を辞任し、文筆活動と全国での講演活動に専念、昭和前期の青少年社会教育に大きな影響を与えた。1938年、『論語物語』を出版。1955年、逝去。主な著書に『現代訳論語』『この人を見よ』 などがある。

「2008年 『論語物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

下村湖人の作品

[現代訳]論語を本棚に登録しているひと

ツイートする
×