1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.38
  • (40)
  • (126)
  • (192)
  • (40)
  • (6)
本棚登録 : 1436
レビュー : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569704326

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013/04/02
    復路

  • 伝える技術について知りたくて読書。

    1分間という時間を常に意識するためにストップウォッチを活用する。

    短く、完結で分かりやすい話をするためには、段取りや事前準備が大切。図解したり、メモなどの小道具を活用して説明する。

    後半は、名書一分間シリーズのような内容になっている。

    第六章の日本社会は減点法社会で、賞賛文化が根付いていないという指摘はその通りだと思う。

    You can do it!

    読書時間:約40分

  • 斜め読み。期待してたのとちょっと違う。でも、報告、初対面、教育の場面で学んだことを意識して話そうと思う。

  • さらっと読んだだけ。
    はたして私のまわりの理解力はついていくんかなぁとちょっとおもってしまった。
    読むだけなら面白かった。

  • 図書館
    まあそりゃそうだという内容。
    響くものはないけれど、確認という意味では面白いのかも。

  • 残念ながら自分にとって知りたいことに応えてくれなかった。
    大切なことを伝えていない本だった。

  • 齋藤孝さんの指南書は好きなのだけれども,この著書は今一つ心に残る内容がありませんでした。

  • ①1分の密度を徹底的にあげる
    ②話の要所に踏み石〜川のformat
    ③自分の立ち位置(現状)、
     渡るべき川(プロセス)、
     渡った先にあるもの(結論)
    ④経験喚起力で聞き手の理解度向上
    ⑤複数の情報を連結させる論理的
     思考力
    ⑥話す内容の構造化、絞り込み。
     要点を先にどんどん伝える
    ⑦起承転結、起承は不要。
    「今、何を解決すべきか」、
    「そのためにはどう行動すればいいか」、
    「そのために何を決定すべきか」
     で十分。
    ⑧コンセプトをキャッチフレーズに
    ⑨物事を自分と相手、両者の立場
     から分析。自分の意見に発問し、
     不安を潰し込む

  • 川のフォーマット、質問力、注意メモ、you can do it!

  • この本を1分でまとめますと…

全179件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)のその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする