1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.38
  • (40)
  • (126)
  • (192)
  • (40)
  • (6)
本棚登録 : 1436
レビュー : 179
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569704326

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 途中まではそんなに面白くなかったんだけど(自分が齋藤先生の著書を読みすぎているから目新しさがないだけ)、具体的なテクニックとしての起こり方、褒め方という点は自分として新たな気づきでした。
    齋藤孝入門編としては入り口としていい一冊でしょう。

  • タイトルに関する内容は前半だけ。まぁ後半もなかなか面白かったです。
    話が長いのは環境問題。まったくだ。
    挨拶、会議、打ち合わせ。何でもテンポ良くいきましょう。時間感覚を持つのは大事ですね。

  • 情報は1分で簡潔に伝える.
    具体例、完結、キーコンセプト、デメリットを入れたか.確認する.
    コミュニケーションにおいては情緒的なやり取りも大事だが、まずは意味のやり取りを優先させる.
    知識の断絶を川に例えて踏み石を置いていくやり方はイメージとしてすっとアタマに入ってきた.
    立て板に水の喋り方が伝わってこないのも実体験と合致した.内田樹が「自分の言葉」で喋ってない人が立て板に水の喋り方をすると述べていたのを思い出した.

    「今、何を解決すべきか」「そのためにどう行動すればいいか」「そのために何を決定すべきか」というのが大事なポイントだ.

  • 以前、ストップウォッチのかわりにキッチンタイマーを使っていたが針が移動する際の「チッチッチッチ…」がうるさくて挫折。さっそくアマゾンでストップウォッチを買い求めようと思う。

  • 質問の項目に関しては割とできていると思えた。

    しかし「1分で短く話す」ということはやはり全くできていないと思った。
    そもそもこの本が目にとまったきっかけが「面接で長々と喋ってしまう」ということからだったが、「物語を話すことと、要約することは違う」の文章には納得させられた。
    僕はどちらかと言えば物語を喋っていた。
    だから長くなった。

    ただ、やはり短くするにも限界がある。
    桃太郎であればあの量にまで減らせるが、僕自身のことを話すのにあそこまで削ることはできない。

    では、どうするか。
    と考えて出した結論は「先に物語の全体像を話してしまう」
    こうすれば、多少長くても「今どのあたりを喋っているか」ということが聞き手に分かり、少しましになるのでは。と考えた

    さっそく今日、全体像を目次形式で喋ってから、内容に突入する、ということを実践してみたいと思う

  • 1分は長い。ただし、密度を上げればの話だが…。コンセプトを1文で表現せよ。キーワードを忘れずに…。

  • 販売という職業柄、毎日が短時間のプレゼンという商売なので、タイトルにひかれて読んでみました。
    1分で伝えることで、簡潔に濃密な説明をすることが相手にとっても都合が良いということにとても納得。
    特に印象に残ったのは自分の話し方の癖を知ることで矯正できるということ。「あの、」「えーと」などという前置きは不要で時間の無駄であるという点は意識的に直していこうと思う。(限られた時間内で行うプレゼン等の場が主かも)

    私は販売職なので、接客中にたらたらと説明するより簡潔に的をついた会話を、この本をヒントに実践していこうと思いました。

  • 話すとき、しっかり意識して喋ろうと思った。
    ダラダラ長く、ではなく要点をね。
    結構普段思ってることが書いてあったが、改めて自覚できて良かった。
    ストップウォッチまではいかなくても、時間を意識することは大切だろう。

    ※いかにして質問する力を養うことができるのか。
    ①メモと一緒に感想や質問を書いておく。
    ②質問重要度の順位付け。具体的に。みんなにプラスに。

    まぁ、再確認の意味でためになる本だった。

  • 人とのコミュニケーションが苦手な私だけれど、
    訓練すればある程度その技術は上げられるものだということがわかった。
    具体的な例が書かれていて読みやすく、わかりやすい。

  • 面接、保護者会の自己紹介やら短時間でポイントをついた話をするのができない自分に勉強のため、借りてみた。タイトルの1分で伝えるは前半の前半で終わり、残りはスピーチの内容、叱らず褒める、といったタイトルとはかけ離れた内容だった。とはいえ、参考にはなったので、よしとする。

著者プロフィール

齋藤 孝(さいとう たかし)
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業後、同大大学院教育学研究科博士課程等を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。学者、作家、文化人の役割で多くのメディアに登場している。
2001年『身体感覚を取り戻す』で第14回新潮学芸賞を受賞。2001年発行の『声に出して読みたい日本語』は250万部を超えるヒットとなり、第56回毎日出版文化賞特別賞を受賞。
その他、『語彙力こそが教養である』など多くの著書があり、発行部数は1000万部を超える。『こども孫子の兵法』など監修作のヒットも多い。NHK Eテレ「にほんごであそぼ」総合指導。

1分で大切なことを伝える技術 (PHP新書)のその他の作品

齋藤孝の作品

ツイートする