古事記物語

著者 :
  • PHP研究所
3.71
  • (2)
  • (7)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569707310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017.7.7

  • 原点を読むのはしんどいので、物語風にアレンジされた本書を読んでみた。アレンジした著者はとうに逝去されていて、後世の人が物語の語句や解釈に註を入れている。それによると、原点の記述にないことがたされていたり、あるいは省略されていたり、あるいは解釈違いとされていることがある模様。古事記の話自体は、「殺す」、「きれいな女をナンパ」そして「謡う」で進んでいくのでミュージカルだなと思った次第。とにかく簡単に殺すんだよな~。古代の日本の支配者層はかなり物騒だった模様。

  • 出雲に行く前に読んでみようと思い読んだ本。

  • [ 内容 ]
    日本人の始まりを伝える神々の物語。
    日本文学史上に不朽の功績を残した著者により、わかりやすく端正な言葉で綴られた名作がいまここに甦る。

    [ 目次 ]
    古事記物語上巻(女神の死;天の岩屋;八俣の大蛇;むかでの室、蛇の室;雉のお使;笠沙のお宮;満潮の玉、干潮の玉;八咫烏;赤い楯、黒い楯;唖の皇子)
    古事記物語下巻(白い鳥;朝鮮征伐;赤い玉;宇治の渡し;難波のお宮;大鈴小鈴;鹿の群。猪の群;蜻蛉のお謡;牛飼馬飼)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 何度チャレンジしてもなかなか頭に入っていかない。
    頑張って4分の1は読んだ。

  • 読み易いと思います。

  • 初めて古事記に触れたが、以外と読みやすかった。
    わかりやすくするための意訳個所があるが、注釈が付いており、とても信頼がおける。
    オススメです。

  • 現代語訳板の古事記の中で、分かりやすそうだなーと思って購入した一冊。
    小難しくもないし、注釈もちょこちょこついているので、割と易しめなんではないかなと思います。

全9件中 1 - 9件を表示

古事記物語のその他の作品

古事記物語 Kindle版 古事記物語 鈴木三重吉
古事記物語 単行本 古事記物語 鈴木三重吉
古事記物語 (上下巻)の詳細を見る 古事記物語 (上下巻) 鈴木三重吉

鈴木三重吉の作品

ツイートする