超高速・会計勉強法 (ビジネスCOMIC Bコミ)

  • PHP研究所 (2009年4月16日発売)
3.62
  • (10)
  • (34)
  • (29)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 238
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569707501

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 目的
    会計のつながりを理解する
    特にキャッシュフローの理解を高める

    行動
    非常にわかりやすい本。
    後輩指導に向いている本。

    ピックアップ

    企業が行っている基本活動
    ①お金を集める→②投資をする→③利益を上げる

    BSはどうやってお金を集めて、どこに投資したか。
    PLはどのように利益を上げたか。
    CSは営業活動によるキャッシュフロー 現金の動き

    会計分野でbalanceは『残高』という意味。

  • ベストセラー財務3表一体理解法の作者が簿記不要の会計勉強法を漫画にしたものです。
    財務3表とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つの財務諸表のこと。
    ポイントとなるのは、この3つの財務諸表のつながり。
    このつながりをストーリー仕立てで紹介している。

    ・全ての会社は「お金を集める」、「投資をする」、「利益を上げる」
    この3つの活動をしている。これらの活動を数字で表したのが財務3表。

    ・「複式簿記」を一定の決まりに従って帳簿に記帳したものが「試算表」

    ・財務3表の5つのつながり。
    ①PLの「当期純利益」がBSの「利益余剰金」とつながっている。
    ②BSの右と左は一致する。
    ③BSの「現金及び預金」とCSの「現金の残高」は一致する。
    ④PLの「税引前当期純利益」をCS(間接法)に。
    ⑤直接法と間接法のCF計は一致する。

    ・商品はPLに費用として計上する方法、BSに在庫として計上する方法の2つがある。

    ・会計の基本事項(5つ)
    1.企業が行っている基本活動は、お金を集める→投資をする→利益を上げるの3つであること。
    2.この3つの基本活動をPL、BS、CSという3つの表を使って表していること。
    3.PLは正しい利益を計算するための表であり、
    正しい利益を計算するために売掛金や減価償却費といった新しい概念が作り出されたこと。
    したがって、PLの利益と現金は一致しない。
    この売掛金や減価償却費などの現金の動きを伴わない取引が分かればPLは理解できること。
    4.BSは「どうやってお金を集めてきたか」と
    「そのお金を何に投資したか」を表すと同時に、
    組織の正味財産を計算する表であること。
    5.財務3表を一体にして、企業のそれぞれの取引が
    財務3表上にどのように記載されるかがわかれば会計の全体像が理解できること。

    ・会計の全体像を把握する。会社の基本活動:?お金を集める?投資する?利益を
     だす。3つの活動を『貸借対照表』『キャッシュフロー計算書』『損益計算書』で表示。
     どれだけの投資をし、どれだけの利益を上げたか。またお金をどのようにして集め
     たかが大切。

     ・コスト、経営感覚を磨く。研修で3万円使うには、粗利率10%の会社だと、30万円の
     売り上げが必要。つまり、3万円の研修を受けると、会社にとって30万円の売り上げ
     を失うことになる。くれぐれもそのことを忘れないようにする。  
     
     ・『数字』だけでなく、人と人とのつながりを見る。世の中は全て人とのつながりの中
     で動いてて、自分本位の欲望だけでは、企業は破綻する。  
     
     ・戦略は論理的に生み出すものとは限らない。実際の現場では、偶然や人の縁によ
     って生み出される。複雑でコントロールが難しいビジネスの現場で、本当に大切なこ
     とは何か見つめなおす。ビジネスの本質は極めて人間臭いもの。  
     
     ・嘘はつかない。嘘をつかずにその失敗に対して誠実に対処すれば、何とかなるもの。
     どうしようもなくなるのは嘘をついたとき。

  • 財務三表について,各表の「つながり」に重点をおいた解説。
    あくまで、会計の「入門の入門」。
    「物を仕入れて売る」という流れに沿い,漫画の特性をフルに活かして解説されているので,わかりやすい。

  • 初めて本屋で見た時から気になってはいたものの、買わないでいたらブックオフの100円コーナーにあったので買って読んでみた。
    久々に読んだ会計本。今まで何冊も読んだとは思うのだけれども、この本を読んでだいぶ財務3表のつながりが理解できたように思う。特に、一つ一つ会社の事業において何かするたびに財務3表がどう変化しているかを書いているのがすごいよかった。
    漆器を英語で『japan』というらしい(参考:http://eow.alc.co.jp/search?q=japan&ref=wl)。日本的なものというイメージなんだろうか。
    それにしても、パソコン一式50万円か。この本の初版が2009年なわけだけど、そんなに高かったかなぁ。今のほうがだいぶ安くなってるのは分かるのだけれども。

  • 国貞克則『財務3表一体理解法』のコミック版。
    会計勉強法というよりは、会計超概論という感じ。

  • とにかくわかりやすく全体像の理解をさせてくれている。

  • 漫画なので入りやすいと思います。

    内容は多少薄いですが
    これを読んで国貞さんの「財務三表×××」までぜひ読んで欲しい。

    その登竜門として★+1です。

  • 漫画、ストーリー仕立てというのもあってわかりやすい。
    本当に会計の大筋だけだけど、これがわかっているといないで簿記などの勉強や実際の仕事の理解もだいぶ変わってくる。

  • わかりやすい。お勧めです。

  • ベストセラー財務3表一体理解法の作者が簿記不要の会計勉強法を漫画にしたものです。

    財務3表とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つの財務諸表のこと。

    ポイントとなるのは、この3つの財務諸表のつながり。

    このつながりをストーリー仕立てで紹介している。

    そして、財務諸表のつながり以上に重要なことが人とのつながり。

    そんなことも思い出させる本でした。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年岡山県生まれ。東北大学機械工学科卒業後、神戸製鋼所入社。海外プラント建設事業部、人事部、鉄鋼海外事業企画部、建設機械事業部などで業務に従事。1996年米国クレアモント大学ピーター・ドラッカー経営大学院でMBA取得。2001年ボナ・ヴィータコーポレーションを設立。

「2019年 『マンガでわかる財務3表超入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

國貞克則の作品

超高速・会計勉強法 (ビジネスCOMIC Bコミ)を本棚に登録しているひと

ツイートする