てれすこ 大江戸妖怪事典 (PHP文芸文庫)

著者 :
  • PHP研究所
3.13
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569760445

作品紹介・あらすじ

蘭方医の息子と岡っ引の娘が、江戸の町で妖怪集め!? 世にも不思議な事件を、妖怪の力を借りた二人が解決する「もののけ時代小説」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時代物にわけてみたが、ラノベのような。気楽に読めました。邪魔する奴らの目的がもっとはっきりすればなあ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1956年、札幌市に生まれる。出版編集者として幻想文学、魔術書の数々を企画、編集。1986年に『魔教の幻影』で小説家デビュー。以降、ホラーをはじめ、ユーモア格闘技小説、時代伝奇小説、妖怪時代コメディなど、幅広いジャンルで活躍。代表作に『朽木の花 新編・東山殿御庭』 『アシッド・ヴォイド』 『Faceless City』 『邪神帝国』 『金閣寺の首』など。2006年「東山殿御庭」(『朽木の花』所収)が日本推理作家協会賞候補となる。〈ナイトランド・クォータリー〉に創刊号より《一休どくろ譚》を連載中。近年はトークイベントにも出演、歯に衣着せぬコメントでファンを沸かせている。

「2019年 『邪神帝国・完全版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

朝松健の作品

ツイートする
×